お問合せカウンセリングサービスって?サイトマップトップページに戻る
 

私たちは、今をありのまま見ることができず、過去の傷や未来への恐れを通して、今を生きてしまうことが多いようです。今を見ることができず、過去の出来事にしがみつき、未来を恐れていると、生きているという感覚すらもてなくなってしまうことがあります。また、過去の傷や未来への恐れを土台に今目の前で起こっている出来事を見たり、今目の前にいる人を見ると、その出来事や人をありのまま受け入れることができなくもなります。過去の傷や未来への恐れから、様々なものを判断するのではなく、今あるものを、可能な限りありのまま見てみようとすることで、今の感じ方を変えていくことができます。

Keywords:投影 過去 未来 怖れ 感じ方

Lecture.776-1

今をありのまま見れない私たち(1)〜投影はしてしまうものなのです〜

講師:大門昌代

同じ出来事であっても、人によって捉え方が違います。その違いは、過去に経験したこと、その時に感じたことが違うからです。これは、投影と言われるものなのですが、投影は私たちはどうやってもしてしまうものです。ですからありのままの今をまっすぐ見ることができないのです。でも、ありのままを見ることができていないのだということを知っているだけでも、今の気分を変えることができるものなのです。

Keywords
投影 今 感じ方 価値観 ありのまま 
一説によるとですが、私たちは今をありのまま、そのまま見ることができていないようです。
同じできごとを体験しても、人によって感じ方が違い、捉え方が違います。
違うこと自体は別に悪いことでもなんでもなく、ただ違うということなのですが、違うことによって気分がよくなる人と、悪くなる人が出てきます。
例えば、友達と約束していたときに、その友達が遅刻したとしましょう。
ある人は、「そんなこともあるよね」と捉える。

別のある人は、「遅刻するなんて、私との約束を、大切だと思っていないからだ」と捉える。

どう捉えるのも自由なのですが、事実は「約束の時間に友達が遅刻した」ということです。

「そんなこともあるよね」と捉えた人は、特に傷つくということはありませんが、「私との約束を大切だと思っていないからだ」と捉えた人は、その後、

「私は友達にとって大切な存在ではないのだ」と感じてしまう可能性が大きいですよね。

そうすると、友達が遅刻したという出来事によって、傷ついてしまうのです。

事実は、「友達が遅刻した」ということです。

そのことを、どう見るかは、自由なのですが、私たちは、過去の経験や過去に解釈したことを元に、今を見て解釈してしまうことが多いようです。

他にもあります。
会社で怒りをまき散らしている人がいるとしましょう。
それは、錯覚ではなく、事実いつも怒っているわけです。

でも、その出来事を、どう見て、どう感じるかは人ぞれぞれであり、見方感じ方によって、私たちの気分は左右されます。

その人は怒っている。
そして、その怒りを周りにまきちらしている。
それを「あの人は、あんなに怒って、疲れないのかな〜」「うるさいな」「やめてくれないかな」と見て感じる人もいるでしょう。
また、まるで自分が怒られているように感じて、「怖い」と思う人もいるでしょう。

もしかしたら、「あの人は怒りをまき散らすので、ダメだ」と判断する人もいるかもしれませんね。

どう捉え、どう見てもいいのですが、どうせなら気分よく今を見れたいいですよね。

自分がどう捉え、どう見ようとも、事実は、会社でとある人が、怒りをまき散らしているということです。

ありのままの今を見るというのは、なかなか難しいのですが、過去の出来事を通して今を見ているということを知っていれば、多少は、今起こっているで

きごとを、ありのままに近い形で見ようとできるのかもしれません。

対処すべき問題が起こったのかもしれませんが、そこに過去の経験を被せて見てしまうと、ただ対処すべき問題であったものが、悲劇に見えてしまい、問

題の対処ができなくなってしまうこともあるのです。

起こった出来事だけでなく、私たちは、人に対してもやはり過去に出会った誰かを通して見てしまっているようです。

今をありのまま見ることができないのは、私たちが過去の出来事、出会った人を通して今を見てしまうからです。
これは、投影と言われるもので、私たちはどうしてもそのように、物事を見てしまうようです。

でも、そのように見てしまうのだということを、知っておくことは、多少なりとも、今をありのまま見るためには必要なのかもしれません。

>>>『今をありのまま見れない私たち(2)〜過去の傷を通して今を見る〜』へ続く


関連する講座へのリンク集
53.恐れと真実の心理学
314.投影を活用する
362.感じることを支配するもの〜投影の法則〜
585.辛い過去から脱出する方法〜過去に固着する目的を理解し自己価値を受け容れる〜
652-2.投影とその活用方法2〜私たちは過去のすべての記憶を保有している〜
652-4.投影とその活用方法2〜過去の痛みを癒しておくことの大切さ〜
この心理学講座をメールマガジン『まぐまぐ』で購読しませんか? (マガジンID:0000100067) サンプルはこちら
◆購読
◆解除
Powered by
まぐまぐトップページへ

●すぐに役立つ心理学が「耳」で聴けます!>>>心理学講座音声配信サービス きくまる
当社のカウンセラーが各種講座で話したレクチャーの内容を録音。
講座の臨場感そのままに、時には笑え、または、胸がじーんと熱くなり、なるほど!と目からうろこが落ちる話が満載!

ダウンロードサービス きくまる

●カウンセリングを使ってみませんか?(初回無料電話カウンセリング/面談カウンセリング/電話カウンセリング有料コース)

カウンセリング予約センター>>>
   06-6190-5131 (受付時間:12:00-20:30/月曜定休。月曜祝日の場合は翌火曜日)

無料カウンセリングのご案内・・・90名以上のプロカウンセラーとの初回無料電話カウンセリング!
面談カウンセリング、電話カウンセリングセットコースのご案内
カウンセリングルーム(東京/大阪/名古屋/福岡/高崎/前橋)のご案内

●心理学講座をライブで体験!!(心理学ワークショップ)
弊社人気カウンセラーが講師として登場!心理学ワークショップは、東京/大阪/名古屋/福岡で毎月開催中!
心理学ワークショップ

●取材・執筆・講演・研修・企画などのご依頼・ご相談は・・・
TEL:06-6190-5611/ FAX:06-6190-5612 / E-Mail(お問合せフォーム) よりお願いします。
※過去の雑誌・テレビ・ラジオ・講演会などの実績につきましては「会社案内ページ」にて紹介しています。
私達がお役に立てることがございましたら、ぜひ、ご相談下さい!

●リンクフリーですが、記事の無断転載を禁止します。

 

>心理学講座の目次へ戻る<

■ カウンセリングサービス ■
カウンセリング予約センターTEL:06-6190-5131 / 06-6190-5613 :: TEL 06-6190-5611 :: FAX 06-6190-5612
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 : : 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-17-602(郵便物はこちらへ)
電話>月曜定休12:00〜20:30 :: FAX / E-Mail>無休24時間受付  collaborated by 神戸メンタルサービス(資) & カウンセラー養成スクール