お問合せカウンセリングサービスって?サイトマップトップページに戻る
 
Lecture.822

「おせっかい」と「気が利く」はどこが違う?

講師:みずがきひろみ

誰かのためによかれと思ってやったのに、「よけいなことをして」、「おせっかいね」、という困惑の目で見られてしまうことがあり、残念です。「気が利く」と喜ばれる場合とではどこが違うのでしょうか。せっかくの好意のつもりが不本意な受け取られ方をするときは、大きく2パターンあり、相手が自分で決断したいと思っているところを気づかずにその意思をスルーしているか、自覚の有る無しにかかわらず、相手の感謝や好意を引き出そうとした行動になっているときです。こういう方はもともと人の痛みに共感する能力の高い人なので、まずは自分のニーズと向き合い、理解したうえで、見守る姿勢をもてると対人関係は飛躍的によくなるでしょう。

Keywords
主体性 境界線 コミュニケーション ニーズ アカウンタビリティ 

◎リクエストを頂きました◎
=======================================
「よけいなおせっかい」と「気が利く」ということはどこが違うのでしょうか?
同じことをしても、相手の捉え方次第ですよね。相手にとってしてほしくないことであれば「よけいなおせっかい」。相手にとってしてほしいことだったら「気が利く」。そのような解釈でいいのでしょうか。
=======================================

リクエストをありがとうございます。

確かに、誰かのためによかれと思ってやったのに、「よけいなことをして」、「おせっかいね」、という困惑の目で見られてしまうことってありますね。その一方で、「気が利く」と大いに喜ばれることもあります。誰かのためにやっていることに変わりはなさそうなのに、なぜ相手の反応はこうも違うのでしょうか。

もちろん、相手の「受け取り方」という、相手方の要素はあります。でも、もし、「おせっかいね」という反応が複数の人からかえってくるようならば、そこには学べることがあるのかもしれません。

誰かのためによかれと思ってやったのに喜ばれないケースには、大きく分けて2パターンあると私は考えます。

一つは、相手の主体(主権)を侵害しているとき。

例えば、夕方になって急に冷えてきて、子供がぷるぷると震えているとします。汗が冷えてきて寒いのではないかと思い、カーディガンを羽織らせようとすると、モーレツな勢いで怒られるようなことがありますね。

風邪を引いては本人も辛いでしょうから、大人の目から見ればもう一枚羽織るのは当然の対策です。それを好意でカーディガンをとってあげて着せてあげようとしたのですから、あくまでも「相手のため」を思っての行為です。でも、子供にしてみれば、「自分で決めたい」のに、「自分で決めさせてくれなかった」と思うようです。それは、「自分で決められる」という主体(主権)があることをちゃんと確認したいのに、あたかも、自分にはその判断能力、決断力がないように扱われたことについて怒っているのです。

人は自分のことは自分で考えたいし、自分で決めたいものなのです。たとえ悩みが深くても、自分の悩みは自分のものだと思っています。そして、そんな自分の心の領域を尊重してほしいという気持ちがあります。

だから、むやみやたらにアドバイスはされたくないです。ましてや決めつけるように先回りして「やっておいて」欲しくはないのです。「◯◯のようにお手伝いさせていただきたいのだけれど、どうかしら?」という一言が欲しい、というところでしょうか。心は見えませんが、そんな見えない心の境界線を尊重してもらえると、「自分の気持ちを大事にしてもらえた」「気が利く人」と好意を受け取りやすくなります。

もう一つは、相手からの感謝や好意を目的とした行為であると、相手は奪われる感じがする、という問題が生じます。

一つ目のケースは、相手に感謝されることを期待していたわけでもなく、純粋に好意としてやったことが、相手の意思を図らずもスルーしている場合がある、ということですが、こちらは、相手に「感謝されたい」「好かれたい」という目的があって頑張りすぎてしまう場合です。

自分に自信がイマイチ持てず、相手から好かれたい、嫌われるのが怖いという気持ちが強い(無価値感)と、せっかくの「善い」行いも、相手にとってはコントロールや負担に感じることがあります。「感謝しなければいけない」「好きにならなければいけない」というプレッシャーを感じてしまうのです。

「おせっかいね」と言われてしまうのは残念ですが、そう言われてしまう方は、例外なく情けの深い、温かい人柄で、人の痛みやニーズに共感する能力の高い方です。だから、誰かの力になることのできる人であることに間違いありません。

まずは、自分の中の、「もっとわかってほしい」「助けてもらいたい」という気持ち(ニーズ)と向き合って、その悲しみを抱きしめてみましょう。

そのうえで、同じような「助けてほしい」という思いを持つ人をそっと見守るというスタンスをとってみてはいかがでしょうか。ちょっと距離を置きながら、見守っていると、相手からの「今は、自分で頑張りたい」「今は、助けてほしい」というサインがわかるようになりますから。

そのサインに「私でよかったら」と反応してあげられるといいですね。

(完)


関連する講座へのリンク集
407.子離れできない義母の心理
589.頼んでいないのに繰り返しアドバイスしてくる人への対処法〜「心理のワナ」に気付く〜
この心理学講座をメールマガジン『まぐまぐ』で購読しませんか? (マガジンID:0000100067) サンプルはこちら
◆購読
◆解除
Powered by
まぐまぐトップページへ

●すぐに役立つ心理学が「耳」で聴けます!>>>心理学講座音声配信サービス きくまる
当社のカウンセラーが各種講座で話したレクチャーの内容を録音。
講座の臨場感そのままに、時には笑え、または、胸がじーんと熱くなり、なるほど!と目からうろこが落ちる話が満載!

ダウンロードサービス きくまる

●カウンセリングを使ってみませんか?(初回無料電話カウンセリング/面談カウンセリング/電話カウンセリング有料コース)

カウンセリング予約センター>>>
   06-6190-5131 (受付時間:12:00-20:30/月曜定休。月曜祝日の場合は翌火曜日)

無料カウンセリングのご案内・・・90名以上のプロカウンセラーとの初回無料電話カウンセリング!
面談カウンセリング、電話カウンセリングセットコースのご案内
カウンセリングルーム(東京/大阪/名古屋/福岡/高崎/前橋)のご案内

●心理学講座をライブで体験!!(心理学ワークショップ)
弊社人気カウンセラーが講師として登場!心理学ワークショップは、東京/大阪/名古屋/福岡で毎月開催中!
心理学ワークショップ

●取材・執筆・講演・研修・企画などのご依頼・ご相談は・・・
TEL:06-6190-5611/ FAX:06-6190-5612 / E-Mail(お問合せフォーム) よりお願いします。
※過去の雑誌・テレビ・ラジオ・講演会などの実績につきましては「会社案内ページ」にて紹介しています。
私達がお役に立てることがございましたら、ぜひ、ご相談下さい!

●リンクフリーですが、記事の無断転載を禁止します。

 

>心理学講座の目次へ戻る<

■ カウンセリングサービス ■
カウンセリング予約センターTEL:06-6190-5131 / 06-6190-5613 :: TEL 06-6190-5611 :: FAX 06-6190-5612
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 : : 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-17-602(郵便物はこちらへ)
電話>月曜定休12:00〜20:30 :: FAX / E-Mail>無休24時間受付  collaborated by 神戸メンタルサービス(資) & カウンセラー養成スクール