彼女との今後の関係について

カウンセリングサービス・無料相談コーナー

ご相談事例集(バックナンバー)

タイトル一覧へ戻る

タイトル
彼女との今後の関係について
相談者名
SS
数ヶ月前に彼女が妊娠していたことがわかりました。結婚を意識し家族と挨拶を済ませていたことから結婚を考えていましたが、彼女は就職活動をしていた時期で、今後仕事に復帰できない不安さや、子供を持つことで自由がなくなることへの不安などがあり、中絶を希望しました。
決意の固さを感じ、新しい職場が決まったことから、中絶に同意しました。術後出血が止まらなかったことや、手術後3日目で新しい職場に出勤したことで、疲れと酷いストレスがあったようです。
手術が終わるまでは一緒にいましたが、術後しばらくそっとして欲しいという連絡があり、病院の定期検査の結果連絡はありましたが、会うことはできませんでした。
彼女の体は手術後にも細胞が残っており、回復まで6週間かかりました。しかし、精神状態が不安定で連絡がないまま、突然、別れたいという連絡がきました。
彼女は手術をした後から私への恋愛感情がなくなり、今までのことを思い起こしても好きだという感情に戻れなかった。私からの彼女への気持ちに応えることができなくなったと言われました。ただ、そのときの彼女はとても話し合うとかできる雰囲気ではなく彼女も話すのが精一杯という感じでありました。
その場は不安定な気持ちがなくなり、気持ちが落ち着いても私への感情が戻らないのであれば別れることも仕方ないが、それまでは決めないで欲しい。彼女から私へ連絡してもよいと思うまでは私からは連絡せずに待っているということになりました。
私の彼女への気持は強く、今後の人生で彼女なしでいるということは正直考えられません。このような状態で、今後、私は彼女に何ができるのでしょうか?
彼女の性格は負けず嫌いで、責任感が強いです。以前勤めていた会社では不定時勤務でストレスがたまり、鬱になり退社をしています。また、言いたいことを言葉にするのが苦手で、そのような状態が続くと過呼吸になるなどの症状があります。芯が強いというよりも弱いところを見せたくないタイプだと思います。また、最近、父親を亡くしています。
曖昧な相談で申し訳ありません。次に彼女に会ったときに最悪の結論になるかもしれませんが、自分の気持ちの整理をしておかないと、正直、取り乱すような気がします。今後へのアドバイスなど受けられたらと思います。よろしくお願いします。
カウンセラー
近藤あきとし
SSさん はじめまして。
近藤あきとしと申します。
今回はご相談をお寄せくださいましてありがとうございます。
どうぞよろしくお願いいたします。

SSさんと彼女とお二人ともにとてもしんどい状況ですね。
もういっぱいいっぱいという状態のように感じました。

中絶というのは女性にとっては心身共に大変に負担のかかる出来事ですから、
その痛みと苦しみから抜け出るには多くの時間も労力も必要だと思います。

また、私もSSさんも男性ですから妊娠をすることは生涯無い体だけに、
本当の意味で彼女の苦しみを理解はできないかもしれません。

でも、彼女が手術を決意した時にはSSさんにも体を引き裂かれるような痛みを
感じたのではないでしょうか?そういった意味では彼女の痛みに寄りそうことは
出来ると思いますよ。彼女一人の痛みではないはずですから。

ただ彼女はどこかで私一人だけ、という孤独を感じているのかもしれませんね。
それも今だけではなくて、ずっと前からそうだったような気がします。
だからこそ、以前の職場での鬱状態というのもあったのではないかと思います。

もしかしたら彼女には中絶以前からの問題があったのかもしれませんよね。
思ったことが上手く言えなくて、不平不満もあまり口にしなかったでしょうし
責任感は強いとなると、自分が頑張らなきゃと、おそらく普通ではない
努力と頑張りで今まで生きてきたのではないでしょうか?

そしてその分だけ、彼女には心に詰まっている感じてこらられなかった感情が
たくさんありそうですね。今は怒りと罪悪感でいっぱい、なんじゃないかと思います。

手術は彼女が自分で決めたこととはいえ、自分の中に宿った命の火を消さなくては
いけないこと、もしかした助けられたんじゃないかという思い。喪失感と罪悪感、
そして心身の痛みと苦痛はずっと彼女を苦しめているんだと思います。そして
彼女はそれら全てを自分のせいだから、と思って自分自身を責め続けているのかも
しれません。

だとしたら、少なくとも彼女は自分のことを良い存在だとは思えないですよね。
むしろ、してはいけないことをしてしまった悪いコトをしてしまった奴なんだと
感じているかもしれないんです。だからこそSSさんの愛情を感じれば感じるほど
受け取れずに拒否をするしかないのかもしれません。

だから彼女はSSさんのことを嫌いになったわけではないんだと思います。
ただ私にはあなたからの愛情を受け取る資格はありません、という形で自分を
責めているのだと思いますよ。

今SSが彼女にできることは、思っていることを誠意をもって伝えることだと
思います。メールにあったように、今後の人生を彼女と共に生きていきたい
のであれば、そのことを彼女とキチンと向き合って伝えてみてください。
先ほど上げたような彼女の痛みをくみ取った上で。

そして彼女の言うことも全て受け入れてあげてくださいね。
そうしてコミュニケーションを取っていくことで、二人はどうしていきたいのか、
どうしていくのがベストなのかが見えてくると思いますよ。

その中で彼女が少し距離を置きたいというのであれば、それを受け入れることも
必要になってくると思います。今は彼女の気持ちを最優先にしてあげましょう。

SSさんにとっては辛い期間になるかもしれませんが、そういう時こそカウンセリングを
利用してくださいね。

一度詳しくお話を聞かせてもらえたらと思います。

今回はご相談ありがとうございました。

近藤あきとし

 

この記事を書いたカウンセラー

About Author

近藤 あきとし

超自立男性との恋愛・コミュニケーションに関わるお悩み・慢性的な生きづらさの解消などを得意とする。 理論的な“心理分析”と、感覚を使った“心理セラピー”を活用する多面的なサポートが好評。 問題の裏に隠れた「真実の物語」を読み解き「自分の本質を生きる」ことを目指すカウンセリングを提供している。