お問合せカウンセリングサービスって?サイトマップトップページに戻る
 

被害者のポジションではメリットを得れるように見える部分もあるのですが、被害者のポジションでいるかぎり傷ついた気持ち、嫌な気持ちをを感じ続けなければいけません。
傷ついた気持ち、嫌な気持ちを感じることが多い被害者のポジションになりやすい物事の受け止め方はありませんか?
もしあれば傷ついた気持ち、嫌な気持ちを感じることを減らしていくために被害者のポジションになりにくい物事の受け止め方をしていくことに意欲を持ってみる時なのかもしれません。この感情を感じてるのは◯◯さんのせいだ!と自分が感じている感情の原因を外に起因させる視点である時に私たちは被害者感覚がしてしまいます。こういう時は原因を外ではなく内に起因させる視点を持つ時なんですね。

Keywords 被害者 依存心 ニーズ 誰かのせい 言葉使い

Lecture.556-1 被害者感覚から脱出(1)〜この感情を感じているのは誰かのせい〜
講師:原裕輝
被害者のポジションではメリットを得れるように見える部分もあるのですが、被害者のポジションでいるかぎり傷ついた気持ち、嫌な気持ちをを感じ続けなければいけません。
自分が感じている感情を誰かのせいだとと捉えると被害者感覚から抜け出しにくくなります。
Keywords
被害者 感情 自分の中から 被害者のポジションのメリット 誰かのせい

●この感情を感じているのは誰かのせい

感情とはどこからやってくるのでしょうか?

『怒れ』『面白いと感じろ』と人がボタンをおしていて感じているわけではありませんね。
宇宙から電波がきて怒っているわけでも、国家機関があなたの感情を操作してあなたが笑っているわけでもありません。

感情は自分の外からやってくるわけではありませんね。
感情は自分の中からでてくるものです。

しかし、時折、自分の中からでてきているのをまるっきり忘れてしまい、この感情になったのは外の何か(誰か)のせいだと思ってしまうことがあります。

「こんな気持ちになっているのは、あの人のせいだ!」という感じです。

確かに外の何か(誰か)が関与しているというのはあるのですが、まるっきり外の何か(誰か)のせいにしてしまうとその気持ちから抜けにくくなります。
つまり被害者感覚を感じ、その感覚から抜け出にくくなってしまうんですね。

また、確かに外の何か(誰か)が関与しているというのはあるのですが、そう感じることが多い傾向が多いようでしたら被害者のポジションになりやすい物事の受け止め方の傾向があるのかもしれません。

被害者のポジションではメリットを得れるように見える部分もあります。
・被害者のポジションを使うと相手を攻撃できそう。
・被害者になることで相手は加害者と主張できる。
・私が悪いと感じなくていい。
・同情を得れるような感じがある。
・被害者の立場を使って状況をコントロールできそうな感じがある。
(「こんなに傷ついたのはあなたのせいよ、この気持ちがなんとかなるようになんとかしてよ」という感じ)

メリットがあるように見えるのですが、被害者のポジションにたって相手を攻撃してみたところ、相手には反省した態度は見られず逆に攻撃されてもっと傷ついてしまったり、被害者の立場になることで離れていっている彼の気持ちをもっと自分に向けようと「こんなに私が傷ついたのはあなたのせいよ!なんとかしてよ」と言ったところ彼の気持ちが前よりも離れていっきもっと傷ついてしまった、などなど上手いこといかずに、よけいに傷ついたりすることも多々あったりします。

そして被害者のポジションでいるかぎり傷ついた気持ち、嫌な気持ちをを感じ続けなければいけません。これはしんどいです。

被害者のポジションでいることで傷ついた気持ちを感じることが多くなったり、嫌な気持ちに振り回される時は、傷ついた気持ちを減らしていく為に、嫌な気持に振り回されることを無くしていく為に、被害者のポジションを手放そうとういう視点を持つときなのかもしれません。

それにはこの感情を感じているのは誰かのせいだという見方を手放していくことが、被害者ポジションや被害者感覚から脱出していく鍵となっていきます。

次は被害者のポジションを手放すための物の見方についての話です。

>>>『被害者感覚から脱出(2)〜感情や、行動の決定権を取り戻す!〜』へ続く

 

関連する講座へのリンク集

205.被害者になってしまう心理〜依存心を手放して“無害者”へ〜
359.自分を越えること〜新しいレベルのパートナーシップ〜
528.被害者意識は加害者意識?〜罪悪感の罠〜
555-2.信頼の心理学〜信頼と期待、加害者と被害者〜

この心理学講座をメールマガジン『まぐまぐ』で購読しませんか? (マガジンID:0000100067) サンプルはこちら
◆購読
◆解除
Powered by
まぐまぐトップページへ

●すぐに役立つ心理学が「耳」で聴けます!>>>心理学講座音声配信サービス きくまる
当社のカウンセラーが各種講座で話したレクチャーの内容を録音。
講座の臨場感そのままに、時には笑え、または、胸がじーんと熱くなり、なるほど!と目からうろこが落ちる話が満載!

ダウンロードサービス きくまる

●カウンセリングを使ってみませんか?(初回無料電話カウンセリング/面談カウンセリング/電話カウンセリング有料コース)

カウンセリング予約センター>>>
   06-6190-5131 (受付時間:12:00-20:30/月曜定休。月曜祝日の場合は翌火曜日)

無料カウンセリングのご案内・・・90名以上のプロカウンセラーとの初回無料電話カウンセリング!
面談カウンセリング、電話カウンセリングセットコースのご案内
カウンセリングルーム(東京/大阪/名古屋/福岡/高崎/前橋)のご案内

●心理学講座をライブで体験!!(心理学ワークショップ)
弊社人気カウンセラーが講師として登場!心理学ワークショップは、東京/大阪/名古屋/福岡で毎月開催中!
心理学ワークショップ

●取材・執筆・講演・研修・企画などのご依頼・ご相談は・・・
TEL:06-6190-5611/ FAX:06-6190-5612 / E-Mail(お問合せフォーム) よりお願いします。
※過去の雑誌・テレビ・ラジオ・講演会などの実績につきましては「会社案内ページ」にて紹介しています。
私達がお役に立てることがございましたら、ぜひ、ご相談下さい!

●リンクフリーですが、記事の無断転載を禁止します。

 

>心理学講座の目次へ戻る<

■ カウンセリングサービス ■
カウンセリング予約センターTEL:06-6190-5131 / 06-6190-5613 :: TEL 06-6190-5611 :: FAX 06-6190-5612
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 : : 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-17-602(郵便物はこちらへ)
電話>月曜定休12:00〜20:30 :: FAX / E-Mail>無休24時間受付  collaborated by 神戸メンタルサービス(資) & カウンセラー養成スクール