浮気した夫の心を取り戻すための最初のステップ ~見るという愛情表現の効果~

見てもらえなかった寂しさを抱える夫に「見るという愛情表現」がもたらす効果

浮気した夫の心を取り戻すためにはいくつかの段階を順に進んでいく必要がありますが、最初のステップとして有効なのは「関心を持って思いを込めて見ること」。多くの浮気の原因である見てもらえなかった寂しさを抱えている夫に「見るという愛情表現」をすることで、夫の心は反応をしていきます。

***

今回の心理学講座では「浮気した夫の心を取り戻したい」と思っているケースについて取り上げたいと思います。

夫婦が浮気問題を乗り越えて絆を取り戻すためには、様々なステップを順に進んでいく必要があります。

そのステップにはいろいろな方法がありますが、今回ご紹介するそのための最初のステップは「見る」ことです。

ただ見るだけではありません。見るとは関心を持つ、思いを込めて見る、ということです。

人は好意を向けてくれる人に同じように好意を持ちます。

心理学では「好意の返報性」と言いいますが、関心を持ち思いを込めて見られると、夫の心はいい方向に動きやすくなります。

 

また、見ることは浮気の原因に気づくきっかけにもなります。

浮気が起こるということは、いろいろな場合や状況があるとはいえ、

「相手のことを見ていなかった」

ことが原因で起こっていることが多いからなのです。

パートナーに見てもらっていないと誰だって寂しくなります。

その寂しさの埋め合わせが浮気に走らせる原因になることも多いのですね。

だからといって浮気をすることが良いはずはありません。

しかし、夫の気持ちを取り戻したいという意思があるならば、その原因を知り、今までの修正や新しいアプローチをしていく必要があります。

 

◇相手のことを見られなくなるには理由がある

夫を見てあげる。

そのためには、あなたにも「夫を見られなくなったきちんとした理由」があることを知る必要があります。

もしかしたら、夫の愛情にあぐらをかいてしまっていたのかもしれません。

しかし多くの場合、それは止む得ない出来事や状況が見られなくしてしまったのです。

・家族に病気の人がいて大変だった。

・共働きで仕事が忙しい部署に異動になって大変だった。

・子供が不登校や友達との問題などで親として深く悩んでいた。

こうした状況では心に余裕がなく、目の前の問題を見るので精一杯です。

ましてや女性は共働きでも家事・育児の負担が多いのが現状です。

それは心に余裕をなくし、視野を狭くします。

夫を見れなくなるのも止む得ないことも本当に多いのです。

 

まずは、夫を見られなかったのにもきちんとした理由があることに気づきましょう。

見たくなかったのではないのです。

見たかったけれど、見られなくなる状況だった。

つまり愛情は変わらず持っていたのです。

 

◇今、改めて夫の行動・様子を見るということ

私はカウンセリングの中で、こうした話をした後に、

「普段のご主人の行動・様子を見てください」

と提案させていただきます。

恨み辛みや痛みが大きいと、相手の顔を見るのも嫌になります。

けれど、それでも夫との関係を改善したいという意欲があれば、見ることは可能です。

仕事から帰ってきた夫が、玄関に入ってきてから、家のどこを通って、何をして、どこに行くのか。

見て、観察して、どんな様子なのかを見ます。

例えば、浮気が発覚以来、自分の部屋に閉じこもって食事も外で食べてくる夫を見るとは、こんな感じになります。

「帰宅してすぐ洗面台で手を洗ってうがいをしてから、自分の部屋に行く。

家族が寝静まってから、ビールを取りに台所に来て、つまみは帰りがけにコンビニで柿ピーを買ってきている。

朝は家族が起きてくる前に出社するが、小さな水筒に自分でコーヒーを入れて持っていく。

水筒を家の台所で洗った形跡はないから会社で洗っているようだ。」

そんな風に行動や様子を見ていると、夫の顔の表情や、雰囲気もわかってきます。

仕事が大変と聞いていたけど、たまには、楽そうな日もあるんだな、とか。

足取りが重い、軽い。

雰囲気が暗い、明るい。

こうやって見続けていると、気がつくことがたくさんあるのです。

「いつも帰宅したら「うがい」してたんだ。知らなかった。」

「私の顔を見るから不機嫌だと思っていたけど、誰とも会わなくても苦しそうなんだな。」

実際に見ることにチャレンジしてくださったクライアントさんは、こんな言葉をよく言われます。

「私、夫のことを全然見てなかったんですね。」

 

◇あなたが見続けると夫は何かを感じ反応し始めます。

「関心を持って見られる」と夫は何かを感じ反応を始めます。

それは愛情を持って見られるということですから、浮気をした夫は罪悪感を刺激されます。

時にそれは今よりもっと悪い態度を引き起こします。

あるいは、素直に態度が軟化していく人もいます。

すぐに反応する人も、長く無反応な人もいますが、いずれにせよ、妻からの好意的な視線は、夫の心に届くのです。

見続けていくと夫との心の距離は少しずつ縮まっていき、会話が戻り、そして大切な話もできるようになります。

場合によっては気長に待ち続けなければならないこともありますが、見る効果は段々と出てくることも多いのです。

こうして向けられた愛情が夫の心を取り戻すきっかけになることも多いのです。

見るという愛情表現。このチャレンジを是非お試しください。

(完)

この記事を書いたカウンセラー

About Author

池尾 昌紀

名古屋を軸に東京・大阪・福岡でカウンセリング・講座講師を担当。男女関係の修復を中心に、仕事、自己価値UP等幅広いジャンルを扱う。 「親しみやすさ・安心感」と「心理分析の鋭さ・問題解決の提案力」を兼ね備えると評され、年間300件以上、10年以上で5千件超のカウンセリング実績持つ実践派。