毎日不安と怯えて生活してます

相談者名
山ちゃん
僕は精神疾患ですがよろしくお願いします。

亡き父親から酒乱の虐待を受けて学校時代はイジメを受けてて、職場ではパアワラや脅迫受けてました。
モラハラやドクターハラスメント、結婚離婚でバランスを崩して母親亡くし精神疾患の病に成り現在では1人暮らしで毎日、不安と怯えて生活してます。

病名はパーソナリティー障害、首の頸椎椎間板ヘルニア、右手手首が関節炎、引きこもり、外出困難

カウンセラー
三枝みき
山ちゃんさん、こんにちは。初めまして。
山ちゃんさんのご相談を担当させていただく、カウンセラーの三枝みきと申します。
どうぞよろしくお願いいたします。

山ちゃんさんは今、引きこもって生活なさっているのですね。
毎日不安と怯えを感じて生活されておられるとのこと、お体だけでも大変ですのに心の不調も抱えていらっしゃるのなら、外出困難になってしまわれるのも無理からぬことと思います。
月並みな言葉になってしまいますが、きっと今、この瞬間も、ものすごく辛く感じておいででしょうね。

でも、わざわざこちらに相談をお寄せ下さったということは、山ちゃんさんがご自身の状況を変えたい、何とかして楽になりたいと思っておられるからだと私は思います。
もしかしたらですが、ご病気をおしてこの文章を書いて下さるのにも、相当の気力が必要だったのではないでしょうか?

だとしたら私は山ちゃんさんに「ありがとうございます」と心からお伝えしたいです。
そんなおつらい状況の中でなんとかしたいと感じて下さった、そしてそのための一歩を踏み出して下さった勇気を私はとても美しいと思うからです。

ですからどうかぜひ、そんなご自分をたくさん褒めてあげて下さいね。

 * * *

それではここから、山ちゃんさんのご相談に回答させていただきたいと思います。

ご相談の文章は短いですが、私はそれら山ちゃんさんの今の問題のおおもととなったのは、お酒の問題を抱えたお父様に虐待を受けられたことが大きかったのではないかと思います。

特に山ちゃんさんは言及されていないので、これは私の勝手な想像なのですが、お父さんがアルコール依存症でしたら、ことによったらお母さんご自身も暴力を受けていたかもしれませんね。
そのような状況ならたぶん、山ちゃんさんのお母さんも相当におおきな恐怖や不安の中にいたでしょうし、とても苦しんでいたでしょうから山ちゃんさんを守ったり庇ったりはなかなかできなかったかもしれませんし、山ちゃんさんが安心できるような形で在愛情を注ぐことすらできなかったかもしれないと私は思うんです。

子どもにとって、親や育ててくれるひとの愛情は水や空気や太陽の光みたいなもので、生きていくのに必要不可欠なものです。
また、思考や知覚が未発達なちいさな子どもは、自分の「家」が「世界」のすべてのように感じるものなので、おうちが安心で安全でなかったとしたら、感覚的には紛争地帯や戦時下で生きているのと同じなようです。

それに、子どもは対人関係の基本を家庭で、家族との関係の中で、体験的に身に着けていくものです。
ですから山ちゃんさんだけでなく、お父さんとの関係が悪かった人の中には、学校の先生や会社の上司など目上の男性との関係の中で無意識にそのパターンを再現してしまうことがあります。
なので私は、山ちゃんさんがパワハラやモラハラ、ドクターハラスメントの被害に遭われたのは、おとうさんとの関係が起因しているのではないかと思うんです。

さらに、私たちは子どもの時におかあさんから人との距離感や付き合い方を学びます。
また、おかあさんが見守っていてくれると思えば、子どもは安心して外の世界に出ていけますよね。
ちゃんと帰って来れる場所があれば、傷ついて帰って来てもちゃんと慰めてくれる受け入れてくれるおかあさんがいれば、安心して冒険が出来ますものね。

でも残念ながら山ちゃんさんのおうちはそういうおうちではなかったわけで、この世で最も安全な場所であるはずの家庭で、一番信頼出来て守ってくれるはずの親から愛情や安心をもらえず、さらに虐待を受ければ心は大きな傷を負うでしょうし、不安や怖れを常に感じ、理由のない生きづらさを将来にわたって抱えることになってしまうでしょう。
 

さらにそのあと山ちゃんさんは、「離婚」とおかあさんとの「死別」というものすごくおおきな「喪失」体験を二つもされていらっしゃいます。
これらはただでさえたくさんの生きづらさを抱えていた山ちゃんさんの心に、かなりのダメージを与えたのではないかと思います。

そんな状況の中、山ちゃんさんは本当によく頑張って生きて来て下さいましたよね。
私はこれは、山ちゃんさんが本来、とても強い心の持ち主だからだと思います。

「痛み」や「苦しみ」を引き受けられるのは、それに耐えられる「強さ」がそのひとのなかに必ずあるからです。
強くなければ今ごろとうに、山ちゃんさんはこの世にいないはずだからです。

だから私は、山ちゃんさんはまだあきらめてはおられない、「現状を変えたい」という「意欲」と「勇気」とを心の中に持っていらっしゃる、と感じるんですね。
 

私たちが学んでいる心理学には「攻撃は助けを求める声」、という言葉があります。
おとうさんの虐待は「助けを求める声」だったんです。

山ちゃんさんは幼いころからお父さんとお母さんの苦しみを見て来られた。
憶えていないかもしれませんが、あるいは気付いていなかったかもしれませんが無意識に、子ども心に「なんとかして助けてあげたい」と強く思っていたはずです。

そして、こういう想いが強いひとたちは子ども時代に、このような理由から「痛みや苦しみを引き受けること」で家族を助けようとするパターンを身に着けてしまうことがあるんです。
これが山ちゃんさんの問題の本当のおおもとだと私は思います。

でも、そのパターンを手放すことは出来ます。
すこしずつでも心の傷を癒し、ご自分の過去を今までと違う角度で見直していくことで自分を回復させ、未来を変えていくことは必ずできます。

「でもどうやって?」と思われるかもしれませんね。
もちろん一人では難しいと思います。
しっかりとしたプロのサポートは必要ですので、もしよろしければ私たちカウンセラーにお手伝いをさせて頂けないでしょうか?

今は想像もつかないかもしれませんが、心身共に元気になって、日の光の下を笑顔で歩きたい、そうは思いませんか?
そして、山ちゃんさんなら必ずそれが出来る……、私はそう信じています。

 * * *

長文をお読みいただき、ありがとうございました。
このさき山ちゃんさんがお元気になって、笑顔で生き生きと人生を楽しめますよう、心からお祈りしておりますね。

この記事を書いたカウンセラー

About Author

三枝 みき

家族や親子の問題、子育て、友人との関係など対人関係の問題や、罪悪感、自己否定など心や性格についての問題を得意とする。 長女の自傷と強迫性障害がきっかけでカウンセラーとなる。特に母子関係については、自身が母との問題、娘との問題の両方を経験しており、ライフワークとして取り組んでいる。