楽になりたい

相談者名
ナド
私には今つきあって1年半になろうかという彼氏がいます。でもさいきんストレスや価値観の違いから喧嘩が多く、彼氏のほうが「疲れた」といって今は距離を置いています。でも私は喧嘩して今までの自分をとても反省して、彼のことをもっと大事にしたいと思うようになりました。でも今は距離を置いているので連絡が取れなくてつらいです。今まで喧嘩していたのも私が彼に依存していたからなのに、冷却期間も彼に依存していたら、彼が戻ってきてもまた喧嘩してしまうと思っています。自分に自信がないからかなと思って自分磨きをしたり趣味や勉強に没頭しようかと思うんですが、どうしても集中できません。しかも向こうのほうからは何も連絡がないから、あっちは自分がいなくても平気なんだと思って、自分は必要ないんだと思って死にたくなります。好きかどうかわからないから距離を置いているんですが、男性のほうから戻ってきてくれる確率は低いとネットの記事で見ました。
もともとの性格はポジティブなのですが、さいきんはテストのストレス、彼氏との喧嘩で死にたいと思うことが増えてきました。前までも一時期だけネガティブになるときはありましたが、死にたいと毎日思うのは初めてで、誰に相談したらいいかわからないし実際に死にたいわけじゃなくて本当は生きたいしもうどうしたらいいかわかりません。毎日が苦しいし泣きたくなるのでもう楽になりたいです。もし自分が死んだら親や学校に迷惑がかかるとわかっているので、理性で何とか死のうとしていないだけで、ある日急に本当にリストカットとかしたらどうしようって思います。
自分は鬱なんでしょうか。ネットで見るように私は体には何も症状が出てないのでこんな自分が鬱だと言って病院に行くのもおかしい気がします。
恋愛面以外でも、学校で役職についているからそれがやめたいのに周りの視線が怖くてやめられないでいます。あと大学を受験したのですが、もしそれに落ちていたらどうしようととても不安です。合格発表はもう少しなのですが、それにもし落ちたらほかの大学を学力で受けなければいけなくて、でも全然勉強をしていないから落ちたら本当にショックです。もし彼氏にもふられて受験も落ちたら本当に死んでしまう気がします。
長文乱文失礼しました。もうどうしたらよいかわからないです。
カウンセラー
佐藤まゆみ
初めまして、ナドさん。
今回のご相談の回答をさせていただく、佐藤まゆみと申します。
どうぞ、よろしくお願いします。ご相談内容に目を通してみたところ、どうやらナドさんは、まだ高校生なんですね。
にもかかわらず、ここまでご自分のことを突き詰めて考えておられるのに、感心しました。

今の苦しい想いを、どう表現したものか、とまどってらっしゃるのは充分伝わりましたよ。
じっくり拝見しましたので、まずは現状を私なりに整理しながらお答えさせていただきますね。

・高校生のナドさんには、お付き合いして1年半の彼氏がいらっしゃる
・最近は彼氏と喧嘩が絶えない
・原因はテスト(大学受験)のストレスや価値観の違い
・今は、彼氏が「疲れた」と言うので、距離を置いている
・ナドさんは今までの自分を反省して、彼を大事にしたいと思っている

まず、ここまでを見てみましょう。

受験されているのですから高校3年生ですね。
と言うことは、彼とお付き合いを始めたのは高校に入ってまもなくの頃になるかと思います。
彼の年齢が分からないのですが、同学年でしょうか?
ひとまず、同学年と仮定させていただきますね。

付き合って1年半と言うと、お互いのことがある程度わかって来た頃ですね。
この頃に自分のやり方と相手のやり方との違いが目について来るのは、どんなカップルにもありがちなことです。

相手を自分のやり方に従わせようとするのを、心理学では「コントロール」と言います。
コントロールされて嬉しい人はいませんから、この辺りのことがケンカの原因になっていたのは良く分かります。

彼にしてみたら、ナドさんの望むようにしてあげたくて、ずい分合わせてきたんでしょうね。
いわば我慢が高じて、疲れてしまった状態のようです。
優しい彼氏だと思います。

その彼が我慢の限界を感じて「距離を置きたい。」と言われたんですね。
だから、今は寂しいけれどナドさんから連絡はしない状態だと。
そして、彼をコントロールしようとしていた自分を反省して、彼をもっと大事にしようとしているなんて、ナドさんもまた心優しい乙女のようです。

また、ナドさんは「私が彼に依存していたから」ともおっしゃっています。
冷却期間中の今も依存しているから、たとえ彼が戻って来ても「私は依存し続けるだろう。」と思っているんですね。

