お問合せカウンセリングサービスって?サイトマップトップページに戻る
 
Lecture.765-3

手放しの力(3)〜ニーズを手放して良いものを受け取る〜

講師:原裕輝

ニーズとは欲求のこと。そのニーズを手放すという提案をさせていただくことがあります。
それはニーズを持たないようにしましょうということではなく、ちょっと緩めて見ませんか?という提案なのです。
そうすることでフラストレーションから解放され、かわりに今の状況にふさわしいより良い物がはいってきます。

Keywords
手放す ニーズ 緩める 受け取る 今与えてくれているもの 

ニーズとは欲求のことです。

誰にでもあるものですね。

ニーズは誰にでもあるものであり悪い物ではないのですが強いニーズがネガティブな感情を作ることがあります。

カウンセリングでそういうことがわかった時は“ニーズを手放す”という提案をさせていただくことがあります。

それはニーズを持たないようにしましょうということではなく、ちょっと緩めて見ませんか?という提案なのです。


+++

例えば、Aさんという男性が奥さまに「愛している」とか「好き」というのをもっと声に出して伝えて欲しいという強いニーズを持っていたとします。

Aさんが奥さまに「愛している?」と聞いたところ、奥様は「10年前の結婚式の時に言ったじゃない」とはぐらかします。

奥様は恥ずかしがり屋で言えないタイプだったのです。

しかし、「愛している」とか「好き」というのをもっと声に出して伝えて欲しいという強いニーズを持っていたAさんは言ってくれないことにフラストレーションが生まれます。

そしてそのフラストレーションから奥さまに対して攻撃的になっていくのでした・・・。

そんな時に“ニーズを手放す”を提案をさせていただくのです。

強いニーズがフラストレーションを生んでいるようなので、生まれないようにするために“ニーズを手放す”ということをしていくんですね。

「愛している」とか「好き」というのをもっと声に出して伝えて欲しいそんな愛し方をして欲しいそうじゃなければ嫌だというニーズを緩めて、そうしてもらいたけどそれ以外の愛情表現でも受け取っていこうと思っていくんです。

+++

強いニーズがある時はそれ以外のものが入ってきても喜べないことがあります。

例えば、Aさんの奥さまは恥ずかしがり屋で「愛している」とか「好き」だと言葉で表現をすることが苦手なのですが、奥さまはAさんが体を気遣って栄養管理を頑張ってくれていたり、Aさんのしたいことを応援してくれたりとAさんのことを非常に愛してくれていたとします。

しかしAさんが「愛している」とか「好き」というのをもっと声に出して伝える愛し方をして欲しいと強くを思っている時は、奥さまが与えてくれているAさんが希望しているものと違う愛し方を喜びにくくなることがあるのです。

『僕の欲しいのはそれじゃない』という感じになるので喜べないのです。

また、Aさんの欲しい愛し方以外の愛し方をしてくれていることに気づきにくくなることもあります。

その為、『僕のことを大切にしてくれていない』と感じてしまうこともあります。

しかし、Aさんがニーズを手放していくと奥さまがしてくている奥さまなりの愛し方に気づきやすくなり、それを受け取り喜びやすくなるのです。

『僕の欲しいのはそれじゃない』というのが無くなるので違う愛し方でも受け取れるし喜びやすくなるわけです。

ニーズを手放すことで今与えてくれているものを受け取り喜べるようになることがあるのですね。

>>>『手放しの力(4)〜観念を手放して結果を変える〜』へ続く


関連する講座へのリンク集
169.パートナーシップのセカンドチャンスを手に入れる〜執着を手放す〜
194.自己嫌悪を手放そう〜自己嫌悪を手放すアプローチ〜
453.本当に執着を手放すとき〜一歩ずつ段階を得て手放していくこと〜
480-1.幸せを作るスキル 競争を手放す変(1)〜競争に勝つ!それこそが人生?〜
687.執着の手放し?それとも諦め?〜違いの見極め方〜
728.劣等感コンプレックスを手放す方法
この心理学講座をメールマガジン『まぐまぐ』で購読しませんか? (マガジンID:0000100067) サンプルはこちら
◆購読
◆解除
Powered by
まぐまぐトップページへ

●すぐに役立つ心理学が「耳」で聴けます!>>>心理学講座音声配信サービス きくまる
当社のカウンセラーが各種講座で話したレクチャーの内容を録音。
講座の臨場感そのままに、時には笑え、または、胸がじーんと熱くなり、なるほど!と目からうろこが落ちる話が満載!

ダウンロードサービス きくまる

●カウンセリングを使ってみませんか?(初回無料電話カウンセリング/面談カウンセリング/電話カウンセリング有料コース)

カウンセリング予約センター>>>
   06-6190-5131 (受付時間:12:00-20:30/月曜定休。月曜祝日の場合は翌火曜日)

無料カウンセリングのご案内・・・90名以上のプロカウンセラーとの初回無料電話カウンセリング!
面談カウンセリング、電話カウンセリングセットコースのご案内
カウンセリングルーム(東京/大阪/名古屋/福岡/高崎/前橋)のご案内

●心理学講座をライブで体験!!(心理学ワークショップ)
弊社人気カウンセラーが講師として登場!心理学ワークショップは、東京/大阪/名古屋/福岡で毎月開催中!
心理学ワークショップ

●取材・執筆・講演・研修・企画などのご依頼・ご相談は・・・
TEL:06-6190-5611/ FAX:06-6190-5612 / E-Mail(お問合せフォーム) よりお願いします。
※過去の雑誌・テレビ・ラジオ・講演会などの実績につきましては「会社案内ページ」にて紹介しています。
私達がお役に立てることがございましたら、ぜひ、ご相談下さい!

●リンクフリーですが、記事の無断転載を禁止します。

 

>心理学講座の目次へ戻る<

■ カウンセリングサービス ■
カウンセリング予約センターTEL:06-6190-5131 / 06-6190-5613 :: TEL 06-6190-5611 :: FAX 06-6190-5612
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 : : 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-17-602(郵便物はこちらへ)
電話>月曜定休12:00〜20:30 :: FAX / E-Mail>無休24時間受付  collaborated by 神戸メンタルサービス(資) & カウンセラー養成スクール