お問合せカウンセリングサービスって?サイトマップトップページに戻る
 
Lecture.607-2

お金と豊かさの心理学〜豊かさは“感じる”もの〜

講師:根本裕幸

収入が増えれば安心感や自信がついてくるかというと必ずしもそうではないようです。今の収入に不安や不足感を感じていると、仮に収入が増えたとしても、その感覚はなぜかくっ付いてきてしまうのです。
豊かさは現実の収入の多寡ではなく心が感じるもの、というところがポイントです。
形ではなく、心で感じられるようになるために、まずは、今の自分が感じている気持ちに素直になってみましょう。

Keywords
お金 豊かさ 怖れ 不足感 ストレス解消


●豊かさは心が決めるもの。

お金をカウンセリングや心理学を通じてみていくことは、あなたが何億ものお金を稼ぐことを目標としているのではありません。
あなたの心の状態を良いものにして行けば、収入の多寡に限らず豊かさを感じ、喜びや感謝を感じられるようになります。

例えば、無理して頑張って稼いだとしても、その無理した分のストレスはどこかで解放しなければいけません。それがお金を使うことで解消される場合もあれば、病気や人間関係などの問題を通じて解消しようとすることもあります。

あなたが心のバランスを整え、状態と素直に向き合うことができれば、適切な収入を手に入れられるようになるのです。
その結果、今の何倍もの収入を得られる方もいらっしゃいますし、今よりも年収は減ったものの、気持ちの上では何倍もの豊かさを感じられる方もいらっしゃいます。

私のクライアントさんの中には年収が何千万、何億というすごい方もいらっしゃいます。しかし、彼らがみんな、豊かさを感じ、幸せなのかというとそうではありません。
実際、何億って金融資産のある方の「お金を失うことが怖い」という感情を複数回に渡りカウンセリングしたこともあります。
その方の中からは、どれだけお金があっても満たされない心があり、それだけお金を持っていながらも豊かさを受け取れない状態にあったのです。

一方で、真逆の方も何人も知っています。
彼らが不幸かというと必ずしもそうではなく、自給自足に近い形でお金は少なくても幸せな豊かな生活をしている方もいます。
彼らにとってお金は社会との接点の一つで、自然の中で、また、近所づきあいの中で十分な生活を送ることができているのです。

そうすると、収入が必ずしも幸福を保証してくれるわけではないことが分かってきます。
あなたの心のありようが豊かさを感じ、幸せを感じさせてくれるのです。

また、こんな話をしてくださる方にも実によくお会いします。
「以前、月給が30万だったとき、本当にお金が足りなくてヒーヒー言いながら生活していたんです。それで頑張って月収を50万にしたのですがまだ足りなくて、もっと頑張らなきゃってやってきたんです。でも、お陰様で月収が100万になったのですが、でも、なぜか足りないんです。これ以上頑張れというのは難しいんですが・・・。」

この方のケースは典型的なお金に対するパターンが現れていると思います。

「お金が足りない」と感じているとしたら、それはあなたの心が感じていることですよね?

その不足感がどこから来るのか?きちんとそこを見極める必要があるのです。

お金が足りなければ稼げばいいじゃないか!と頑張っても、「不足感」という感情を抱えているまま収入を増やしたとしても、そのプラスの分はその不足感を埋めるために充当されます。
しかし、そもそも不足感を満たすために仕事を頑張ったりすることは、それ自体がストレスとなり、より稼いだ分はそのストレスの解消にも使われることになるのです。

例えば、頑張って稼いでるからいいじゃないか、と、会社の100円のコーヒーではなく、スターバックスでコーヒーを飲む機会が増えるかもしれませんし、電車やバスで帰るのが面倒になり、タクシーを利用する回数が増えるかもしれません。
収入が増えた分ストレスが感じてマッサージ代がかさむかもしれないし、「自分へのご褒美」と称したケーキやお酒がランクアップするかもしれません。

そうすると、結果的に収入が増えたとしても「不足感」は変わらなくなり、「十分な収入があるはずなのに足りない」という理性的には理解し辛い現象が生まれるのです。

「不足感」は「豊かさ」の対極にある感情です。
もし、あなたが「足りない」と感じているとしたら、「豊かさ」を受け取れる(許せる)状態にないということ。
だから、その感情を癒していく必要があると思うんですね。

では、そうした感覚はどこからやってくるものなのでしょうか?
様々な事例を見ていくと、そこにはやはり幼少期からあなたの心に刷り込まれている感覚が影響しているようなのです。
次回はその感覚を見ていきたいと思うのです。

【今日のエクササイズ】

1.あなたは今の収入や資産にどれくらい満足感を感じていますか?給料日や賞与支給日に「ありがとう」と声に出して言う習慣を付けてみてください。

2.あなたが今ストレス解消のために使っているお金について意識を向けてみませんか?(それに気付いてもそれをやめる必要はありません。)

 

>>『お金と豊かさの心理学〜その背景にあるもの〜』につづく

関連する講座へのリンク集

250.お金の心理学
284-1.豊かさの心理学(1)〜お金がいっぱい=豊か、なの!?〜
284-2.豊かさの心理学(2)〜お金を手放してしまう心理〜
284-3.豊かさの心理学(3)〜お金と良いイメージを結びつけよう〜
284-4.豊かさの心理学(4)〜お金で得たい目的はなに?〜
470.お金に対するコンプレックスの解消〜深層心理に働きかけるコツ〜

この心理学講座をメールマガジン『まぐまぐ』で購読しませんか? (マガジンID:0000100067) サンプルはこちら
◆購読
◆解除
Powered by
まぐまぐトップページへ

●すぐに役立つ心理学が「耳」で聴けます!>>>心理学講座音声配信サービス きくまる
当社のカウンセラーが各種講座で話したレクチャーの内容を録音。
講座の臨場感そのままに、時には笑え、または、胸がじーんと熱くなり、なるほど!と目からうろこが落ちる話が満載!

ダウンロードサービス きくまる

●カウンセリングを使ってみませんか?(初回無料電話カウンセリング/面談カウンセリング/電話カウンセリング有料コース)

カウンセリング予約センター>>>
   06-6190-5131 (受付時間:12:00-20:30/月曜定休。月曜祝日の場合は翌火曜日)

無料カウンセリングのご案内・・・90名以上のプロカウンセラーとの初回無料電話カウンセリング!
面談カウンセリング、電話カウンセリングセットコースのご案内
カウンセリングルーム(東京/大阪/名古屋/福岡/高崎/前橋)のご案内

●心理学講座をライブで体験!!(心理学ワークショップ)
弊社人気カウンセラーが講師として登場!心理学ワークショップは、東京/大阪/名古屋/福岡で毎月開催中!
心理学ワークショップ

●取材・執筆・講演・研修・企画などのご依頼・ご相談は・・・
TEL:06-6190-5611/ FAX:06-6190-5612 / E-Mail(お問合せフォーム) よりお願いします。
※過去の雑誌・テレビ・ラジオ・講演会などの実績につきましては「会社案内ページ」にて紹介しています。
私達がお役に立てることがございましたら、ぜひ、ご相談下さい!

●リンクフリーですが、記事の無断転載を禁止します。

 

>心理学講座の目次へ戻る<

■ カウンセリングサービス ■
カウンセリング予約センターTEL:06-6190-5131 / 06-6190-5613 :: TEL 06-6190-5611 :: FAX 06-6190-5612
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 : : 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-17-602(郵便物はこちらへ)
電話>月曜定休12:00〜20:30 :: FAX / E-Mail>無休24時間受付  collaborated by 神戸メンタルサービス(資) & カウンセラー養成スクール