不倫

相談者名
あや
現在、不倫をしてます。私は27歳で、相手は46歳です。
私はいままで、ちゃんとした恋愛をしたがないです。
でも、むしろ常に誰か周りにいないと不安なので、常に誰かは彼氏はいるのですが、いつも、相手の事は好きじゃないどころか、嫌いでした。
そういう風に、自分が見下せる相手じゃないと、恐くて関係を築けないのです。
かと言って、一人でいることができなくて、たとえ自分が見下しているような相手でも誰かが気にかけてくれていないと不安なのです。
でも、自分は相手のことを見下してるので、友達に紹介したことは一度もないし、暴力をふるわれたりしたこともあったけど、でも、また、そこに依存してしまうのです。
そして好きな人ができた時は、誰にも(仲のいい女友達1人にも)打ち明けれずに胸の奥底に秘めたまま、何年間も思い続けたりしました。そして、彼の事は全然好きじゃないみたいに振る舞って、他にどうでもいい彼氏を作って、私はこっちだから!みたいに本当の自分を隠す隠れ蓑にもしてしまうのです。
そういう自分の恋愛パターンが嫌だと思って、直そうと努力してきました。
今回の彼の事は本当に心から好きだと思うのですが、不倫だし、この歳の差だし、この恋愛もやはり間違ってるんだろうなと思うのですが、どうしたらいいのかわかりません。
父親はアルコール依存症で、私は父がシラフでいるところを見た事がありません。
父にかわいがられた記憶はありません。寂しく思っていたのだと思います。
父が私に興味を示したり、怒られた記憶すらなく、ただ、彼の言う通りにいつもしないと、暴力をふるわれたりしました。やはり父親との関係がうまくいってないから、こんなに年上の人と不倫関係になってしまうのでしょうか。自分はアダルトチルドレンだと思って、本を読んだり、自分なりにも勉強はしました。この恋愛もやはり間違っているのでしょうか?でもどうやって抜け出したらいいのかわかりません。あと、不倫である、なしに関わらずとも、どうやって相手と関係を築いたらいいのかもわかりません。
プロの方から見て、心理学的にどう解釈されるのかにもとても興味があります。よろしくお願いします。
カウンセラー
下村ひろみ
あやさんへ
この度はご相談をお寄せいただきましてありがとうございます。
担当させていただきます 下村ひろみ と申します。どうぞよろしくお願いいたします。

これまであやさんは恋愛する度にいっぱい悩んでこられたのかも知れません。
本を読んでお勉強してご自分で何とか抜け出そうと努力されたんですね。
あやさんがなぜこのような恋愛を選んでしまうのか、まずはそうなる理由を知って抜け出す手掛かりを掴んでいただければと思います。

>私はいままで、ちゃんとした恋愛をしたがないです。
でも、むしろ常に誰か周りにいないと不安なので、常に誰かは彼氏はいるのですが、いつも、相手の事は好きじゃないどころか、嫌いでした。そういう風に、自分が見下せる相手じゃないと、恐くて関係を築けないのです。
かと言って、一人でいることができなくて、たとえ自分が見下しているような相手でも誰かが気にかけてくれていないと不安なのです。

見下す相手というのは尊敬できない、又は好きではないけど離れることもできないという意味に捉えてよろしいでしょうか?
だとすれば独りになる不安からの逃避先を捜しているような感じかも知れませんね。

常に誰かがいないと不安ということは、独りになると湧きあがってくる嫌な感情があるのですね。
その感情を感じたくない為に好きでもない相手と一緒にいる。その感情を感じることがあやさんにとって何よりツライのかも知れませんよね。
それ位のツラさをあやさんは心に抱えたままずっと生きてこられたのだと思います。

思わず目を背けたくなってしまうかも知れません。
もしそうだとしたら無理をせず、じっくりと時間をかけて少しずつ向き合っていただけたらと思います。

>父親はアルコール依存症で、私は父がシラフでいるところを見た事がありません。
父にかわいがられた記憶はありません。寂しく思っていたのだと思います。父が私に興味を示したり、怒られた記憶すらなく、ただ、彼の言う通りにいつもしないと、暴力をふるわれたりしました。

子供にとってお父様から興味を示されたことがない、かわいがられた記憶がないとしたらとても寂しいですよね。実の親にも愛されていないんじゃないか、見捨てられてしまうのではないか、そんな怖れがあやさんの中にずっとあったのかも知れませんね。
言うことをきかないと暴力を振るわれるとしたら家庭の中でどれだけ怖い想いをされただろうと思います。

子供ですからね、甘えたい時もあったでしょう。わがままを聞いてもらいたい時もあったでしょう。お父様が怖くてその当たり前の願望さえいつしか諦めてしまわれたかも知れません。

あやさんが彼とお付き合いすることで手にはいっているモノとは一体何があるでしょうか?
安心感や包容力等を求めているとしたら本来お父様からもらいたかったものかも知れませんね。

そう聞かれてもなかなかピンとこないかも知れません。
あまりにもツライ記憶は無意識の中に抑圧されて感じられなくなっている場合も少なくありません。
その場合はいっぱい我慢していた自分をただ感じてあげてくださいね。

暴力を使って相手を自分の思い通りに動かそうとすることを、心理学の言葉で力によるコントロールと呼んでいます。
お父さんからコントロールをされた時あやさんはどんな気持ちがされたでしょうか?

