会社でのネットサーフィンがやめられない

相談者名
まりん
こんにちは。どうしてもこの癖が治らず相談させてください。

5年以上同じ職場で働き続け中堅社員の世代になってきました。
いわゆるプログラマー、専門職です。

入社してからずっと、仕事中にインターネットをしてしまうのです。
やめなければ、と思い、休憩時間を意識的にとってそれ以外は集中!など試したのですが、治りません。
昔から、宿題の計算ドリルを20問中5問しかやらずに提出したり、まじめではありませんでした。しんどいとやらずに置いてしまいます。
でも成績はよく、まじめにやらなくても何とかなる、というのが染み付いてしまっているのかもしれません。

すごく興味のある仕事に当たったときや、締め切りに追われているときは集中してできるのですが、普段から集中して仕事をすることができないのです。
集中して仕事が完成して、うれしかった、という経験もしているのですが、たまに、です。

ネットでも集中できるコツ、などを読んで、でも結局ネットしてて、自分でも嫌になります。
直接注意されたことはないですが、仕事に対する評価は低いです。
人より短い時間しか努力して取り組んでいないから当然だとは思います。

転職したとしても同じだと思うので、どうにかがんばれる自分に変わりたいのですが、どうしたらいいでしょうか。

また、毎日サボっているくせに、毎日疲れています。
悩んで疲れているのもあると思います。

最近結婚したのですが、仕事して、家事をして、土日はお付き合いで忙しく、いい仕事をしなくても、会社に行くだけで満足してる部分もあります。
結婚しても絶対やめない!って思ってたのに、最近は主婦になりたいと思ってしまうこともあります。

取り留めのない相談ですが、どうぞよろしくお願いします。

カウンセラー
中村季代乃
まりんさん、こんにちは。
今回担当させて頂きます中村季代乃です。
どうぞよろしくお願いいたします。まりんさんは今、仕事中にインターネットをしてしまう事についてとてもお
悩みなんですね。
仕事を常日頃集中しながら良い仕事をやっていきたいのに、ついついインタ
ーネットを見てしまっている自分自身に対してとても色々と感じたり思われ
ていらっしゃるのかもしれませんね。
まりんさんよりご相談いただきました内容を拝読し、とても今お辛い気持ち
でいっぱいなんだな、という事が伝わってきました。

しっかり仕事をして、定時に帰って、そして家事をこなす。

これは、私の推測なのですが、もしかしたら、まりんさんの仕事に対してこ
うあったら良いなというビジョンは上記のようなものかもしれませんね。
しかし、今の状況はその逆の状態なのかもしれません、
自分自身が持っているビジョンと現実が食い違ってしまい、その差を感じて
しまう事で私たちは多かれ少なかれ苦しい気持ちや辛い気持ちを持ってしま
う事があります。
その、想いと現実の差にまりんさんは苦しんでいらっしゃるのかもしれませ
ん。

この、無料相談コーナーにご相談を寄せて頂く事によってまりんさんがこれ
からお仕事に対して楽しくそして楽にやっていかれるヒントをお伝えできれ
ばと思っています、

それでは、私の感じた事をお伝えいたしますね。

私たちは、日々の生活の中にちょっとしたスパイスを求めてしまう事があり
ます。

別名『刺激』というスパイスです。

それは、少し寝坊をして遅刻しそうになったり、夜更かしをしてみたり、と
日々の生活の中でちょっとしたスリルを味わいたくなってしまう事がある事
があります。
私たちは、頭ではそんな感じのスパイスは必要ないのにと感じてしまうので
すが、心の方がそのスパイスを求めてしまう事があるんですね。

元々まりんさんは、とてもドキドキワクワクする事が大好きなタイプの方な
のかもしれません。
職場の中に居ても、依頼される事が違えど納期までにまりんさんに課された
ミッションを遂行するというある意味『型にはまった仕事』がとても退屈に
感じられている所がもしかしてあるのかもしれません。
なので、お仕事の時間帯にちょっとしたスパイスを求めたという所が、今お
悩みである状況を作った切っ掛けの一つなのかもしれません。

が、しかしまりんさんも既にお気づきのように『なんとかこの状況を脱出し
ないと場所が変わったとしても同じ』なんですね。
なので、気づいた時そして変わろうと心に決められた今が現在お辛いと感じ
られている職場での自分自身の在り方を変化していくチャンスだと思うんで
すね。

そこで、まりんさんに提案です。
『何故気がついたらそのような状況になってしまうのか』という事を知ると
いう勇気を持ってみませんか。
仕事中にインターネットを見てみたりする事ってあると思うんです。
でも、それを延々としてしまうのには理由が有るからだと思うんです。
その理由を多角的な方向から見ていく事で、まりんさんが今お辛いと感じら
れている感覚から脱却できるヒントが隠されているように感じるんですね。
なので、『その原因を見る=自分自身と向き合う』という事にチャレンジす
るとまずは決める事に原をくくってみませんか。

自分自身と向き合うという作業は独りでチャレンジするのはとても大変な事
かもしれません。
その時は、良かったら私たちカウンセラーにまりんさが今置かれている状況
を打開するためにその原因に向き合うお手伝いをさせてくださいね。

まりんさんにとって、お仕事に集中しそして休憩するときはちゃんと休憩し
気持ちも楽に日々過ごされる切っ掛けになれば幸いです。

この度はご相談いただきましてありがとうございました。

中村季代乃

この記事を書いたカウンセラー

About Author

恋愛や仕事などの人間関係を始め、キャリアアップなどのやりたいことを実現するサポートまで幅広いジャンルを扱う。 特に失恋に対するカウンセリングを得意としお客様より好評を得ている。 また自身の両親が障害者であり、家族の介護経験から、心身のハンデキャップに関するサポートも行っている。