お問合せカウンセリングサービスって?サイトマップトップページに戻る
 
Lecture.515

バチがあたるって本当?〜パートナーシップと罪悪感の心理学〜

講師:安東秀海
浮気をしてもそれほど罪の意識を感じることのない人もいれば、考えるだけでも悪いことをしたようにを感じる人もいるのは何故でしょう?そこには私たちそれぞれが持っている価値観の違いがあるのかもしれません。私たちが感じる「自分は罰せられるべき」という罪悪感。それは自分の価値観にそぐわないことを「やってしまった」、「罪を犯してしまった」というもっともポピュラーな罪悪感のひとつですが、この「やってしまった」という罪悪感の他にもうひとつ大きな罪悪感の領域があるといわれています。今回の心理学講座リクエスト特集では、そんな「罪悪感」
について、「バチがあたるって本当ですか?」というご質問にお答えしながらお話をさせていただきたいと思います。
Keywords
パートナーシップ 罪悪感 浮気 信頼 価値観

◎リクエストを頂きました◎
===================================
疑問というか質問なのですが、バチがあたるって言葉があると思います。

彼は悪い所もいいところもある人ですが、仲よくやれていると思っていました。でも彼には結婚願望がなく私は周りに結婚する気がないなら次探しなよと言われます。

別れる気にはなれないし付き合ったまま出会いを探すとなるととってもバチがあたりそな気がします。人として最低の行為かと・・・

それで出会った別の人と付き合いたいがために今の彼と別れるって事になるのはとても嫌なんです。
現に私は以前の彼ともそんな風にフラれてとっても傷つきました。

それとも傷ついたから、そこにこだわっているだけなのでしょうか。

されて嫌な事はしたくない。バチって本当にあるのでしょうか。
===================================
こんにちは。
ご相談を担当させていただきます、カウンセリングサービスの秋葉秀海です。よろしくお願いします。

「そんなことしたら、バチあたるよ!」。子どもの頃、祖母にそんな風にしかられたことを思い出します。「バチがあたる」「バチあたり」。この「バチ」を漢字で書くと「罰(ばつ)」。つまり、「悪いことをすると、罰せられるよ」ということなんですが、これっていったい誰が罰するのでしょうか。

例えば、スピード違反をして違反切符を切られたとします。こんな時、「あーあ、スピード違反したらバチが当たっちゃったよ」という人はあまりいないでしょう。でも、もし新聞記事で「ひったくり、逃げる途中に転んで大怪我。」なんて見出しがあったら、「人のものを盗ったりするから、バチが当たったんだ」と思う人もいるかもしれません。時に「神様」「仏様」から与えられるものとして描かれることもある「バチ」。それは、私たち人間が定めたルールや法律を超えた、思いもよらないところからもたらされる「罰」といえるかもしれませんが、ルールや法律を超えているだけに「そんなことをしたらバチがあたる」と感じることには個人差があって、そこには私たちそれぞれが持っている価値観が反映するようです。

浮気をしてもそれほど罪の意識を感じることのない人もいれば、考えるだけでも悪いことをしたようにを感じる人もいる。それは私たちそれぞれが持っている価値観の違いがあるからなんですね。

"彼と付き合ったまま新しい出会いを探すのは人の道に外れた最低の行為"と感じるあなたは、"パートナーを裏切ってはいけない"という価値観をお持ちなので、それを破ろうとすると罪悪感を感じ、「バチがあたるような気がする」のですが、こんな時、あなたを責めあなたは罰せられるべき、と感じているのは誰でしょう?