「はい、喜んでそうします」という人は多分いませんよね。
納得がいかなかったり、怒りが湧いてきたり、悲しくなったかも知れませんよね。
こちらの言い分を聞いてももらえない、言う通りにしないと暴力を振るわれるとしたら嫌々それに従うしかないですものね。

きっとあやさんの心の中にはお父様への蓄積された不満や怒り、大きな憎しみなどが残っているのでしょう。

コントロールする側とされる側とは本当の意味の心の繋がりではなく、力関係で成り立っているようなものですから心の中に大きな壁が出来てしまいます。お父さん側も娘に暴力を振るう訳ですから罪悪感を感じない訳がありません。罪悪感がますますコントロールを強めてしまいます。結果的にあやさんとお父さんとの間には気持ちのやり取りが出来ず、心理的に大きな距離が出来てしまったのでしょう。

子供時代のようにコントロールされるのはもうご免だわと思うと大人になったらコントロールする側に回るか、コントロールされない位の関係性でいたくなります。
見下す相手とは自分が自由自在にコントロール出来る相手なのかも知れませんね。
コントロールする側もされる側も本当の意味では自由ではないんですよね。

>不倫である、なしに関わらずとも、どうやって相手と関係を築いたらいいのかもわかりません。

お父様が心理的に遠い存在であったことがやはり大きく関係していると思います。
物理的にはだれかが周りにいるのですが、心理的には心を開かずに遠い距離感のままだということです。

心の距離を縮めるためには、本当に言いたい気持ちを伝え合う必要があります。
子供の頃あやさんが本当の気持ちを受け入れてもらえなかったとすれば、大人になっても受け入れてもらえるとはなかなか思えないものです。
本当の自分の気持ちが何なのかさえもわからなくなってしまうんなんて事がよく起こります。
それ位我慢するという方法があやさんのパターンになっていると考えられます。

本当の気持ちを見せ合うことで心の距離を縮めていくのですが、これはとても勇気がいりますよね。
拒絶される恐れがあるとなかなか本心を見せることが出来ませんからね。
すると心理的なブロックがかかりこれ以上は近づけなくなってしまうのです。
本当に言いたい事とは怒りでもなく恨み辛みでもなくその下に潜んでいる感情なんですね。

遠い距離というのは防衛できる距離でもあるのです。人との関係が遠いなと感じる時はまだ隠しておきたい自分がいるんだ。まだ心に傷を抱えていると捉えてみてくださいね。

本当はお父様に何と言いたかったのでしょうか?
「怖いよ」って言いたかったのかも知れません。「助けて」って言いたかったのかも知れません。
そしてお父様から欲しかったものがあるとすれば一体何だったのでしょうか?

「安心感」「頼りたい気持ち」「温かさ」等、当然のように父親に求めると思うのです。
本当は不安な時にお父様に寄り添って側にいて欲しかったのかも知れませんね。

そんな満たされなかった欲求を恋愛相手に求めてしまうとしても仕方がないとも言えます。

あやさん、これまでツライ状況にも耐えてこられましたね。
まずは頑張った自分自身をいっぱい褒めてあげましょうね。
そして心の準備が整ったら次のステップとしてお父様の気持ちと向き合っていただければと思います。

恐らくお父様はアルコールしか依存するものがなかったのですよね。
お父様はアルコールに依存することでどんな感情から逃げたかったのでしょうか?

私はあやさんからのメールを拝見して、お父様はあやさんに関心を持って欲しかったのかな!? それ位寂しかったのかな!? 威圧的な態度でしか娘とコミュニケーションが取れなかったのかな!? と感じました。

お父さんの気持ちを理解することはあやさんにとってはものすごく抵抗があるかと思います。
すぐに出来なくてもかまいませんが、少しだけでも理解してみようとする気持ちが結果的にあやさんの心を埋めていく作業になると思います。
ここはとてもツライ作業になりますから、ひとりで頑張ろうとは思わないでくださいね。

認めたくない気持ちが出てくるかも知れません。
猛烈な怒りや嫌悪感が湧いてくるかも知れません。
でもね、どんな感情を感じてもOKですよ。
あらゆる感情を心おきなく吐き出してあげるところから始めてもらえたらと思います。

あやさんの人生は自分で切り開く事が出来るし、これからあやさんの望む人生を手に入れることが出来ます。
自分では何もできないような気がされるかも知れませんが、まだ本当の意味であやさんの欲しい物をあやさん自身が望んでいらっしゃらないように感じました。

この状態を抜け出すためには彼に満たしてもらおうとする事から、私はどうしたいかという意識を取り戻す事が大切なんです。

急には出来ないかも知れませんがひとつひとつステップを踏みながらゆっくりと進んでもらえたらと思っています。

そしてこれからは堂々と精一杯人生を楽しんでもらいと私は思いました。
そして自信を持って友達に紹介出来る、誇りを持ってお付き合いできる関係を彼と作ってもらいたいんです。

>この恋愛もやはり間違っているのでしょうか?でもどうやって抜け出したらいいのかわかりません。あと、不倫である、なしに関わらずとも、どうやって相手と関係を築いたらいいのかもわかりません。

まずは自分を愛することから始めてくださいね。
自分の存在を認め、自分を大切に扱ってあげてくださね。
あやさんは愛されるべき存在なのです。
間違いか正しいかではなくあやさん自身が幸せになることを選択してもらえればと思っています。

ご参考になれば幸いです。

下村ひろみ

この記事を書いたカウンセラー

About Author

下村 ひろみ

夫婦問題(復縁・離婚・倦怠期・浮気 等)を得意とし、恋愛、家族問題、人間関係の問題を扱う。カウンセリング実績は2700件以上。 お客様の心に寄り添い、常に味方でいることを心がけている。「夫婦関係が修復できた」「彼と和解できた」「人付き合いが楽になった」と高い評価を得ている。