働くということと、今後の自分の生き方がわからない

相談者名
あい
仕事に対する考え方がわからなくなり混乱気味で、今後の自分の生き方までわからなくなってしまっています。
時系列でお話させてください。
私は大学在学中、特にやりたいこともなく、就活の時は「女性でも安心して働ける環境がいいな」程度の考えでしたが、運良く第一志望だった某大手企業に内定をもらい、新卒で入社しました。
入社後は非常に恵まれた環境で働かせてもらいましたが、当初は初めての社会経験で仕事そのものが難しく、悩むことが多かったです。
数年経つと今度は責任ある仕事を任されるようになり、そのプレッシャーに苦しみました。常に仕事のことで悩んでいて、この会社で一生働くのか?本当にやりたいことなのか?といつも考えていました。
そんな中、入社5年目で結婚。夫の理解もあって、この結婚を機に退職しました。
一度家庭に入り、落ち着いて自分のこれからやりたいことを見つめようと思いました。
ここから数ヶ月は専業主婦として家事をしていましたが、この期間に「働きたい」という気持ちが強くなり、就職することにしました。
就職先は、前に勤めていた企業とは異業種ですが、大学時代に関連資格を取っていたのですぐに採用してもらえました。大学の専攻や資格も活かせる専門的な仕事です。
今、ここに入社して1年になります。仕事にはやりがいがあります。
ただ会社の規模がとても小さく、少人数の職場特有の難しさを感じています(特に人間関係)。
そしてそのストレスがだんだん大きくなり、辞めたいと思うようになりました。
でも、そんな自分が嫌になり、人生そのものが嫌になってきてしまったんです。
大手企業に勤めても仕事のプレッシャーに悩み結婚退職、専業主婦になったら働きたいと思い、専門的な仕事に就いたら人間関係に悩み辞めたいと思う。
一体自分はどんな仕事なら楽しく働けるんだろう。自分次第であり環境のせいにするつもりはありません。だからこそ自分が嫌になります。どんなに恵まれていてもストレスに負けてしまう。
働くことは生きる中でとても大切なこと。でもいくら自分の希望を叶えても、働くことに喜びを見出せない自分、苦痛ばかり感じてしまう自分は、働くことどころか生きることに向いてないのではないかと思うのです。もう働きたくもないし、けれど家庭に入ればまた働きたくなる。どう生きていけばいいのかわかりません
カウンセラー
池尾昌紀
あいさん、はじめまして。
池尾昌紀と申します。
ご相談ありがとうございます。

働くことができない、喜びを感じることができないというご相談。
しかし、ご相談の最後の言葉「どう生きていけばいいのかわかりません」が象徴しているように、これは仕事の話に止まらない、生きることに対する苦しみのご相談です。

この苦しみをやわらげていくためには、仕事に関する問題だけに焦点を当てないことが大切なポイントになります。

あいさんは「大手企業に勤めても仕事のプレッシャーに悩み結婚退職、専業主婦になったら働きたいと思い、専門的な仕事に就いたら人間関係に悩み辞めたいと思う」と書かれた後、「一体自分はどんな仕事なら楽しく働けるんだろう」とご自身の仕事への取り組みが後ろ向きであることを書かれています。

しかし、これは、仕事のプレッシャー、働いてない時は働きたくなる、職場の人間関係がうまくいかない、ということが問題の根本にあるのではありません。

元になっているのは「自分に厳しさを強く求め、きちんとやらなければ自分に価値はない」という心理。
あいさんが誠実で、きちんとしていて、責任感が強くて、大変ながんばり屋だからこそ、感じる苦しみなのです。

あいさんは、文面から、仕事に前向きになれないことを強く責めておられます。
しかし、仕事に対して意欲がなかったり、いい加減だったり、無責任だったりしたら、こうした苦しみを感じることはありません。
仕事がうまくいってなくても、これほど自分を責めることはないはずなのです。

あいさんの苦しみを減らすためには、あなたの本当の価値を知ることがとても大切な視点になります。
仕事ができない、楽しめない、という出来ていないところを見るのではなく、先にも述べました、どれほど責任感が強くて、誠実で、がんばり屋であるか。
だからこそ、仕事に対して何かしらの問題を抱える自分が許せないのです。

働くことは、誰でも何かしら、苦しさや大変さを感じるのが自然なこと。
仕事を楽しめないこと、そんなことも出てくるものです。

まずは、誰でもそう感じることなのだ、と思ってみましょう。
そして、責任感・誠実さが人一倍強いから、そう感じる自分が許せないのだ、と思ってみましょう。

普通なら、少しぐらいいい加減でいいや、と妥協するところが、そう思えないのです。
そうした人は、細かすぎるとか、悩みすぎるとか、そんなふうに言われるべきでしょうか。

決してそうではありません。
こんなにも仕事に対して健気でまっすぐな姿勢を持っていることは、素晴らしい価値なのです。

まずは、こうした自分の価値に気づいてあげること。
そして、常に自分を追い込んでしまったり、できない時に責めてしまうことに気づいてあげること。
さらに、自分に厳しすぎる、自分を責めてしまうことが、苦しみの元であることに気づいてあげること。

こんな風に、いつも自分の心の中の厳しさを探してあげて、その上で
「そんなに自分を責めなくていいんだよ」
と自らの心に声をかけてあげるところから始めてみてください。

このやり方をやる時の大切なポイントは、
自分を責める気持ちが止まらない時には、
「自分を責めちゃうのも仕方ないよね」
と、責めてしまう自分をそのまま受け入れてあげること、

自分を褒めたり、自分を責めなくていいと思える時は、それを自らに言ってあげて、
責めるのがやめられない時は、自分を責めちゃうのも仕方ないよね、と言ってあげる。

この二つのどちらか使いやすい方を使って、自分にオッケーを出してあげることをやり続けてみてください。

このやり方を取り入れながら仕事をすると、今よりははるかに仕事への苦しみが減るはずです。

要は、必要以上に自分を責めすぎているのです。
あいさんは、そこまで責められるような人ではありません。
健気すぎるほど、まっすぐな心をお持ちだから、大きすぎるほど自分を責めてしまうのです。

だから、仕事の問題に止まらず、生きることが辛い、という苦しみにつながっていくのですね。
仕事どころか、結婚も、家事も、仕事以外の人間関係も、いつも自分に厳しくなってしまっているのではないでしょうか。

そんなに厳しかったら、生きるのが辛いのが当たり前。
でも、それは誠実に生きようとしているからこその苦しみなのかもしれない、と思ってあげて欲しいのです。

あいさん。
あなたはそれほど健気な人なのです。
そんな自分を褒めて認めてあげてください。

こうした心の持ち主こそ、生きる価値がある人だと私は思います。

少しでもこの回答がお役に立てたら幸いです。
ご相談ありがとうございました。

この記事を書いたカウンセラー

About Author

池尾 昌紀

名古屋を軸に東京・大阪・福岡でカウンセリング・講座講師を担当。男女関係の修復を中心に、仕事、自己価値UP等幅広いジャンルを扱う。 「親しみやすさ・安心感」と「心理分析の鋭さ・問題解決の提案力」を兼ね備えると評され、年間300件以上、10年以上で5千件超のカウンセリング実績持つ実践派。