恋愛が怖い相手への接し方~自信が相手との架け橋を作る~

恋愛が怖いと感じている相手に接していくのは、なかなか大変なことですよね。

近づくと離れていかれる場合、こちらの自信がなくなってしまうこともあります。
でも、恋愛に臆病な人は、一方では近づかれるのが怖いと思いながら、一方では近づいて欲しいという裏腹な気持ちを持っている事があります。

まず自分の自信を回復して、相手に接していくこと。遠回りのようですが、自信アップは魅力アップになり、相手との架け橋を作ることにつながります。

◎リクエストを頂きました◎
===================================
ある男性と知り合い仲良くなりました。
このまま付き合えるかな?と思った頃に、
「必ず終わりを考えてしまうから、恋愛ができない。それに、完璧じゃなくてゴメンね。」
と言われました。

でも、私のことを愛おしく感じたりするのだそうです。
「時間をかけて関係を作っていこう」と言われたのですが、彼の家に行くことを断ってから、毎日のようにあったメールはなくなっていき、お誘いもなくなりました。
彼は、昔、太っていて女の子とも話せない状況だったのが、今は話せるようになり、友だちもたくさんいると語っていたことが関係しているのでしょうか。

彼は恋愛恐怖症なのでしょうか。
自分に価値がないと思っていたり、自信がない人と、どんな風に接したら相手が無理することなく、距離を縮めたり、付き合うということができるでしょうか。
(一部編集させていただきました)
===================================

恋愛をするのが怖い、という気持ちには、いろいろな理由が考えられます。
今回は、その理由を分析し、その上で、「自信」をキーワードにお話を進めていきたいと思います。

◎恋愛で傷つかない方法は「恋愛しないこと」

「必ず終わりを考えてしまう」と発言がありました。これは「もう傷つきたくない」という気持ちの表れではないでしょうか。
例えば、過去に何か傷ついた体験があったりすると、もう二度とこんな思いはしたくない、と思うものですよね。
よくあるケースは、恋愛をしてふられてしまったとか、つき合う前に片思いのまま恋愛が成就しなかった、といった事が考えられます。
今回の場合は、「太っていて女の子と話せなかった」という彼の発言から、例えば、女性から男性として見てもらえなかったといったような「女性に対する不信感や怖れ」を持ってしまったような可能性もあるかもしれません。

もしそうだとすると、「自分には人に愛される価値がない」といういわゆる「無価値感」を感じてしまい、その無価値感が「自信のなさ」を生み、それが自分で自分を縛ってしまうことになります。
すると、こんな価値のない自分には恋愛ができるはずがない、と恋愛や女性との距離が縮まることを避けようとする心理が働いてくることがあります。

そして、そこには、無意識に働く「絶対に恋愛で傷つかない方法」があるんです。
それは、「恋愛をしないこと」なんですね。

最初から恋愛をしない、女性と距離を近づけすぎない。そうすれば、決して傷つくことはありません。
彼の気持ちにはこうした思いがベースになっているのではないでしょうか。

◎「自信がない」は伝染する

それでは、こうした「無価値観」を持ち、自信を持つ事ができない相手に近づくにはどうしたらいいのでしょうか。

今回は、実際に彼に距離を取られている状況もあるので、私としては、どうしたらいいのかわからなくなるし、こちら側の自信もなくなってきますよね。
ところが、自分の自信のなさが、相手に影響を与え、かえって相手との距離を遠ざけてしまうこともあるのですね。
ここで大切なのは、「自信がない」という思いは相手に敏感に伝わってしまう、ということなんです。

自信がない状態で、自信がない人に近づいても、かえってその人の自信のなさを増やしてしまうこともあります。また、自信のない状態では、自分の魅力を発揮するのが怖くてそれを抑えてしまうこともあります。
もしかすると、彼が怖れているのと同じように、自分が怖れてしまっているのかもしれません。

こうした相手というのは、実はその気持ちと裏腹に「恋愛したい」「近づきたい」「近づいて欲しい」というニーズも合わせて持っている場合が多いようです。
ケースバイケースではありますが、彼から距離を置かれた=彼が私を嫌いになった、とは限らないと思うのです。

そこで、まず私が自信を持てるようになる、ということに取り組んでみてはいかがでしょうか。
遠回りのように思われるかもしれません。また、すぐに自信が持てるようになるのが難しいと思われるかもしれません。
ですが、自信をつけることに取り組むことは、私自身の魅力アップにもつながります。自分の魅力が今よりアップしたら、それも彼が振り向いてくれる大きな要素になるのです。

◎自信アップのための方法

自信をつけるための方法をとして、「周りの人に自分の良いところを聞く」というやり方をご紹介させていただきたいと思います。

私達は、自分では気がつかないことが多いのですが、自分に厳しくあたっていることが多いと言われます。
私は自分に甘い、と思っている方ほど、自分に厳しい方が多いようです。
自分に厳しいと、自己評価が自然と厳しくなりますから、自分を褒めることができません。
この自分に厳しいという心理が、自信をなくす理由のひとつになっていることがあるんですね。

自己評価が厳しいと、自分の長所や魅力にも気がつけません。
まず自分の魅力を知って、それを自分のものとすることが大切になります。

そのために、周りの人に自分の良いところ、魅力、才能について聞いてみて下さい。
実は、周りの人は自分よりも自分のことを知っている場合があります。
信頼できる人にたずね、それを紙に書いて毎日音読する。
そうしたことの積み重ねが心に響いて、自信を、そして魅力をアップさせてくれます。

そして、もしできるのなら、彼にも聞いてみて下さい。
いきなりは聞きにくいでしょうから、「自分の自信をアップするための方法を知ったので、手伝ってもらえますか?」みたいに切り出してみる。
そして、「私ばかり言ってもらっても悪いから、あなたの良いところも言わせてもらっていいかな?」みたいにして、彼の良いところも伝えてあげてください。
もしかしたら、このアプローチで、彼自身の自信アップの助けになるかもしれません。

(完)

この記事を書いたカウンセラー

About Author

池尾 昌紀

名古屋を軸に東京・大阪・福岡でカウンセリング・講座講師を担当。男女関係の修復を中心に、仕事、自己価値UP等幅広いジャンルを扱う。 「親しみやすさ・安心感」と「心理分析の鋭さ・問題解決の提案力」を兼ね備えると評され、年間300件以上、10年以上で5千件超のカウンセリング実績持つ実践派。