お問合せカウンセリングサービスって?サイトマップトップページに戻る
 
Lecture.825-2

投影(2)〜誤解を解く〜

講師:原裕輝

自分の感じ方や考え方を投影して色々判断するということを無自覚的に私たちはしているようです。投影という自覚がないだけにこれは自分の感じ方や考え方であり、人は違う感じ方や考え方を投影しているというに認識も薄いです。しかしこの投影という考え方を意識できると人間関係で起こる誤解を少なくすることができ愛を感じることを増やすことができます。

Keywords
投影 誤解 愛し方 違い 判断 

前回は3才児が自分がトラックが欲しいようにパパの友達もトラックが欲しいのでは?と自分の感じ方を投影したという話でした。


しかし3才児だけでなく大人も自分の感じ方や考え方を基準にして人もそう感じるであろう的なことをします。


例えば、こんな感じ。


Aさんという人が落ち込んでいたとします。


それを見た友人のBさんはAさんを見て『Aが落ち込んでいる!声をかけて元気づけてやらなきゃ』と思いました。


同じ場にいた友人のCさんはAさんを見て『Aが落ち込んでいる!ここはそーっとしといてやろう』と思いました。


同じシチュエーションをみてBさんとCさんの判断が違うのはなぜでしょう?


これは投影という考え方を使うと説明がつきやすいです。


Bさんは自分が落ち込んだ時には、声をかけてもらうと嬉しいタイプなのでしょう。


だから、自分が落ち込んだ時に声をかけてもらうと嬉しいようにAも声をかけられると嬉しいのではという投影が働き、『Aが落ち込んでいる!声をかけて元気づけてやらなきゃ』という判断が働いたのでしょう。


Cさんは自分が落ち込んだ時には、そーっとしといてもらったほうが嬉しいタイプなのでしょう。


だから、自分が落ち込んだ時には、そーっとしといてもらったら嬉しいようにAもそーっとしといてあげると嬉しいのではという投影が働き、『Aが落ち込んでいる!ここはそーっとしといてやろう』という判断が働いたのでしょう。


本当のところは声をかけてもらったほうが嬉しいのか、そーっとしといてもらったほうが嬉しいのかはAさんに聞いてみないとわからないのですが、BさんやCさんは自分の感じ方を投影して色々判断をしたわけですね。


このようなことを自分でも自覚せぬまま知らず知らずの内にやっていることが大人にもあるようです。


先ほどは自分の感じ方や考え方を投影して色々判断するという話でした。


このような話はカウンセリングで多々でてきます。


例えば、こんな感じ・・・


A子さんという方が彼氏であるB男に怒っている。


理由は、A子さんが熱をだして寝ている時にB男さんは「薬を買ってこうようか?」とか「おじやでも作ろうか?」とか看病をしようという態度がなく、B男さんはA子さんが熱を出して寝ている最中リビングでのんきにテレビを見ているということについて怒っているとのこと。


A子さんの感じ方としては「私だったらしんどそうにしているパートナーがいたら心配して看病するのに、そうしないということは私に興味がないし愛してないんだと感じます」とのこと。


しかし、B男さんになぜ看病もせずテレビを見ていたのかと聞くと「自分はしんどい時には、そーっとして欲しいほうなんで、しんどそうだったからそーっとしてあげるといいかなぁと思って・・・」とのこと。


B男さんは自分がしてほしいことを投影しA子さんにしてあげようとしていたわけだったのです。


つまりA子さんにとっては嬉しくなかったやり方だったのですがB男さんなりの愛情だったのです。


A子さんは自分がしんどい時に心配される、看病されるのが嬉しいタイプだったわけです。だからしんどそうにしているパートナーがいたら心配して看病するということをするタイプだったわけです。


ということは、B男さんはそーっとしておいて欲しいタイプだったのにもかかわらず、A子さんはかまうということをしていたわけですね(笑)


このような自分の感じ方を投影してそういう判断になってたんだなぁ知ることで人間関係の誤解が解けるケースがカウンセリングでは多々あったりします。


投影を知ると、愛(男女間の愛だけでなく思いやり・善意も含めた愛)が無いわけでは無くて愛し方の違い方だったんだという解釈の幅が広がります。


この投影という考え方を活用してみると『愛が無いわけでは無くて愛し方の違い方だったんだ』と思えるものが増えるかもしれませんね。

>>>『投影(3)〜完了していない感情〜』へ続く


関連する講座へのリンク集
179.自分が変わると相手も変わる〜投影と影響力の心理〜
262-2.人に嫌われていると思う心理(1)〜投影の心理が与える影響〜
314.投影を活用する
362.感じることを支配するもの〜投影の法則〜
417-1.投影と許し〜投影とは〜
669.投影を取り戻して自己概念を見つめ直そう
この心理学講座をメールマガジン『まぐまぐ』で購読しませんか? (マガジンID:0000100067) サンプルはこちら
◆購読
◆解除
Powered by
まぐまぐトップページへ

●すぐに役立つ心理学が「耳」で聴けます!>>>心理学講座音声配信サービス きくまる
当社のカウンセラーが各種講座で話したレクチャーの内容を録音。
講座の臨場感そのままに、時には笑え、または、胸がじーんと熱くなり、なるほど!と目からうろこが落ちる話が満載!

ダウンロードサービス きくまる

●カウンセリングを使ってみませんか?(初回無料電話カウンセリング/面談カウンセリング/電話カウンセリング有料コース)

カウンセリング予約センター>>>
   06-6190-5131 (受付時間:12:00-20:30/月曜定休。月曜祝日の場合は翌火曜日)

無料カウンセリングのご案内・・・90名以上のプロカウンセラーとの初回無料電話カウンセリング!
面談カウンセリング、電話カウンセリングセットコースのご案内
カウンセリングルーム(東京/大阪/名古屋/福岡/高崎/前橋)のご案内

●心理学講座をライブで体験!!(心理学ワークショップ)
弊社人気カウンセラーが講師として登場!心理学ワークショップは、東京/大阪/名古屋/福岡で毎月開催中!
心理学ワークショップ

●取材・執筆・講演・研修・企画などのご依頼・ご相談は・・・
TEL:06-6190-5611/ FAX:06-6190-5612 / E-Mail(お問合せフォーム) よりお願いします。
※過去の雑誌・テレビ・ラジオ・講演会などの実績につきましては「会社案内ページ」にて紹介しています。
私達がお役に立てることがございましたら、ぜひ、ご相談下さい!

●リンクフリーですが、記事の無断転載を禁止します。

 

>心理学講座の目次へ戻る<

■ カウンセリングサービス ■
カウンセリング予約センターTEL:06-6190-5131 / 06-6190-5613 :: TEL 06-6190-5611 :: FAX 06-6190-5612
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 : : 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-17-602(郵便物はこちらへ)
電話>月曜定休12:00〜20:30 :: FAX / E-Mail>無休24時間受付  collaborated by 神戸メンタルサービス(資) & カウンセラー養成スクール