罪悪感が作る問題(3)~罪悪感とファイティングポーズ~

相手が怒っているように感じたり、相手が責めているように感じてしまうと、その相手に対して否定的な感情をもってしまうかもしれません。
相手のこと嫌いになったり、むかついたり、攻撃的な気持ちがめばえる感じです。
罪悪感があるとそのような感情を芽生え、相手に攻撃的になってしまうという問題が生じてしまうことがあります。

罪悪感とファイティングポーズ

罪悪感があると自分は罰せられると思うので、相手が怒っているように感じたり、相手が責めているように感じてしまうことがあります。

相手が怒っているように感じたり、相手が責めているように感じてしまうと、あなたはその相手に対してどんな感じがしますか?

「うわぁー。めっちゃ私のこと責めているわー。そう思ってもらえるとぞくぞくしてくるのよね。好きになってしまうかもしれない」とは思いませんよね。
そう感じるとしたらマニアックな感じかたの方だと思います(笑)

自分に対して怒っているように感じたり、相手が責めているように感じてしまうと、その相手に対して否定的な感情をもってしまうかもしれません。
相手のこと嫌いになったり、むかついたり、攻撃的な気持ちがめばえる感じです。

例えばの話ですが、前から歩いてくる人がファイティングポーズをとってあなたのほうに向かってきたら、どんな感じがしますか?

もし本当にそんな人がいたら怖いですよね。

怖いんであなたもファイティングポーズをとって身構えてしまうかもしれません。
殴られる前に先にあなたのほうから手を出すかもしれません。

もしくは怖いんでその人を避けようとする行動をとるかもしれませんね。

相手が怒っているように感じたり、相手が責めているように感じてしまうとあなたは怖いので、あなたの心はファイティングポーズをとりはじめるかもしれません。
「な、なんだ、や、やるのか?」と身構えてしまうんです。
そして先制攻撃の言葉のパンチをだしてしまうかもしれません。

しかし、罪悪感があったので相手は怒っているし、自分のことを責めていると感じていたのですが、実は相手は怒ってもいなかったし責めてもいなかったとします。

すると相手にとってはファイティングポーズを取ってくるあなたに『な、なんでそんな態度を取るんだろう?接しにくい奴だなぁ』と感じたり、先制攻撃のパンチを食らわされて『なんで、そんなことをするんんだ(怒)』と思うかもしれません。

あなたの態度や言動が相手にとっては理解しがたいものになり、不快感を感じるんです。

こうなると相手との関係に溝ができてしまいますよね。
罪悪感が相手との関係の溝を作っちゃうんです。

また先制攻撃のパンチを食らわされると腹が立ちますよね?
すると相手はあなたにお返しのパンチをお見舞いするかもしれません。

殴り返されたあなたは、更にお返しのパンチを・・・・。
そして二人はノーガードで殴り合うようになっていくんです。
乱打戦のはじまりです。

このように罪悪感が相手とのケンカを引き起こしてしまうことがあります。

もしくは怖くて萎縮してしまい相手を避けようとするかもしれません。
相手を避けて話さなくなっていったり、関わらなくなっていったりです。

このように罪悪感という感情が相手との溝を作ってしまうことってあるんですね。
パートナーとの関係の溝だったり、友人との関係の溝だったり、職場の人間関係の溝だったりです。

『私は最近、◯◯さんに攻撃的になっているなぁ。溝ができているよな・・・』と思ったら、もしかしたら罪悪感が生み出しているものなのかもしれません。

もし、罪悪感が攻撃的な気持ちを作り出しいると気づけたら、「攻撃的になっててごめんね」という気持ちになれるかもしれません。「自分を許していこう!」と思うことで相手との溝を無くしていけるかもしれませんよ。

次回は伝染する苦しさという問題についてです。

>>>『罪悪感が作る問題(4)~罪悪感と伝染する苦しさ~』につづく

この記事を書いたカウンセラー

About Author

原 裕輝

若年層から熟年層まで、幅広い層に支持されている、人気カウンセラー。 家族関係、恋愛、結婚、離婚、職場関係の問題などの対人関係の分野に高い支持を得る。 東京・名古屋・大阪・福岡の各地でカウンセリングや心理学ワークショップを開催。また、カウンセラー育成のトレーナーもしている。