これから先のこと

相談者名
小さなピアニスト
私は普段介護士をしております。
主人の強い意向でほぼフルタイムと同じ日数、時間を働いていますが、パートなため縛られる時間と比べ収入はほんとに少ないです。
主婦のため家事はありますが子供がいないため幼い頃からのピアノや、これから先の選択肢が広がればと副業に繋がったりスキルアップに繋がるような資格を取得したりしています。
ただ今の職に活かせておらず、迷走している状態です。
本来夫婦とわんこで暮らしでお互い少ないながら共働きになるため余裕があるように周囲は思われますが、厳しく先の心配より今を楽しみたい主人の金銭感覚もあり、出費がかなり多く余裕があるわけではなく、体力的にも私は強くないので不安ばかりが募ります。
スキルアップに関しても向いていないや使いもしていないものにお金かけるなど無駄使いだと言われますし、先を見据えたい私と今を楽しみたい主人との感覚のズレも埋まりません。
人様委ねたりするべきことではないとは重巡承知しておりますが、今後仕事、お金、主人との関係をどう進めてゆけばよいのでしょうか。
カウンセラー
服部希美
小さなピアニストさん、こんにちは。
カウンセリングサービス 心理カウンセラー服部希美と申します。

安心や不安の基準は人それぞれ違いますし、金銭的事情の度合は当人にしかわからないものでもありますから、こういったお悩みほど身近な人に相談しにくいものかもしれませんね。

ご相談いただきありがとうございます。
今回の回答が、小さなピアニストさんのお力になれたらうれしいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

 +++

先の不安を感じたり、先を見据えたいという気持ちを抱くことは至極普通のことですよね。
不安というのは、私たち人間にとって生命を維持していくために必要不可欠なものなのです。
「不安を感じて対策する」=「あらかじめ危険を予測し回避する」ことが出来るから、私たちは安心して毎日を楽しむことが出来るわけです^^

しかも小さなピアニストさんが悩まれていることは、ふたりの生活のことですからね。
本来なら、ご主人さんと協力して対策を練れるのが一番いいのでしょうが…

ご相談文を読ませていただいたところ、現状では「小さなピアニストさんの価値観」 と「ご主人さんの価値観」にズレがあり、どうもこのままの心理状態では一緒の方向を向くのが難しいご様子。

小さなピアニストさんが、ふたりの先々のために”いま自分にできること”を探し、日々努力していらっしゃるのに関わらず

夫婦間で悲しいズレが発生してしまっているのは何故なのか?
実際に仕事に活かしきれていないのは何故なのだろうか?
そして現状を打破するためのポイントは何だろう??

を私なりに考えた時
そのヒントは「小さなピアニストさんが抱えていらっしゃる不安の大きさ」にあるように感じました。

まずはそこからご説明させていただきますね。
 

実は私たちは、大きすぎる不安を抱えたままに不安対策をしようとすると、努力する方向がズレてしまったり、周りからの応援を得にくくなってしまうことが多いです。
結果、がんばっているのに報われない現状が出来上がったり「どうしてそこまで不安なの?」と周りに言われてしまう、なんてことが起きやすくなったりするのですね。
いいとか悪いとか、そういうことではなく、心の仕組み的にそういう現象が起きやすいですよということです^^;

ちなみに「不安や焦りの大きさ」というのは、物質的な影響ももちろん大きい(生きていくためのお金は必要です^^!)のですが
その人の中の「大切な人を守りたい気持ち×自分が自分をどんな人だと認識しているか」でも大きく変わってきます。

私たちは、大切な人が出来た時、守りたい人が出来た時、相手を想う気持ちが大きければ大きいほど…相手の幸せを願いますよね。
できるなら、自分と一緒にいることや自分を選んでくれたことを喜びとして感じてもらいたいと願います。
愛する人の迷惑な存在になりたい人なんて、いないと思うのです。

そんなとき、自分に自信がないとその度合だけ
「こんな私に、そんなことできるのかな」と「過剰に不安」になってしまい焦りすぎてしまったり、不安にだけ捉われた行動をとってしまいがちなんですね。
 

今回ご相談文を読ませていただいたとき、
小さなピアニストさんが感じていらっしゃる不安の多くはご主人さんへの強い愛情から来ているんじゃないかなと私は感じました。

ご主人さんが大切だからこそ…
先の人生でも二人で楽しく過ごせたらいいなと思うからこそ…
「今を楽しみたい」というご主人さんの価値観も大事にしてあげたいと思うからこそ…

彼に何がしてあげられるだろうと悩むし、
お金のことで困らせたくないし、
先々を無責任に楽観的には捉えられない、という思いが強いのかもしれないなと感じたのです。

もし、そうだとしたら。
縛られる時間と比べ収入が少ない現状や、スキルアップのために資格取得をがんばっているのに仕事に活かせていない現状に対して、小さなピアニストさんが自覚されている以上に、ご自身を責めていらっしゃるかもしれないなと思ったのです。

もしかすると、ご主人さんに責められる以上に、ご自身を責めていらっしゃるかもしれないなぁと。

その心の状態で、ご主人さんに「向いていない」「使いもしていないものにお金をかけるなど無駄使い」と言われてしまったとしたら、誰だって、起きている現実や言われた言葉以上に、とてつもなく”やり切れない気持ち”を感じてしまうと思うのです。

