自分に与えるにもお金がかかる!?~自分を大切にすることとお金の関係~

自分を大切にするとはどういうことでしょうか。

自分に何かを与えようと思っても、お金がかかることが気になる人は多いのではないでしょうか。
お金とはあくまでも交換ツールであり、お金を使って得られる喜びや体験を自分にプレゼントし、いい気分にさせてあげることが大切なのです。
今の自分にできる範囲のことで結構ですので、自分が本当にしたいこと・大好きなことにお金を使うことが、自分を大切にすることにつながります。

***

◎リクエストを頂きました◎
===================================
いつもメルマガを楽しみにしています。メルマガを読むまで自分を大切にするなんて考えたこともありませんでした。
それは、子どもの頃から母の犠牲的な生活を見てきたかも知れません。
今では少しずつ自分にやさしくできるようになりましたが、自分に与えるのもお金がかかるなと思います。
エステに行くのも、お花を飾るのも、おいしいものを食べるのも考え込んでしまいます。もちろん、お金より自分のほうが大事だということは分かっています。でも、何かを選択する時にやはり、お金と自分を天秤にかけてしまうところがあります。
どうしたら、自分のことを最優先に大切にできるようになるのでしょうか。
(一部、頂いた内容を編集させていただきました)
===================================

リクエストありがとうございます。
今回、担当させていただく高見綾です。どうぞ、よろしくお願いします。

自分を大切にするとはどういうことでしょうか。自分を大切にすると一言でいっても、幅広い観点がありますので、今回は日常生活におけるお金と自分を大切にすることの関係について取り上げてみます。

私たちはみな、幸せになりたいと願っています。一言でいえば、「いい気分でいること」を望んでいます。「いい気分でいられること」をすれば、それが幸せであり、自分を大切にすることにつながります。

リクエストにあるように、自分に何かを与えたいと思っても、お金がかかるからどうしようかと悩んだことは誰しもあるのではないでしょうか。

◆「本当にしたいことなのか?」をチェック

まずお金は横においておき、例えばエステに行くこと、美味しいものを食べること、それらが本当に自分がしたいことなのかをチェックしてみましょう。それらをすることで、今の自分は「いい気分」になるでしょうか。

一般的には、エステに行くことも、美味しいものを食べることも、気分が上がって豊かさを感じられる手段ですが、それがその時の自分にとってどうかと言えば、全くの別物です。

他の人がどうなのかに惑わされないで、自分にとって本当にしたいことなのかを確認しましょう。もし、今それほどしたいことではないのなら、お金をかけて体験してみても、喜びの感情はあまり得られないでしょう。

リクエストにあるように、お金より自分が大切だと思うけど、でもお金を使うことに踏み切れないという場合は、エステに行くことや美味しいものを食べることにお金を費やすよりも、お金を使わずに貯めておくことの方がやりたいことなのです。それが今の「いい気分」です。もしくは、実はそこまでエステに行きたい、美味しいものを食べたいと思っていない場合もあると思います。

旅行に行きたいけど、10万円かかるのはちょっとな・・・と思う場合は、旅行という体験と10万円という金額を天秤にかけ、10万円を手元に置いておくことの方が優先されています。

10万円をかけてまで旅行に行きたいと思っていないのかもしれませんし、それはそれで問題ありません。もし本当に行きたいと思えば、どうやって10万円を捻出しようか考えてもいいですし、「10万円使うから、今月は他の出費を控えておこう」などと、優先順位を決めてみるやり方もいいと思います。

お金を使わずにおきたいと思っているときに、無理やり自分に与えようとしても、きっと「お金を使ってしまった」後悔や不安が出てきて、「いい気分」でいることは難しくなるでしょう。

お金は使ったらなくなってしまうと思いがちですが、お金は別のモノに交換されているだけで、なくなったわけではありません。

自分の手元にあるお金を使って、物やサービスなど何かの体験と交換します。お金を使わないということは、お金と交換して得られるであろう物や体験などの豊かさを失うことでもあります。お金を手元に持っておくだけでは、何も得られないですからね。

自分に与えるとは、お金をかけることそのものではなく、それを通じて得られる喜びや体験を自分にプレゼントすることなのです。

◆「今の自分にできる範囲のことをする」のがコツ

そうはいっても、お金をどんどん使えばいいというものではありません。お金を出せば、確かに多くのものは手に入ります。そうすると、際限がないように感じてしまいますよね。

ポイントは、「今の自分にできる範囲のことをする」ということです。お金がないのに、高級ホテルに泊まったり高価な洋服を買っても、後からお金を使ってしまった後悔や不安に襲われてしまうのではないでしょうか。

手元に自由に使えるお金が500円なら、500円でできることで、かつ自分が本当にしたいことを自分に与えてあげればいいのです。例えば、花束は買えなくても、1本のバラは買えますよね。

自分を大切にしていい気分でいると、様々なことが気持ちよく循環していくようになります。まずは日常でできる小さなことから始めてみて、徐々に使えるお金の範囲を増やしていけばいいのです。

つまり、自分が本当にしたいこと・大好きなことにお金を使うことが、自分を大切にすることにつながるということです。そしてそれは今の自分にできる範囲のことをすれば十分なのです。

(完)

★あなたのリクエスト募集中!

いつもご覧いただいている「すぐに役立つ心理学講座・月曜リクエスト特集」では 「皆様からのリクエスト」を募集しています。読みたいテーマ、知りたいテーマがありましたら↓のフォームから投稿して下さいね。

>>>リクエスト投稿フォームはこちらから

※お手数ではございますが「お問い合わせジャンル」を「心理学講座のテーマ・リクエスト」とご選択下さい。
※なお、頂いたリクエスト全てはお答えできかねますのでご了承下さい。

この記事を書いたカウンセラー

About Author

高見 綾

大学卒業後、民間企業の経理・財務業務に従事。自身の悩みを解決するために心理学を学び始める。 人生がうまくいくためには特定の法則があることに気づき、多くの人のサポートを行う。 自己改革及び恋愛・結婚を含む人間関係全般のカウンセリングを得意とする。著書に『ゆずらない力』(すばる舎)がある。