あなたの問題が解消する答えは他人が持っている

ある日のある時間のこと、
カウンセリングルームに清掃業者がはいるという理由でカウンセリングルームを追い出された私は清掃が終わるまでの約4時間の間をどうやってすごそうかと思いながら街の中心部に向かって歩き出しました。

街中でWi-Fiがつながるカフェを発見したので、そこでパソコンを広げて仕事をすることにしました。
このコラムは、まさにそのカフェで書いております。

カフェを見渡すと、私のようにパソコンを広げて仕事らしきことをしているが多数いました。(確認はできないけど、たぶん、お仕事)
あとは勉強をしている学生さんが少々と、携帯をみならお茶をしている人がぼちぼちと、談笑している友達らしきグループが一組。

ビジネス街だからかなのかもしれませんが、パソコンを広げてカフェでお仕事をしているっぽい感じの人がなんと多いこと。

個人的なカフェのイメージの話になりますが、20年ほどのカフェのイメージは、パソコンを広げてお仕事もできる場というよりも、仕事の合間にさぼ…もとい、一休憩する会社員がちらほらいる場というイメージがあったのですが、今はお茶をしながら仕事をする人が多いというのは時代が変わったのだなぁと思いました。

20年ほど前のノートパソコンの出始めの時代は、ノートパソコンが1台100万円した時期もありましたし、Wi-Fiもなかったので、カフェでパソコンを広げてお仕事をするという状況ではなかったからだと思います。
(当時、聞いた話では、液晶画面の部分だけで部品代が80万円するというお話を聞きました。液晶画面が高かった時代だったんですね)

時代が変わって、文明の進化や、価値観の変化などもあり、カフェの役割は、お茶をしなながら一休みの場や、友達との待ち合わせの場だけではなく、お茶をしながらお仕事をする場として使う選択肢が増えたのでしょうね。

+++

私たちの心は何かに捕らわれることがあります。

仕事とはこういうものだ。
夫婦関係はこうしないといけない。
子育てはこうできなければいけない。
生きるとはこういうものだ。
というような思考の枠を作ってしまい、その考えに囚われてしまうことがあります。

昔とは時代が変わり、文明が進化し、世の中のサービスが進化し、価値観が変わり、色んな生き方の選択肢が増えていても、マインドがそれについていかず、昔に作った思考の枠の中の選択肢の中で生きようとしてしまうことがあります。

+++

例えば、
「石の上にも3年と言って、しんどくても3年はそこで頑張りなさい。簡単に辞めるとどこに行っても同じ問題で辞めたくなるから」
という親御さんの教育を受けて育った人がいたとします。

その教育の影響から、しんどくても3年は頑張らなきゃいけないという思考の枠組みを持ったとします。

でも、人間関係の過度なストレスで1年目にして会社を辞めたくなったとします。

持っている思考の枠組みから、
「ここで辞めてしまったら他の会社に行っても人間関係で辞めたくなるんだろうな、あと2年は頑張らなければ」
と思ってしまったとします。

でも、人間関係の過度なストレスを抱えているのに、あと2年も頑張るって文字通りしんどいですよね…。

戦争時代は欲しがりません勝つまではというように、我慢することが良いことにつながるという価値観が強く、高度成長時代は頑張れば頑張るほど成果がついてくるという頑張ることで幸せになれるて言う価値観が強かったのかもしれません。

そんな価値観を持つ
おじいちゃん、おばあちゃん世代や、
お父さん、お母さん世代に、
育てられた子供はその価値観を受け継ぐことがあるのですが、時代が変わっているので、受け継いだその価値観が良い結果を生むとは限らないんですよね。

過度なストレスを抱えているのに3年は頑張らなければいけないと言う思考の枠組通りに、3年耐えるのは得策じゃないかもしれません。
その通り生きて、ストレスから病気とかになってしまうこともあるかもしれません。

あっさり辞めて次の会社に変わったら、働いてるメンバーが変わるので、人間関係の悩みって無くなるかもしれません。

また、今はネットがなかった時代と違い店舗を持たずとも、ネットさえあれば商売ができる時代になってきました。
「ここで辞めてしまったら他の会社に行っても人間関係で苦しむんだろうな、あと2年は頑張らなければ」と言うような考えに縛られず、会社員という生き方ではなく、ネットを使って商売をして人間関係が密にならない環境ではたらくという手もあるでしょう。

というように、
昔とは時代が変わり、文明が進化し、世の中のサービスが進化し、価値観が変わり、色んな生き方の選択肢が増えていても、マインドがそれについていっておらず、昔に作った思考の枠の中の選択肢の中で生きようとしてしまうことがあります。

+++

もし、あなたの仕事や、男女関係や、人間関係などが上手くいってない時は、もしかしたら昔作った思考の枠の中から、その問題を解消する答えを見つけ出そうとしていて、その中から出てくる答えには問題を解消して、上手くいくようにする答えがないだけかもしれません。

問題を解消する答えが無いわけではなく、
より上手く答えがないわけではなく、
より良くなるための答えがないわけではなく、
昔作った思考の枠の中には答えが無いだけなのかもしれません。

上手くいく為の答えが見つからない時は、一人で考えずに誰かに相談してみることをオススメしたいです。
そうすることで上手くいく答えが見つかることってあるんです。

なぜならば他人はあなたと違う思考の枠組みを持っているので、あなたが思いつかなかった発想や答えをくれたりするから。

あなたの問題が解消する答え、より上手くいく答え、より良くなる答えが手に入ると良いですね。

この記事を書いたカウンセラー

About Author

原 裕輝

若年層から熟年層まで、幅広い層に支持されている、人気カウンセラー。 家族関係、恋愛、結婚、離婚、職場関係の問題などの対人関係の分野に高い支持を得る。 東京・名古屋・大阪・福岡の各地でカウンセリングや心理学ワークショップを開催。また、カウンセラー育成のトレーナーもしている。