そして、小さなピアニストさんが、いくらご主人さんを受け入れてあげたいと思っても
ご主人さんが「今を楽しむためにお金を使う」ことに対しておおらかにいることって、なかなか難しいと思うのですよね。

+++

これから、どんな行動を選択するにしても、
まずは、小さなピアニストさんの行動の動機になっている「不安」を適正な大きさにしてあげることが大事だと私は思います。

そのためには「今自分が感じている不安の多くは、ご主人さんを思ってのことかもしれない」と自覚してあげること。
それ自体は悪いことじゃないのだから、自分を責めなくてもいいんだと、腑に落としてあげるところからスタートしてみていただけたらと思うのですね。
 

そのうえで!
いままでの「不安を動機にした行動」を「喜びや楽しみを得るための動機」に置き換えてあげることが出来ると
仕事もお金の不安も、ご主人さんとの関係にも、変化が起きる可能性が高いのではないかと感じました。

たとえば、先々のために貯金を増やすとしても「お金が無くなったら怖いから」という怖れベースから「先々にふたりでやりたいことのために貯金をしよう!」という喜びベースに一度置き換えてみてはいかがでしょうか。

そのために、ご主人さんとふたりで、これからやってみたいことについて軽く雑談してみてください。
こんなところ行きたいねーとか。一緒にやってみたいねーとか。実現するかしないかは置いておいて、いろんなお話をしてみてくださいね。

たとえば、彼が温泉好きで自分もまんざらじゃない感じであれば「いっしょに温泉旅行の計画を練ってみましょう」。
わんちゃんと楽しめるスポットを一緒に探して、プランを立ててみるのもいいかもしれませんね^^

一見「今を楽しむ」という彼のベースに乗っているように感じますが
「夫婦で同じ方向を見て取り組む楽しさ」を感じることが増えてくると、彼の中に「夫婦で共に取り組む楽しさ」という新しい喜びを得ることが出来るのです。
新たな喜びが増えることで、彼の中の価値観に変化が起きることも多かったりしますよ。

いっしょに取り組めること、同じ方向に向かって取り組めることなら何でもいいのですが、現状を考えると、まずは「彼がやりたいことの中で小さなピアニストさんもやってみたいこと」から、いっしょに取り組んでみるのが一番簡単かもしれません^^

よろしければお試しくださいませ。
 

また、仕事に関しては、
まずは「先の不安を解消する」ためだけじゃなく、仕事に求めるものや、お金が手に入ることで得られるであろう喜びを、ノートに書きだしてみて眺めてみましょう。

そしてその喜びを意識して働いてみると、すこし感じ方が変わるかもしれません。

書き出すときには「収入にはならないかもしれないけれど、私が笑顔になれること」も、人生にはとても大事ですからね。
収入を得られる仕事とは別枠でいいので、きちんと居場所を設けてあげてくださいね。

いままで取得されてきたものも、すべて経験という糧になっていますからね^^
これから先、自分の喜びのためにどんな風にお役に立ちそうか書き出してみて、一度客観的に見つめなおしてみると思わぬ発見があるかもしれませんよ。

自分の考えや思いを書き出す作業は、迷宮入りになってしまっているお悩みを客観視することに対してもとても有効ですので、ぜひぜひお試しくださいね^^
 

この先、新たにやってみたいことが出てきたとしても、またご主人さんから否定されちゃうのではないか?と不安になってしまうとは思うのですが、
行動の動機が変わってくると伝わり方も変わってくると思いますからね、まずは行動の動機を変えることにチャレンジしてみていただけたらと思います。
 

最後に。

ほぼフルタイムの時間働いていらっしゃる上、ピアノや資格のお勉強、そして家事。毎日をとても忙しく過ごされているのではないでしょうか?
実は私もフルタイムで働きながらの資格取得を経験したことがあるのですが、仕事疲れから集中できなかったり、やる気が起きなかったりで大変でした^^;

その上、小さなピアニストさんは家事も頑張っていらっしゃるわけですよね。
それって、なかなか出来ることじゃないと私は思うのです。

ふたりの先々に対して、小さなピアニストさんが率先して行動を起こし続けてきたこと。努力。
どの選択や行動も愛からの選択で、間違っていたわけではないと私は思います。

小さなピアニストさんの思いや愛が、ご主人さんに届きますよう
そして小さなピアニストさんとご主人さんの日常が、たくさんの喜びに満たされますよう…
私も、応援していますね。

変化を起こそうとしているときに、ひとりきりで取り組んでいると心が折れてしまいやすくなりますからね。
どうぞ、私たちカウンセラーも上手に活用してやってくださいませ。

すこしでも、小さなピアニストさんのお力になれたら嬉しいです。
ご相談、ありがとうございました。

この記事を書いたカウンセラー

About Author

服部 希美

恋愛、対人関係の改善、自分が本当に望んでいる人生へのシフトチェンジへのサポートを得意とする。 特に「さびしさを笑顔に変えるカウンセリング」をテーマに掲げ、30代女性の生き方、恋愛・婚活サポートを精力的に行っている。 高い共感力を活かした「共に考え、併走する」カウンセリングスタイルが好評。