なるようになるという信頼

最近、何年かずっと気になっていて、こうなったらいいのにと願っていたことが
ひとつ叶いました。
もうだいぶ諦めもあって、手放していた(なるようにしかならないからと思えていた)
ことでもありました。
忘れたころに、思いがけず好転した、そんな風に解決がやってきた体験で
わたしの中に、知らずに抱えていたその問題に関する罪悪感も
ふっと楽になって、こんなに抱えていたんだなぁと実感しました。

問題も願い事も、抱え込んで何とかしようと一人頑張っているときにはうまくいかないのに
もうそうじゃなくてもいいか、と気楽に構えられるようになると物事のほうが展開してくれたり
誰かが動いてくれることで解決や達成に動き始めることは多いように感じます。

自分が「こうでなくちゃいけない」って握りしめていた「あるべき」という執着を離せると
自由になった人や物事が動き出す。そんな風に体験を通して学んでいます。

何とかしようと一人頑張るときには何ともならないからっていう前提があったりします。
前提や動機は、ゴールになります。
自分では気が付いていなくても、行動にも考え方にもとても影響します。
きっとうまくいかないからがんばらなくちゃ
がんばれる時はいいし、それが必要な時もある
でも頑張ってもうまくいかなかったり、頑張れなかったりするなら
なぜ頑張ろうとしているのか
何を目指しているのか、一度立ち止まって
改めて眺めてあげる時間にするといいのかなと思います。
頑張らなくちゃと思いながら頑張れないと自分を責めますし
何とかしたいのに何ともならないというときも自分や人や環境を責めてはまた気分が悪くなるものです。

何かうまくいかない時はそのまま進めなくていい時なんです。
そのまま進みたくないときなのかもしれないです。
心が気が付いてほしいって言ってる時かもしれません。

意識は外へ外へと向かいます。
でも内側にこそ原因や目的ってあるものです。
その自分の内側にはなかなか気づけません。
そして同じように、内側に心を抱えている相手があることなら
それを誰かが変えるというのは難しいのです。
特に求めてもいないのに、必要性も感じないのにというときはなおさらです。
変えようとされれば、自分が間違っていると受け入れなければいけないし
そんなことは苦しいのでできれば避けたいと思うのが普通です。
そんな風に心を守ろうとしてしまいますから、押しが強いと防衛も強まります。

人の心は無理やりやコントロールによっては本当の意味では動きません。
でもそのことを受け入れてそっと手を放してあげて、よくなるの?ならないの?って見張るのをやめて
自分には自分のできることしかできないのだから
できることを大切にしようとほおっておくことができたら
人の気持ちや物事がようやく動き始めるようです。

自分の主体性、相手の主体性を大切にしながら
できないことは置いておく勇気
できることを誠実に取り組む意欲
そんな意識が味方してくれて、物事が驚くような展開を見せることがあります。
想定していない喜びというのは本当にうれしいものです。

こうでなくちゃっていう思い込みは、そうであれば自分を守れるという前提があります。
自分を守るために周りをコントロールしたい意識で、そうなったとしても
とりあえず傷つかなくて済んだというご褒美しか手に入らず、コントロールしたからかもしれないという
新しい不安と疑いによって、また、こうでなくちゃってその感情から自分を守ろうとします。
疲れますし、相手にとっても、しんどいかもしれないです。

何が起きるかわからないけど、大丈夫っていう信頼は放棄することとは違います。
何が起きようとも、よくなっていく通り道だっていう認識して
できることとできないことをきちんと理解したうえでできることに取り組むみたいな感じです。
認識は知覚ですから、心の仕組みを理解してあてはめていくことや
自分で自分に向き合って取り組んでいくと変えていくことができます。

わたしが初めてカウンセリングサービスを知ったころに
最初にもらった概念は「信頼」でした。
信頼って何?って思っている私にやってきたその言葉は
時間をかけて、人や自分や人生を信頼できない自分や
信頼できないっていうことは、よくなるはずがないって信じていること
受け入れてもらえるなんてありえないって信じていること
またそうやって自分のことも全く受け入れられていない自分がいて
誰のことも受け入れられず迷子になっていたこと
自分が信じていることが何で
ほんとうにほしいものはなんなのか
信頼という概念を頼りに、少しずつですが自分を知りながら
変化と成長をさせてもらえたと思います。

自分がどう思っていても、それが幸せじゃないなら
思っている自分とまずは向き合ってあげることから始まるのかなと思います。
それはその自分が悪いとかではなくて、そうなる理由を知りたい自分がいるからだと思います。
ほんとうは優しくしたいし優しくされたいだけだと思うんです。
そうじゃなくて、苦しいと思うから。

苦しくても、悩んでも、なんとかなるって信頼は
少し振り返ることができる地点まで進まないとわかりません。

たくさんのどうしようもない状況や心が変わる体験を通して
何がどうという条件ではなくて、やっぱりなるようになるもんだと信頼できるようになりました。
信頼できる自分は、苦しみが少ないです。
誰かや何かと戦う必要が以前よりずっと少なく、得られるもの(喜び)が大きくなりました。
自分の信じていることが壊れるとき、ものすごく抵抗が現れます。
心理的にも状況的にも、身体症状が出たりもします。
でもそれも変化ゆえと信頼すると、突き抜けたところが必ずあります。

自分が信じられない時、信じてくれる人とつながってくださいね。
わたしが信じられない時、信じてくれたたくさんの師や友人に感謝をこめて。

これからも続く、疑いを信頼にかえる道の途中より。

この記事を書いたカウンセラー

About Author

眞田 遊子

問題を引き起こす感情にフォーカスすることが得意。 対人関係、パートナーシップ、自己実現など、さまざまな問題と向き合い、その人自身が抵抗を超え、自己を本質的にいかすためのサポートを行う。 「人が人を癒す」をモットーに、心に寄り添うハートフルなカウンセリングを提供している。