お問合せカウンセリングサービスって?サイトマップトップページに戻る
 

アカウンタビリティの概念のという視点を持ってみることにより、私たちは人生の被害者にならず、状況を変えていくヒントを見つけていくことができます。また気持ちを切り替える為のツールとしても使えます。アカウンタビリティの概念という考え方は“自分の周りにおきている出来事は自分も何らか一役かんでいるかもしれない”という考え方です。
自分の周りにおきている出来事は周りの人や環境しだいであり、自分には変えることができないと思うと苦しくなります。しかし自分の周りにおきている出来事は自分も何らか一役かんでいるかもしれないと考えることで、自分の周りに起きる状況を自分の力(で変えられる可能性を見つけられると希望が持てるのではないでしょうか。この考え方をする時に罪悪感という罠や、被害者意識という罠にはまらずアカウンタビリティの概念という考え方を使いこなすことができれば、あなたの人生は更によりよくすることができるでしょう!

Keywords:アカウンタビリティ 影響力を認識 捉え方を変える 状況を変える ヒント

Lecture.637-1 アカウンタビリティという視点(1)〜視点を変えると問題を解決するヒントが見えてくる〜
講師:原裕輝
同じ出来事でも人それぞれ違う物の見方や捉え方をしています。
これは言い換えると私たちは物事をいろんな視点から見ることができ、視点を変えて見ることで感じ方、捉え方を変えることができるということになります。
アカウンタビリティの概念のという視点を持ってみることにより、私たちは人生の被害者にならず、状況を変えていくヒントを見つけていくことができます。
Keywords
視点 捉え方を変える 責任 アカウンタビリティの概念 ヒント

●視点を変えると状況を変えていくヒントが見えてくる

物事はいろんな視点から見ることができます。

例えば、ニュース番組で政治経済のニュースを見ていたとします。
「政府の不況対策が上手くいっていない模様です」とアナウンサーが言っているのをテレビで見ていたとします。

このニュースを見てある人は
『結局、庶民の私たちは政治家に振り回されるしかないんだよな・・・。良くなるのも、悪くなるのも政治家しだいだよな』
と自分たちは政治家に振り回される無力な存在だと捉えたとします。

またある人は、
『この政治家を選んだのは私たちなんだよな。次の選挙で一票をいれる時は誰がどんな経済対策を考えているのかよく勉強して一票をいれにいこう』
と自分たちにも責任の一端があり、これからの世をよくする為に何かすることができると捉えたとします。

このように同じニュースでも見る人によって違う視点でニュースを見ています。
同じ出来事でも見る視点を変えると感じ方、捉え方は変わってくるものです。

これは言い換えると、私たちは物事をいろんな視点から見ることができ、視点を変えて見ることで感じ方、捉え方を変えることができるということになります。

+++

今回は一つの視点としてアカウンタビリティの概念という考えを取り上げたいと思います。

この考え方は“自分の周りにおきている出来事は自分も何らか一役かんでいるかもしれない”という考え方です。

先ほどのニュースを見た人の例えでいうと、後者はアカウンタビリティの概念的な考え方と言えます。

自分の周りにおきている出来事は自分も何らか一役かんでいるかもしれないと考えているので、その出来事に自分はどんな影響を与えてきていて、その状況を変えていく為に自分に何ができるのだろうか?と考えることができます。

先ほど例えでいうと“よく勉強して一票をいれにいこう”が自分のまわりに起きる状況を変える為に自分にできることとなります。

アカウンタビリティの概念という視点から物事を見ることができると、自分の起きている状況を変えていく為のヒントを見つけやすくなるでしょう。

また自分の周りにおきている出来事は周りの人のせいではなく、自分も何らか一役かんでいるかもしれないと捉えることにより被害者的な見方や被害者的な感情から脱出することにも役立てられます。

自分にも責任の一端があるかもしれない、自分にも状況を変えることができるかもしれないという考え方をしていくことで被害者的な見方でなくなり、被害者的な感情から脱出できるわけですね。

+++
アカウンタビリティの概念の説明をすると、「起きている出来事は自分の責任であると考えてみるのですが、そういうふうに取れないんですよねー」という声をお聞きすることがあります。

もちろん全てこの考え方に当てはめて物事を見られるわけではありません。
『自分も何らか一役かんでいるとは考えられないなぁ・・・』ということもあります。
全てこの考え方に当てはめて物事を見られるわけではありませんし、この見方をすることが良いことと言うわけでもありません。

アカウンタビリティの概念で物事を見られない時は見なくていいんですね。

アカウンタビリティの概念を使ってみることで、ヒントを見つけられたり、気持ちが楽になるようであれば使ってみるといいだけなんです。

ヒントを見つける為、気持ちを切り替える為のツールとしてアカウンタビリティの概念を使ってみてくださいね。

>>>『アカウンタビリティという視点(2)〜状況を自分の力で変えられるという希望がある考え方〜』へ続く

 

関連する講座へのリンク集

219.リーダーシップの心理学〜アカウンタビリティの概念とは?〜
398-1.アカウンタビリティ(責任の概念)〜アカウンタビリティとは?〜
398-2.アカウンタビリティ(責任の概念)〜ベストを尽くすこと〜
398-3.アカウンタビリティ(責任の概念)〜成長すること〜
398-4.アカウンタビリティ(責任の概念)〜恩恵〜

この心理学講座をメールマガジン『まぐまぐ』で購読しませんか? (マガジンID:0000100067) サンプルはこちら
◆購読
◆解除
Powered by
まぐまぐトップページへ

●すぐに役立つ心理学が「耳」で聴けます!>>>心理学講座音声配信サービス きくまる
当社のカウンセラーが各種講座で話したレクチャーの内容を録音。
講座の臨場感そのままに、時には笑え、または、胸がじーんと熱くなり、なるほど!と目からうろこが落ちる話が満載!

ダウンロードサービス きくまる

●カウンセリングを使ってみませんか?(初回無料電話カウンセリング/面談カウンセリング/電話カウンセリング有料コース)

カウンセリング予約センター>>>
   06-6190-5131 (受付時間:12:00-20:30/月曜定休。月曜祝日の場合は翌火曜日)

無料カウンセリングのご案内・・・90名以上のプロカウンセラーとの初回無料電話カウンセリング!
面談カウンセリング、電話カウンセリングセットコースのご案内
カウンセリングルーム(東京/大阪/名古屋/福岡/高崎/前橋)のご案内

●心理学講座をライブで体験!!(心理学ワークショップ)
弊社人気カウンセラーが講師として登場!心理学ワークショップは、東京/大阪/名古屋/福岡で毎月開催中!
心理学ワークショップ

●取材・執筆・講演・研修・企画などのご依頼・ご相談は・・・
TEL:06-6190-5611/ FAX:06-6190-5612 / E-Mail(お問合せフォーム) よりお願いします。
※過去の雑誌・テレビ・ラジオ・講演会などの実績につきましては「会社案内ページ」にて紹介しています。
私達がお役に立てることがございましたら、ぜひ、ご相談下さい!

●リンクフリーですが、記事の無断転載を禁止します。

 

>心理学講座の目次へ戻る<

■ カウンセリングサービス ■
カウンセリング予約センターTEL:06-6190-5131 / 06-6190-5613 :: TEL 06-6190-5611 :: FAX 06-6190-5612
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 : : 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-17-602(郵便物はこちらへ)
電話>月曜定休12:00〜20:30 :: FAX / E-Mail>無休24時間受付  collaborated by 神戸メンタルサービス(資) & カウンセラー養成スクール