いま、なぜ

相談者名
るたろ
こんにちは。
私は40代の会社員です。
夫と小さな子ども二人と暮らしています。

私は半年ほど前に、ある国民的アイドルのファンとなりました。
2020年に活動休止するという誰もが知ってるアイドルグループです。

それまで彼らのことはほとんど興味がなく、歌も知らない、テレビも見たことがなかったのに、メンバーのひとりが出ているドラマから大はまりして、それからいろいろ調べていたら、いつのまにかそのグループのファンになっていました。
芸能人のファンになったのは生まれて初めて、しかもいまさらものすごく人気のあるグループであることを知り(笑)、自分自身戸惑っています。

そもそも誰も結婚しておらず、なんで18年間も私に関係なく過ごしてきたのに、いまさら結婚報道で落ち込んだり、どうにか個人的に知り合いになりたいとか、彼らのように素敵でキラキラしていて、しかも鉄壁な信頼関係を誰かと結ぶことができるのか、知りたくてたまらず、つまり心をものすごく突き動かされ、困っているのです。

なんで今こんなことになっているのか、
彼らのダンスが好きだから?
彼らがカッコいいから?
関係性が素敵だから?
年代が近いから?
身近に感じるアイドルだから?
性欲(笑)?
非日常を求めてるから?
ほんとにわかりませんし、ただ暇だったから、と思いたくないのです。
なにか意味があると思いたい。

特にダンスが天才的なメンバーにめちゃくちゃ心が引かれ、バカみたいですが、苦しくて、できれば早く忘れたいと思うほどです。
でも会って、話してみたい。
もう大人なので、彼らが非常に断片的な情報しか出してないことはわかります。
でも、彼らの人となり、考えていること、どうしてそういう行動を取るのか、芸を磨くためになにやってるのか、普段なにしてるのか、知りたくてたまらない。
叶わないのでしょうか。。。

こんな私になにかアドバイスください。

カウンセラー
松尾たか
るたろさん、ご相談ありがとうございます。
今回ご相談を担当させていただく松尾たかです。
どうぞよろしくお願いいたします。

るたろさんは、今まで興味がなかったアイドルのファンになり、すごく好きになってしまったご自身にビックリし、戸惑っていらっしゃるようですね。
突然恋に落ちてしまった、そんな感じでしょうか。

私の話で恐縮ですが、私も昨年、私の時代のあるアイドルが亡くなった後にすごくファンになったことがありました。
当時からそのアイドルを知っていたのに、ふと昔の映像を見始めて改めて彼の凄さに気づき、夢中になってしまいました。(50代後半にもなってです。)
なので、るたろさんにとても親近感を感じています。

何かに心を動かされたり、興味が持てたりすることは、とても素敵なことだと私は思うのですが、るたろさんは40代で小さなお子さんもいらっしゃるということですから、もしかしたら、今さらこんな気持ちになる自分はどうしちゃったんだろうと、どこかおかしいことのように感じることがあるのかもしませんね。
るたろさんは、今、なぜこんな気持ちになってしまったのか、そのわけを知りたいとも思っていらっしゃいます。

>彼らのように素敵でキラキラしていて、しかも鉄壁な信頼関係を誰かと結ぶことができるのか、
>知りたくてたまらず、つまり心をものすごく突き動かされ、困っているのです。

るたろさんは、今までの人生の中で好きなこと、やってみたいことをなさって来られましたか?
芸能人のファンになったのは生まれて初めてと書かれているので、もしかすると、何かに熱中するというよりは、まじめで、優等生的な生き方をされてきたのかもしれません。
あるいは、何かをやりたいと思っても私には無理とあきらめたり、その思いを封じ込めてしまったりしたこともあったかもしれません。
もう大人なんだから、母として妻として、こうであるべき、というように思っていた、そんなことはありませんか。

もし何か思い当たるようなことがあるとしたら、自分らしさから遠ざかってしまっていて、何をしてもどこかつまら後半ないような、退屈のような感覚があったかもしれません。
そうすると、心の底からうれしい、楽しいも感じにくくなってしまいます。

だけど、本当のるたろさんは、彼らのように素敵でキラキラしたい、誰かと鉄壁な信頼関係を結んでみたい、そんな気持ちをずっとお持ちだったのではないでしょうか。
彼らに惹かれたのは、そんな気持ちを思い出すため、気づくためだったとも考えられます。

苦しいほどに心が惹かれる、そんな気持ちを感じられるるたろさんは、本来はすごく情熱的な方なんだと思います。
もしそうだとしたら、そして、自分の本当の気持ちを押し込めてきたのだとしたら、今までの生き方を変えてみる時期にきているのかもしれません。

>彼らの人となり、考えていること、どうしてそういう行動を取るのか、
>芸を磨くためになにやってるのか、
>普段なにしてるのか、知りたくてたまらない。

るたろさんは、人として成長すること、もっと自分を磨きたい、そんな気持ちを強く持たれているように感じます。
だからこそ、彼らからたくさんの刺激を受けているのでしょうね。
今、彼に、彼らに惹かれている気持ちをどうぞ大切ににしてみてくださいね。

るたろさんが、キラキラ、ドキドキ、ワクワクした気持ちで毎日を過ごされることを願っています。
ご相談、ありがとうございました。

この記事を書いたカウンセラー

About Author

アバター

自己否定、自己嫌悪、疎外感、自己肯定を得意とする。「その方の心に寄り添い、一番の味方でいること(安心感)」をモットーに、わかりやすい言葉で恋愛問題や対人・自己との関係を紐解き、改善・生き易さへと導いている。  東南アジア2カ国での生活経験もあり、国や文化の違いについても造詣が深い。