私はどうすればいいのでしょうか。

相談者名
曇天
両親のケンカと私のことで相談しました。
私は子供の頃から両親のケンカが嫌でした。
ケンカなんて誰も嫌でしょうが、子供の頃の私は本当に嫌でした。
子供ころは両親がケンカしているときは、じっと黙って(夜なら)布団に隠れて寝たフリして耐える、(昼間なら)その場に黙り込んで座って嵐が過ぎるのを待っていました。それが原因かは分かりませんが、反抗期がない子になりました。
でも、私も20歳を超え、いろいろ考えるようになり、両親がケンカすることにもイライラするようになりました。
ですが、自分の性格なのでしょうか、本当なら両親にいろいろ言えばいいのでしょうが、どうしても親の顔色と自分の心のことを考えてなにも言えなくなってしまうのです。
なにか言えば、逆に「親の間のことなんだから口出ししないの。」と言われたこともあります。
ですが、娘ですからなにか言いたくもなってしまいます。
大学に通っているころにあったことなのですが、両親が休みが出来たとかで県外に一人暮らしをしていた私の部屋に遊びに来たときも両親がケンカしたんです。
そのとき、なにを思いつめたのか、いろいろ考えすぎて抱え込み過ぎたのか、両親が泊まりに来た日の夜に部屋で倒れたのです。
運がよかったことにその時は、大事には至りませんでしたが、診察した先生曰く、ストレスを溜めすぎたことによる自律神経の乱れから来ためまいだと言われました。
それからは、先生に処方して頂いた漢方薬を飲むようにしています。
こんな私ですが、両親にはきちんと自分の気持ちを伝えたほうがいいのでしょうか。それとも両親のケンカです。何も言わずにいたほうがいいのでしょうか。
相談内容がわかりずらかったらすみません。
どうかよろしくお願いします。
カウンセラー
三枝みき
曇天さん、こんにちは。初めまして。
今回、曇天さんのご相談を担当させていただきます、三枝みきと申します。
どうぞよろしくお願い致します。曇天さんはご両親のケンカについて、ずっと小さいころから心を痛めて来られたのですね。
昼でも夜でも、ただ黙って嵐が過ぎるのを待っていたなんて、本当に怖かったでしょうし、辛かったでしょうね。
それなのにずっとご両親のことを思いやり、気遣って来られたこと、曇天さんはとってもご家族思いで、愛情深い、心の優しいお嬢さんだと思います。

それではこれから、そんな曇天さんが毎日を心安らかに、ご両親とももっとうまくやっていけるように、また曇り空ではなく雲一つない青空のような清々しい気持ちで過ごしていけますよう、一緒に考えていきましょうね。

さて、私たちはどんな人でも大なり小なり、心で感じることを普段から抑え込んでいることが多いです。
また、子どもから大人へと成長していく過程でも、辛かったことや悲しかったこと、寂しかったことや怖かったことも、抑え込むことでやり過ごして大人になっていくことが多いようです。
そして、子どもの頃に抑え込んだ辛い感情は、抑え込んで表面上は出て来なくなったとしても、心の奥深くでは傷となって(インナーチャイルドとも言われます)残っているものです。

曇天さんの子ども時代、「両親のケンカが嫌だ」と感じていた気持ちはきっと、曇天さんが思っている以上に大きいものだったのでしょうね。
抑え込んでしまったけれど、とても大きな痛みが傷となって、今でも曇天さんの心の奥深くに残っているのかもしれないと、私は思います。
それは表面上は治ったように見えても、心の奥の方ではまだ癒えていなくて、だからそこに触れるような出来事、つまり過去に辛かったのと同じような出来事があると大きな反応が出てきてしまうのかなとも。

大学時代に倒れてしまったのは、もしかしたらそういうことだったのではないでしょうか。
お医者さんのおっしゃることももっともだと、私は思いましたよ。

幼い子どもにとっては、家庭が世界のすべてです。
両親は子どもにとっては、神様のような存在でもあります。
そんな子供の世界の中で両親がケンカをしているというのは、ある意味、その子にとっては紛争地帯で生きているように感じることもあるようです。
トラウマのようになってしまうことも、感受性の豊かなお子さんなら十分にあり得ます。

だとしたら、私は曇天さんにはぜひ、その心の傷を癒していくことを一番に始めて欲しいなと思います。
具体的には誰か信頼できる人に話して受け止めてもらう、ということが一番ですが、もしも身近にそういう人がいなければ、私たちカウンセラーを使っていただければと思います。
初回無料の電話カウンセリングもございますので、よろしかったら一度お試しくださいね。

そして、少しずつ心が元気になってきたてから、ご両親のことは考えてみたほうがいいと思います。
もちろん、ご自身を癒していく過程の中で、一時的に両親への怒りが強くなったりすることもあると思います。
でも、すぐにぶつけずに、まずはご自身の癒しを最優先して欲しいんですね。

なぜかというとーー私もそうなのですがーー、親はどうしても子どもに対してはものすごく大きな罪悪感を持っていたりします。
罪悪感があると、大抵の人はどうしても「責められている」ように感じてしまうものなんですね。
つまり、曇天さんがご自身の想いを素直に伝えたとしても、曇天さんにそのつもりが全くなくても、ご両親のほうとしては、曇天さんに「責められた」ように感じてしまう可能性があるのです。
それはあまり、いい結果にならないと思います。

ですからまずはご自身が元気になること、心の傷を癒していくこと、そうしてから改めて、ご両親に素直な気持ちを伝えることにチャレンジしてみてください。
そういう状況になってからなら、ご自身の気持ちをきちんと伝えることがきっといい結果を生むはずです。
今からでもご両親にしっかりと受け止めてもらうこと、過去の痛みを分かってもらうことで、曇天さんはもっともっと癒されて、しあわせに向かっていくことが出来るようになるはずですからね。

そうしてもうひとつ、ご両親とご自分の間に、大人の距離感を作っていくことが出来るといいですね。

「お母さんはお母さん、お父さんはお父さん、私は私」
「お父さんとお母さんの問題はふたりが解決する。私が背負わなくていい」

そんなふうに心から思えるようになれたとき、曇天さんは今までの生き辛さや、ご両親へのイライラや怒りなどを手放して、自由に生きることが出来るでしょう。
それが何よりの、ご両親への親孝行になると私は思います。
ですからどうかまず、何度も書きますが、ご自身の癒しを最優先にしてあげて下さいね。

以上、長文をお読みいただき、ありがとうございました。
この回答が少しでも、曇天さんのお役に立てれば幸いです。
曇天さんがこれからの毎日を元気に楽しく過ごしていけますよう、心より応援していますね。

三枝 みき

この記事を書いたカウンセラー

About Author

三枝 みき

家族や親子の問題、子育て、友人との関係など対人関係の問題や、罪悪感、自己否定など心や性格についての問題を得意とする。 長女の自傷と強迫性障害がきっかけでカウンセラーとなる。特に母子関係については、自身が母との問題、娘との問題の両方を経験しており、ライフワークとして取り組んでいる。