目標を実感する

多かれ少なかれ、みなさんの中には何かしらの目標があることでしょう。
ただ、その目標にリアリティを感じられなかったりする時、ありませんか?
今回ご提供するエクササイズは、目標をリアルにするために感覚を使う方法
です。
どうやるのかと言いますと、目標に対して下記の項目を順番どおりにイメージ
します。
1. 環境     (いつ・どこで?)
2. 行動     (何を?)
3. 能力     (どのように?)
4. 信念・価値観 (なぜ?)
5. 自己認識   (誰が?)
例を挙げます。
成績の振るわない営業のAさんが、
「来月までに大きな契約を取る!」という目標を掲げたとします。
でも、いまいちピンと来ません・・・。
そこでこのエクササイズをやってみました。
1. 環境     (いつ・どこで?)
 
 例 来週訪問予定のお得意先で。
2. 行動     (何をしているか?)
  
 例 自社製品をアピールしている。
3. 能力     (どのようにしているか?)
 例 自分の営業スタイルで必死に。
4. 信念・価値観 (なぜしているか?)
 例 契約を取る喜びを感じたいから。
5. 自己認識   (誰が?)
 例 それができる、自分が。
   (自分はそれをすることが出来る)
体を使うとより効果的です。
広い場所に立って、今回のエクササイズをする目標を挙げて下さい。
目の前に5つのステージがあります。
手前から、環境・行動・能力・信念(価値観)・自己認識のステージです。
まず1歩前に踏み出し、環境のステージで自分が目標に対してどんな環境に
いるのかをイメージしてください。充分感じることが出来たら、次は行動の
ステージに・・・、という具合です。
上手な目標設定だった場合、自己認識のステージで自己イメージの変革が
起こる事もあります。そんな時は5から1へ逆戻りしてみてください。
すると、より濃密な成果や深い人間性を手に入れることが出来るでしょう。
例 5でこの目標を達成できる自分を実感できたAさんは、自分が会社に
とって必要な存在だと感じることが出来るようになった。
4. 信念・価値観 (なぜしているか?)
 例 自分のため、ひいては会社のため。
3. 能力     (どのようにしているか?)
 例 自分の営業スタイルで自信と余裕を持って。
2. 行動     (何をしているか?)
  
 例 製品と会社、そして自分をアピールしている。
1. 環境     (いつ・どこで?)
 
 例 どんなシチュエーションでも。
実感できると目標に対してのモチベーションが上がります。
ぜひお試しくださいませ。
from 高橋 大

この記事を書いたカウンセラー

About Author

高橋 大

自己イメージの変革・男女関係・人生の目的 を探す、などの分野を得意とする。 心の力学をわかりやすく説明する理性的な側面と、多くの臨床経験を通して培った直感的な把握能力をもってするカウンセリングに定評がある。 長期的な支持を受けることも多く、長い目で見守るスタンスを重視している。