お問合せカウンセリングサービスって?サイトマップトップページに戻る
 
Lecture.861-3

誰かとの関係性が重いという問題(3)〜罪悪感という切り口で考えてみる〜

講師:大門昌代

わざわざ選んでいるつもりはないのに、なぜか付き合う男性は、ダメンズばかりというパターンにはまっている女性は多く存在します。これは無意識的にダメンズに魅力を感じてしまっていることが原因であることが多いのです。意識的には、素晴らしい男性を望みつつ、無意識的にダメンズに魅力を感じてしまうのには、ちゃんと理由があるのです。ダメンズとお付き合いすることで、感じなくていいものがあるのです。

Keywords
罪悪感 無価値観 重い 償う 罪滅ぼし 
母親が子供に関わりすぎてしまい、子供がうっとおしく感じるとか、彼が彼女と常に一緒に居たがるので、彼女が彼のことをうっとおしく感じてしまうなどのように、誰かとの関係がうまくいかないということはよく起こるようです。
実際にカウンセリングでも、ご相談が多いジャンルのひとつになります。

今回の心理学講座では、このような問題を、違った角度からシリーズで解説していこうと思います。

今回は、「罪悪感」という目線でこの問題を解説していきます。

罪悪感とうのは、この心理学講座でもお馴染みの感情ですね。

私達誰もが、多かれ少なかれもっている感情でもあり、様々なことに影響を及ぼす感情の一つです。

罪悪感について詳しくは、他の心理学講座を参考にしていただけるといいのですが、簡単に説明すると、「自分は悪い人間である。だから罪を償わなければならない」というものです。
もちろん悪いことをしてしまったら、その行動を真摯に受け止め反省し、謝罪することは大切です。

ですが私達は、「そんなことで」というようなことでも、罪悪感をもってしまいます。

例えば、子供が小さい頃に、お母さんが病弱であまり子供の面倒をみられなかったとしましょう。
それは、病気があったからであり、仕方ないことです。
子供自身もそのことで、母親を恨んでいるということもありません。

でも、お母さんは、子供に対して申し訳なかったと罪の意識をもっていたりするのです。

その結果、大人になった子供に対して、罪滅ぼしのように面倒を見つづけるということが起こったりします。
大人になった子供と一緒に出掛ける機会を、たくさん設けたり、恋人に渡すプレゼントを代わりに買ってきたりすることもあります。
家事一切を引き受け、子供がやるべきことも、全部罪滅ぼしに母親が肩代わりしてしまうのです。

子供としてはありがたい反面、今更お母さんとばかり出かけたいわけでもないし、ほとんどのことは自分でできるわけですから、あれこれと世話をやかれると、重く感じてしまうことになります。

また、恋人同士ですと、こんな例があります。
彼は仕事が忙しくて彼女となかなか会えない。
彼女に寂しい思いばかりさせて申し訳ないと罪悪感をもってしまう。
その結果、彼女の誕生日に、無理をして高価なプレゼントをたくさん渡すのです。
彼女としては、嬉しいという気持ちもありますが、それよりも、彼の経済的負担も心配になるし、あれもこれもと多すぎるプレゼントに対して負担に感じてしまいます。
彼に悪気はありませんが、彼女の気持ちはお構いなしで、自分の罪悪感にだけ目が向いてしまっている状態です。

こうなると、彼女は彼のことを、重いと感じてしまうことも少なくないのです。

罪悪感というと、悪いことをしてしまったものだと思われることが多いのですが、私達がもつ罪悪感で一番多いのは、「やらなかったこと」に対する罪悪感です。

「面倒をみられなかった」
「やさしくできなかった」
「愛せなかった」
「頑張れなかった」

などの、「やらなかったこと」に対する罪悪感は、意外に多く持っているものなのです。

罪悪感がもとで、関係性が重いものになってしまっているのであれば、「自分を許す」ということがテーマになってきます。

相手が罪悪感をもっている場合は、相手を許すということです。(ただし、その許しを相手が受け入れるかどうかは別問題ですけどね)

相手を大切に思っているから、相手のことを考えて何かをすることは、悪いことではないのですが、その根っこに罪悪感があると、押しつけがましくなったり、相手に重いと感じさせてしまうことがありますので、自分を許すということにチャレンジする必要があります。


>>>『誰かとの関係性が重いという問題(4)〜無価値観という切り口で考えてみる〜』へ続く


関連する講座へのリンク集
4.罪悪感の心理学1〜罪悪感とは?〜
104.罪悪感の心理学2〜その影響力と許しへの第一歩〜
156.罪悪感の心理学4〜何もしていない、という罪悪感〜
338-1.罪悪感が作り出す罠(1)〜罪悪感の特質と感情の抑圧〜
610-1.罪悪感の話(1)〜罪悪ってややこしい〜
740-4.補償行為(4)〜違う選択をしてみる〜
この心理学講座をメールマガジン『まぐまぐ』で購読しませんか? (マガジンID:0000100067) サンプルはこちら
◆購読
◆解除
Powered by
まぐまぐトップページへ

●すぐに役立つ心理学が「耳」で聴けます!>>>ダウンロードサービス きくまる
当社のカウンセラーが各種講座で話したレクチャーの内容を録音。
講座の臨場感そのままに、時には笑え、または、胸がじーんと熱くなり、なるほど!と目からうろこが落ちる話が満載!

ダウンロードサービス きくまる

●カウンセリングを使ってみませんか?(初回無料電話カウンセリング/面談カウンセリング/電話カウンセリング有料コース)

カウンセリング予約センター>>>
   06-6190-5131 (受付時間:12:00-20:30/月曜定休。月曜祝日の場合は翌火曜日)

無料カウンセリングのご案内・・・90名以上のプロカウンセラーとの初回無料電話カウンセリング!
面談カウンセリング、電話カウンセリングセットコースのご案内
カウンセリングルーム(東京/大阪/名古屋/福岡/高崎/前橋)のご案内










●心理学講座をライブで体験!!(心理学ワークショップ)
心理学ワークショップ(東京/大阪/名古屋/福岡)で毎月開催中!
心理学ワークショップ

●取材・執筆・講演・研修・企画などのご依頼・ご相談は・・・
TEL:06-6190-5611/ FAX:06-6190-5612 / E-Mail(お問合せフォーム) よりお願いします。
※過去の雑誌・テレビ・ラジオ・講演会などの実績につきましては「会社案内ページ」にて紹介しています。
私達がお役に立てることがございましたら、ぜひ、ご相談下さい!

 
●リンクフリーですが、記事の無断転載を禁止します。  

 

>心理学講座の目次へ戻る<

■ カウンセリングサービス ■
カウンセリング予約センターTEL:06-6190-5131 :: TEL 06-6190-5611 :: FAX 06-6190-5612
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 : : 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1丁目23-17-602
電話>月曜定休12:00〜20:30 :: FAX / E-Mail>無休24時間受付  collaborated by 神戸メンタルサービス(資) & カウンセラー養成スクール