いじめに遭いやすい

相談者名
みん
小さい頃から、どこへ行っても何故かいじめに合います。

居るだけで怒りをぶつけられたり、存在無視、陰口、避けるなどされてきました。
環境が変わっても、初対面の人しかいなくてもそうなります。

お前が笑ってるのをみると腹立つから止めろと言われたこともあったので、いるだけで何となく癪に触るようです。
あまりにも理不尽なので、言い返したりもしましたが、逆ギレされるので、我慢するしかありませんでした。
今でも続いていています。

これでは将来もこのままだと思い、生きるのが怖くて仕方ありません。
でもどうしたらいいのか本当に悩んでいます。

自分軸を持てるように自分を育てることに集中するしかないかなぁとも思っていま
(編注:語尾が切れていましたが、そのまま掲載します。)

カウンセラー
すのせさちこ
みんさん、初めまして。
ご相談いただき、ありがとうございます。
今回担当させていただきます、すのせさちこと申します。
どうぞよろしくお願いします。

ご相談内容から、みんさんがいじめにあいやすいことで辛い思いをされ、とても悩んでいるのが伝わりました。
どこに行ってもいじめられ、言い返しても逆ギレされれば、生きるのが怖くなってしまいますよね。

みんさんはいじめに耐え、よく頑張って生きてていらっしゃると思います。
みんさんには「いじめに耐える強さ」があるということです。

また「居るだけで怒りをぶつけられたり、存在無視、陰口、避けるなどされてきた」という状況であっても、「自分軸を持てるように自分を育てることに集中するしかない」と思えるみんさんには、「生きるんだ!」という強い意志があると感じました。

まずはそんな自分に誇りと自信を持ってくださいね。

「どうしたらいじめにあわなくなるか」は、みんさんが思っていらっしゃるように、自分軸を持つことです。

どういうことかというと「私は愛される存在」という自分軸があれば、人に怒りをぶつけられても「何この人は怒ってるのかしら?むしゃくしゃして優しい私にぶつけるしかないのね。」と平気でいられます。
無視されても、避けられても「こんな私を愛せないなんて、何か相手に事情があるのだろう。」と相手の行動を自分への攻撃と受け取らなくなるのです。

みんさんは小さい頃からいじめられていたとのことですが、本当はみんさんは何も悪くないのに「私が悪いからいじめられるんだ」と思ってしまったのではないのでしょうか?

「私が悪い」は誤解です。
子供の頃に何度もいじめにあうことで、その誤解が強化されてしまい、その誤解から無意識に自分を「悪い私は罰せされる存在」つまり「私はいじめられるにふさわしい存在」にしてしまったのです。

無意識に「私はいじめられるにふさわしい」という観念があると、そのフィルターを通して物事を見てしまうので、あらゆることを「私をいじめる行為」ととらえてしまいます。

例えば、本当はみんさんの陰口でない場合でも、ヒソヒソ話をしているだけで「また私の悪口を言っている」ととらえてしまうのです。

「私のことを悪く言っているとは限らないのでは?」という視点を持つことも大事ですが、その視点を持つためにも子供の頃の誤解を解く必要があります。

みんさんは悪くありません。みんさんは愛される存在です。それが真実です。
子供の頃の誤解を真実に書き換えていきましょう。

「私は悪くない」
「私は愛される存在」
これを自分の誤解が解けるまで、何度も何度も唱えてください。

「私は悪くない」「私は愛される存在」という真実が心に染み込むまでの間は、自分を嫌う人ではなく、「自分の味方を探してみよう」という意欲を持ってみてください。

100人いたら、100人に好かれることもなかなかありませんが、100人全員に嫌われることもありません。
100人の中には、みんさんを理解してくれる人、よく思ってくれる人は必ずいます。
そんな自分の味方を「意識して」探すのです。

過去に傷ついた経験があると、それ以上傷つかないように「私を傷つける人はいないか?」という方に自然とセンサーが働いてしまうんですね。
自分の味方を探すには、そのセンサーではなく、「意識の力」を使って「自分の味方はいないか?」というセンサーを動かす必要があるのです。

自分の味方が1人でもいると、人は強くなれます。

自分軸をしっかり持つためにも、みんさんの味方、応援してくれる人を見つけてみてくださいね。
「自分の味方は必ずいる」と思って、探すのがコツです。
もちろん私もみんさんの味方ですし、応援しています。

みんさんが、どこに行ってもいじめられ、初対面の人にもいじめられた経験があれば「またいじめられるのではないか?」という不安や怖さを感じてしまうのは無理もありません。

しかし「またいじめられるのではないか?」という不安が強いと、「どうせあなたも私のこといじめるんでしょ?」という無意識が働き、それが相手の癪に触り、「いじめられる」というという現実を引き寄せてしまいます。

「またいじめられるのではないか?」という不安を感じた時も、
「私は悪くない」
「私は愛される存在」
と唱えて不安を和らげてくださいね。

1日も早くみんさんが「私は愛される存在」と感じられることを祈っています。

ご相談ありがとうございました。

この記事を書いたカウンセラー

About Author

すのせ さちこ

大学卒業後、地元企業に就職し、デザイン・経理・総務・秘書・営業事務等の業務を経験。不惑にしてカウンセラーを目指すために転職。離婚も含めた人生経験をベースに、楽になる物事の受け止め方を提案する。生き方やライフワーク、メンタルヘルス、パートナーシップ全般の問題を得意とする。