本当にそうでしょうか?
どんな問題も、現状に気付けていないために、起きていることがほとんどです。

ナドさんは現状に気付いていますよね。
気付けば変わることが出来ます。そして、謙虚になれます。
「ああ、私は彼を自分のやり方でコントロールしようとしていたんだな。」
「ついつい、彼に依存してしまっていたんだ。」
これを知っているのと知らないのでは、雲泥の差です。

>向こうのほうからは何も連絡がないから、あっちは自分がいなくても平気なんだと思って、自分は必要ないんだと思って死にたくなります。

彼も辛いのですよ。
同学年だとしたら、彼にも余裕がありません。
受験のことも気にかかるでしょう。

ナドさんと彼の心の状態は、お互いに辛さと苦しさの綱引きをしているようなものですね。
まずナドさんの方から、その綱引きの綱をゆるめてみませんか?
彼へのコントロールと依存に気付けたんですから、彼を大事にする思いの方に、もっと意識を向けるだけで、ゆるめることが出来ます。

・元々のナドさんの性格はポジティブ
・実際に死にたいわけではなくて本当は生きたい

彼が大好きなのは、ポジティブで明るくて元気で楽しいナドさんです。
かと言って、今のネガティブで落ち込んでいる自分を嫌わないでください。
【人は、必ず表裏の両面を持ち合わせているものです。】

だから、一所懸命今の自分に出来ることやろうとしている自分を労わってあげてください。
そうすれば、必ず本来のポジティブで元気なナドさんを取り戻すことが出来ます。
それが、あなたらしく生きることにつながります。

>自分は鬱なんでしょうか。

カウンセラーは医師ではないので、病名について意見を言うことは出来ません。
また、病院は患者さんが自分で病名を決めつけて行くところではありませんよね。
ならば、心が楽になる方法の一つとして、一度受診されてみてはいかがですか?
誰もそれがおかしいなんて、思ったりしませんからご安心ください。
心療内科とカウンセリングを併用されている方も、たくさんいらっしゃいますよ。

・学校では役職についているけれど本当はやめたいのに周りの視線が怖くてやめられない
・大学受験に失敗していないか心配
・彼氏にふられるのではないかと心配

これらのことは、全部未来の予測ですね。
未来に対する結果は、誰も知ることが出来ません。
つまり、予測しているのとは違う場合も多々あるということです。

役職については、ご自分で立候補されたのか選出されたのか分かりませんが、きっとナドさんはその役職に相応しいからこそ就かれたのだと思います。
人が認める優秀さをお持ちなんでしょうね。

でも、どうしても負担に感じるのなら人の目を気にするよりも自分の心に素直になってください。
これは実際にやってみて初めて解るのですが、案外にすんなり周りに受け入れられることもあるのですよ。

大学受験に関しては、もちろん合格する可能性だってあります。
「もし落ちたら?」と考えると怖いんですね。
でも怖がらずに、具体的に向き合ってみましょう。

どうしてもその大学に行きたいのに駄目だったなら、来年もう一度チャレンジすることだってできます。
他の大学でも良い、というのなら今の実力でも入れるところはあるはずです。
あるいは、大学には行かないという選択肢だってあるのですよ。

なぜ、大学に行きたいのか?
を自問してみたら、その答えの中に方向性が見えそうですね。

どうぞ、自分の人生は「これしかない。」とは思わないでください。
ナドさんが納得して決めたことなら、どの道を選んで歩いても良いことを知っていただきたいのです。

彼は、ポジティブなナドさんに戻ってくれることを願っているはずです。
だって、そんなナドさんが大好きだから。

何よりも、まずは本来の自分を取り戻しましょう!

もう一度言いますが、人は、必ず表裏の両面を持ち合わせているものです。
ネガティブな自分を嫌うことなく受け入れて、今の自分に出来ることをやってみてください。

ナドさんを応援してくれる人と一緒に取り組めば、より安心感を得られることでしょう。
カウンセリングをご利用になってみるのもお勧めですよ。

今回はご相談くださって、ありがとうございました。

佐藤まゆみ

この記事を書いたカウンセラー

About Author

佐藤 まゆみ

1957年生まれのシニア世代。 自身の豊富な人生経験を生かした、自分らしく生きていくためのサポートが好評を得る。 得意ジャンルは、対人関係・自己啓発・恋愛。 “何かを始めるのに遅すぎることはない”の言葉通り、いくつになっても新しい人生を切り開いていけることを、身をもって実践している。