そう、そんな風にあなたを責めているのは実はあなた自身なんですね。だって、その罰せられる基準を作っているのは、あなた自身の中にある価値観なんですから。

私たちが感じる「自分は罰せられるべき」という罪悪感。ここまでお話をしてきた、自分の価値観にそぐわないことを「やってしまった」という罪悪感は「罪を犯してしまった」というもっともポピュラーな罪悪感のひとつですが、この「やってしまった」という罪悪感の他にもうひとつ大きな罪悪感の領域があるといわれています。

それは、「やるべきこをやっていない」という罪悪感。

私たちは自分の価値観にそぐわないことを「したくない」と同時に、価値観に従うことを「したい」とも感じていて、それが「できない」ときに大きな罪の意識を感じるようです。

"パートナーと付き合ったまま新しい出会いを探すのはよくないこと"という価値観を持つとき、私たちが本当にしたいことって何でしょう?それは、パートナーひとりを愛したい、コミットしたいということなのではないのでしょうか。

私たちは、自らの価値観にそぐわないことを「やってしまった」時、自らの価値観に従って行動「していない」時、罪の意識を感じ、自分をバチあたりな存在、と考えてしまうのかもしれませんね。そうだとしたら、"彼と付き合ったまま新しい出会いを探す"ことに罪悪感を感じるとき、その後ろ側にはもしかしたら、"彼にコミットできない"という罪悪感が隠れているのかもしれません。

罪の意識を感じるとき、私たちはその痛みに囚われてしまうあまり、そこにある愛や、やさしさを感じることができなくなることがあります。もしも今、あなたがパートナーにコミットすることができないことで苦しみ、悩んでいらっしゃるとしたら、「なぜできないのか」に思いをめぐらせるよりも、「どうしたいか?」に意識をフォーカスしていくと良いかもしれません。

私たちは、自分の価値観に従って行動したい、生きていきたい、と願っているもの。「どうしたいか?」に意識を向けることは、あなたが本来進みたいと願っている価値観の道へあなたを導く指針になるのではないでしょうか。

関連する講座へのリンク集
4.罪悪感の心理学1〜罪悪感とは?〜
83.あなたと彼を遠ざける罪悪感の心理〜対人関係に壁を作る罪悪感の心理〜
この心理学講座をメールマガジン『まぐまぐ』で購読しませんか? (マガジンID:0000100067) サンプルはこちら
◆購読
◆解除
Powered by
まぐまぐトップページへ

●すぐに役立つ心理学が「耳」で聴けます!>>>心理学講座音声配信サービス きくまる
当社のカウンセラーが各種講座で話したレクチャーの内容を録音。
講座の臨場感そのままに、時には笑え、または、胸がじーんと熱くなり、なるほど!と目からうろこが落ちる話が満載!

ダウンロードサービス きくまる

●カウンセリングを使ってみませんか?(初回無料電話カウンセリング/面談カウンセリング/電話カウンセリング有料コース)

カウンセリング予約センター>>>
   06-6190-5131 (受付時間:12:00-20:30/月曜定休。月曜祝日の場合は翌火曜日)

無料カウンセリングのご案内・・・90名以上のプロカウンセラーとの初回無料電話カウンセリング!
面談カウンセリング、電話カウンセリングセットコースのご案内
カウンセリングルーム(東京/大阪/名古屋/福岡/高崎/前橋)のご案内

●心理学講座をライブで体験!!(心理学ワークショップ)
弊社人気カウンセラーが講師として登場!心理学ワークショップは、東京/大阪/名古屋/福岡で毎月開催中!
心理学ワークショップ

●取材・執筆・講演・研修・企画などのご依頼・ご相談は・・・
TEL:06-6190-5611/ FAX:06-6190-5612 / E-Mail(お問合せフォーム) よりお願いします。
※過去の雑誌・テレビ・ラジオ・講演会などの実績につきましては「会社案内ページ」にて紹介しています。
私達がお役に立てることがございましたら、ぜひ、ご相談下さい!

●リンクフリーですが、記事の無断転載を禁止します。

 

>心理学講座の目次へ戻る<

■ カウンセリングサービス ■
カウンセリング予約センターTEL:06-6190-5131 / 06-6190-5613 :: TEL 06-6190-5611 :: FAX 06-6190-5612
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 : : 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-17-602(郵便物はこちらへ)
電話>月曜定休12:00〜20:30 :: FAX / E-Mail>無休24時間受付  collaborated by 神戸メンタルサービス(資) & カウンセラー養成スクール