安心感や楽しさなど

相談者名
もえみ
34歳独身女性です。
父親が強迫的、母親が不安定な人だったせいか、小さい頃から心からの安心感のようなものを味わったことがありません。
常に何か足りなく、短大卒業後に勤めた会社を辞め、旅に出たり、学校に入りなおしたり、派遣の仕事やバイトをしたりしてきました。
新しいことに飛び込むことは難なくできるのですが、長続きしません。
どの場所でも人間関係の輪に入れず、存在感のない人になります。
自分一人で何かをするのが楽しく、人といても疲れるだけです。
かといって何日も人と話さないと寂しくなります。
こんな言い方はおかしいかもしれませんが、この世の生活に興味がないというか。。。
人間関係や自分の外見、物、服など物質的なものに興味がないのです。
精神世界、考えることに興味があるくらいです。
どう社会生活を送っていけばいいのか、何をしたら満たされるのかわかりません。
今も半ばひきこもり状態で、何をしたらいいのだろう?と頭の中だけで考えて身体は動かない状態です。
いつか結婚したり子供を産んだりするだろうと思っていたはずなのに、
この先どうなってしまうんだろう?どうすればいいんだろう?
何をしても楽しくないのでは?と考えてしまいます。
カウンセラー
岡田英里子
もえみさん、こんにちは。ご相談ありがとうございます。
初めまして。お返事を書かせていただきますカウンセラーの岡田です。
よろしくお願いします。

安心感のない生活は危険な感じをどこかでずっと感じながら生活するわけですから毎
日が張りつめていてとても疲れます。
もえみさんはそれでも長い間自分を満たしてくれる物を探し続けて心の旅をしたきた
ようだし、いろんなことにチャレンジしてきたようですね。
今までにもたくさんのエネルギーを費やしてがんばってきたのではないかと思います。
世の中には何もせずにはじめからあきらめてしまっている人もたくさんいることでしょ
う。
もえみさんは違います。
今も探し続けていますよね。
私はこれは誰にでもできることではないと思います。
今は探し疲れてしまって燃料切れでもう動けない、もしくはそんなものはもう見つか
らないんじゃないかと半ばあきらめの気持ちもあるようですよね。
今の状態では「今まで長い時間をかけて見つけられなかったから、これから先もきっ
と見つけられないだろう。」と思ってしまいますよね。
探すのをやめてしまったら、そこで終わりです。
でも、もえみさんはきっと探し続けるんでしょうね。
会ったこともないですけど、私にはそう思えます。

「自分を満たしてくれるもの」とは何なんでしょうか?

多くの場合、そのカギとなるのは『人』だと思うんですね。
どんな職業もどんな本もどんな商品もその向こう側には『人』がいます。
それを必要としている『人』がいるわけです。
一人きりで描く絵でさえ『人』に何かを伝える手段なわけですから、
誰かがその絵を見て何かを感じて初めてその絵は意味を持つのではないでしょうか。
私は描き手はそのとき初めて「描いてよかった。」という気持ちになれるのではない
かと思います。
私は誰かが「ありがとう。」と言ってくれたり、喜んでくれたり、反応があったとき
に『やりがい』を感じることができるんじゃないかと思うんです。

一人で考えるのが好きでもかまわないと思います。
でも、満たされるものを探していくとき間接的にでも『人』の存在があります。
『人』との間にある障害を取り除いていくことがもえみさんの今の辛い気持ちやしん
どいさを軽くしてくれると思います。

でも、それだけ新しいことにチャレンジすることは怖がらずにできるのに人の何がそ
んなに恐いのでしょうか?
何がもえみさんを一番疲れさせるのでしょうか?
疲れてしまうときの多くは我慢していたり、無理をしていたりするときです。
また、緊張感もとても疲れてしまいます。
とうことは、多くの『人』はもえみさんにとって自分を傷つけてきた存在なのでしょ
うか。
存在感のない人になってしまうのは傷つくことを恐れてのことでしょうか?
傷つかないために身につけた防衛法のようなものなのかもしれませんね。
今のままではこれ以上傷つかなくてすむけど、今以上満たされることもない状態でしょ
う。
考えて動けないときは『恐れ』に支配されていることが多いものです。
恐いから考える、考え過ぎると動けない、また恐くなるから考える・・・この繰り返
しになってしまいます。
『恐れ』はその正体を知れば解消されることも多いのですが、それを一人でするのは
難しい作業かもしれません。
誰かとこのことについて話すことも役に立つと思います。
話しながら、一つずつ恐れが消えていくこともあるのです。
一人でしなくてもいいのです。
私たちカウンセラーはそのお手伝いをするためにいるのですから。
無料の電話カウンセリングなどもありますから、よければ利用してみてくださいね。
最後に伝えたいことはもえみさんの中にはたくさんの勇気あるということです。
本当にここに相談してくれてありがとうございました。

少しでも参考にしていただければ幸いです。
ご相談ありがとうございました。

岡田英里子

この記事を書いたカウンセラー

About Author

岡田 えりこ

家族を失った悲しみを乗り越えた経験や、燃え尽き症候群を克服し社会復帰した経験を持ち、<生死の問題><自分自身の生き方><対人関係から恋愛の問題>まで幅広いジャンルをサポートする。 感情や感覚の深い部分に寄り添い、本来の自分を取り戻して笑顔になれるようにサポートすることを信条としている。