心の苦しみ

相談者名
りすざる。
早速ですが、
私は、4月に、とある自分にとっては大きな悩みを抱えました。
それを解決しようと、1か月間つらくて、苦しくて、死にたくても頑張ってきました。ほかの人に相談してみたりもしました。
でも、解決方法は見つからず、(それでずっと悩んでいたのですが、結局)もうほかのことにも時間を作らないと、忙しいので、今まで、ずっと苦しい思いをしてきたんですが、その深層心理を探るには自分しかいないから、自分で解決しなければいけないんだ、そう思いました。それで、それを探る前にある、感情に心が支配されていたことに、まずは、いらない、苦しめるだけの感情は切り捨てよう、そう思いました。ですが、そうなると、「傷つくのが怖いから」と、何も考えないようになってしまいそうです。
どうすれば、自分の感情をコントロールして、強い心を持つことができるんでしょうか。
まだ、心は苦しくて、いろんなことに敏感になってしまいます。心が傷ついて弱くなってしまっているようです。もう自分ではよくわかりません。忙しくて、時間が取れず、余裕が全くないのも、今の悩みです。
そして、過去のこと(懐かしい楽しい思い出に、逆に悲しくなってしまうなど)や未来のこと(ああなったらどうしよう、これからはあんなことが起きて…、後悔することが怖くなる・不安など)にとらわれてしまうことも悩みです。不安は誰にもあることはわかっていますが…。全て、どれも、どうすればいいでしょうか。
実は、言い遅れましたが、私はまだ中学生です。「思春期だから」ということに自分も他人にもとらわれてしまいます。「だから」なんでしょうか。私は、どこに相談すればいいんでしょうか。悩みがたくさんあって、まだあのことからぬけだしていないのに、楽しいことがいっぱいしたいのに…。と、悲しくなって、時間が流れて行ってしまいます。そのたくさんの悩みを、すべて人に相談していいんでしょうか。悩みは1つぐらいあってもいいですが、ほとんどなくなってすっきり解決することはあるんでしょうか。いちいち他人に相談するのも面倒で、お金はないんですが…。
というように、心の苦しさにたくさんの悩み(これだけではありません)が重なり、本当に大変です。
厚かましいですが、私の悩みに1つ1つ回答していただければ、うれしいです。
よろしくお願いします。
カウンセラー
松尾たか
りすざる。さん、ご相談ありがとうございます。 今回、りすざる。さんのご相談を担当させていただく松尾たかです。 どうぞよろしくお願いいたします。

りすざる。さんは、この数ヶ月、とても苦しくつらい状況にある中、その状況をなんとか変えようと、解決しようと試行錯誤し、ご自身の気持ちをコントロールしようと頑張っていらっしゃいます。
まだ中学生というりすざる。さんが、「死にたくてもがんばってきた」という芯の強さや
一生懸命に取り組んでいらっしゃる姿勢に本当に感心しています。

りすざる。さんは、大きな悩みの詳細については何も書かれていないので、どのような問題かはよくわからないのですが、いろんな出来事があったようですね。
そうすると、私たちの心は敏感になって傷つきやすくなったり、いろんな不安にとらわれやすくなるのも無理がないことです。 時間的にも余裕がなければ、なおさら心を落ち着かすことも難しいでしょう。

私たちの心が疲弊するのは、りすざる。さんが書かれたように、問題から生じる自分の感情に心が支配されてしまう、言い換えると、自分の気持ちををコントロールできなくて辛い、苦しいとなってしまうからなんです。

生きていると、大なり小なり問題や悩みにぶつかります。 そんな時、問題そのものが解決しなくても、心が動揺せず、平静でいることができれば、随分と気分は変わるはずです。

>まずは、いらない、苦しめるだけの感情は切り捨てよう、そう思いました。
>ですが、そうなると、「傷つくのが怖いから」と、何も考えないようになってしまいそうです。
>どうすれば、自分の感情をコントロールして、強い心を持つことができるんでしょうか。

苦しい、辛い、嫌だ、などのネガティブな感情だけを切り捨てることが出来るといいのですが、そうすると楽しい、嬉しいなど気持ちも感じにくくなってしまいます。
感じたくない嫌な感情を感じると、瞬時に気持ちを抑え込み、何も感じないようにしてしまうと、いつしか自分の本当の気持ち(感情)がわからない・・・なんてことなってしまいます。
感情そのものに、いい・悪いはありませんので、自分の感じている感情を抑え込みすぎないようにしてみようと思ってもらうといいかもしれませんね。

家族やお友達など周りの方で話を聞いてもらえる方がいれば、今感じていることをシェアしてわかってもらうことが出来れば、ちょっぴり気持ちはラクになると思います。
話すことは、放すこと(気持ちの解放)でもありますし、話すことで何かに気づいたり、気持ちが整理できることもあります。

悩みのすべてを誰かに話したり相談することは出来ないかもしれませんので、そんな時は
紙やノートに気持ちを書き殴ってみたりするのも心をラクにするのに役立つかもしれませんね。 視覚化してみると、頭の中で考えているだけより、明確にもなりますよね。
よかったら、トライしてみてくださいね。

また、弊社では初回無料もご利用いただけますので、私たちカウンセラーと話しをすることで、ご自分の気持ちを受けとめたり、より理解されたりすることで、少しでもラクになってもらえればと思います。

りすざる。さんが、心の底から笑顔になり、キラキラの毎日を過ごせるよう願っています。

ご相談ありがとうございました。

この記事を書いたカウンセラー

About Author

アバター

自己否定、自己嫌悪、疎外感、自己肯定を得意とする。「その方の心に寄り添い、一番の味方でいること(安心感)」をモットーに、わかりやすい言葉で恋愛問題や対人・自己との関係を紐解き、改善・生き易さへと導いている。  東南アジア2カ国での生活経験もあり、国や文化の違いについても造詣が深い。