お問合せカウンセリングサービスって?サイトマップトップページに戻る
 

カウンセリングの現場で伺う恋愛や結婚、ご夫婦のご相談はたくさんありますが、特に30代の「これからの幸せ」に向き合っておられる女性の皆さんや、今まで一生懸命、彼のため、家庭のために頑張って来られた方の「なぜかパートナーシップがうまく行かなくなる」というご相談をたくさんいただくんですね。
みなさん「頑張って相手を愛するために自分を磨こう」「自分の気持ちは自分で整理しよう」「もっと魅力的に輝こう」ととても努力されていらっしゃいます。それはとても素晴らしいことですね!が、どうしてもパートナーシップの中では普段とは違い「感情的になりやすくなったり」「ちゃんと愛されているのか確認したくなる」ような気持ちに苛まれたり、「今度こそは頑張ろう」と思うだけ自分の気持ちを我慢して、恋愛が辛くなったり、パートナーとの関係性を悪化させてしまうというお話も伺います。そこで今回は4回に分けて、頑張り屋さんのためのパートナーシップ成功に向けた心理学講座をお届けします。

Keywords:罪悪感 無価値感 許し 受け取る 私こそギフト

Lecture.790-1

頑張り屋さんのためのパートナーシップ講座(1) 〜依存心を持つ私は間違っている?〜

講師:浅野寿和

普段社会にいて自立していれば「何が正しくて、何が間違っているか」という判断を迫られることはたくさんありますね。特に「自分のことは自分で」って当たり前の感覚です。なので、どこか「依存心」が苦手だったり、いいイメージをお持ちじゃない方もいらっしゃるかもしれません。ただ、パートナーシップの世界は「自立心と依存心」のバランスが良い状態がうまくいく状態、とも考えます。あまりに依存心を苦手にすると、逆にうまく行かないことも起こりえるのですね。特に、「依存心を持つことは間違っているのではないか?」と感じていると、パートナーシップは予想以上の斜め坂になっていくこともあるのです。

Keywords
自分は間違っている 罪悪感 無価値感 判断 自己犠牲 

普段社会にいて自立していれば「何が正しくて、何が間違っているか」という判断を迫られることはたくさんありますね。特に「自分のことは自分で」という思いを持つことは当たり前のように正しいと感じますね。

・頑張ること:それはいいこと、正しいこと、オトナの常識。
・甘えること:それは悪いこと、稚拙、人に迷惑なこと。

カウンセリングを日々させていただいていると、そんな感覚をお持ちの方と たくさん向きあわせていただくんです。 もちろん僕もそういった考え方はある意味納得できますし、 そこに良し悪し云々という思いを持っているわけじゃありません。

例えば、私達が社会に出たときの事を想像してみると。

子供だった私たちがオトナとして生きていく時に、今までのように、いつも人に依存して、自分で問題を解決しようともしない。他人の作為に期待ばかりして、他人のチカラを当てにして生きるとなれば、それはそれでまたいろいろな問題を引き起こしますよね。自分の力で物事を成し遂げることができなくなってしまいます。

ただ、この考え方を心のど真ん中において、恋愛や夫婦などのパートナーシップと向き合うと、時にギクシャクしたり、お互いの関係に距離ができたり、どこか勝ち負けのついた関係になってしまったり。そんな状況も生まれるようです。

僕自身、カウンセリングやセミナーでいつもお話させていただいていることの一つにこんなものがあります。

「パートナーシップはどこか『お互いに迷惑をかけあうようなもの』とも考えていい」

そもそもパートナーシップはお互いに受け入れあい、愛しあうものだとも考えられますよね。
それは相手の長所だけでなく、短所や欠点をも受け入れあい、愛しあうもの。

「あなたの強さは相手の弱さ、あなたの弱さは相手の強さ」
私達の学ぶ心理学にはこんな言葉があるぐらいですからね。

この言葉を僕なりに言い換えれば「あなたの才能や強さは、相手の欠点や弱さを愛するためにあり、相手の才能や強さは、あなたの欠点や弱さを愛するためにある」となると思います。

しかしどこか、普段から自立している方、頑張り屋さんほど、人に依存してはいけないという思いが強いので、相手次第のパートナーシップを嫌い、いつも「いい自分・素敵な自分」でありつづけようと努力されるのかもしれません。

素敵な自分でいること自体は、とても素敵なことですよね。やっぱりパートナーのことは上手に愛したいし、好きな人だからこそ相手にがっかりされたくないし。

ただ、いつも頑張っているその感覚のまま、パートナーシップを築こうとしたときにネックになるのが

「依存的な自分の欠点や弱さ」をさらけ出せない、ということ。

つまり、「依存的な自分はダメなのではないか?」と感じていることなんですよね。

そんな私を見せたら、相手に迷惑になるのではないか?相手は嫌うのではないか?
そんな怖れがある度合いだけ、自分の弱さや至らなさはいつも隠して、相手にバレないようにする。自分の強みだけでパートナーと向き合う。

すると、パートナーの前で素の自分でいられなくなり、我慢が募ってしまう。時には言いたいことも言えない、したいこともできない。人によっては、相手の望むような彼氏彼女になる、相手に合わせて尽くす方もいます。

「この私の思い(我慢)が、いつか相手に伝わって欲しい、相手に私の気持ちを汲み取って欲しい」

そんな願いを重ねながら毎日頑張っていらっしゃる方もいれば、「もうパートナーに何を期待しても無駄よ」と諦めに変わってしまっている方もいます。

どこか「自分はダメにならないように」と頑張り続けているパートナーシップって、どうでしょう?少し大変ではないでしょうか?

このように普段、一生懸命頑張っていらっしゃる方の中には、甘えること(依存心)=「悪いこと、いけないこと、嫌われること」、つまり「罪悪感」を感じていらっしゃる方が少なくないようです。

「どこか私は間違っているのではないか?」

そんな依存に対する罪悪感がある度合いだけ、その方の意識ではもちろん、時には意識なくココロの内面では、何故か「依存心を感じる私はダメ」という感覚を持つことがあるんです。

それが内面で変化し「依存心を感じてしまう私がダメ」といった自己嫌悪・自己否定のレベルにまで達することがあり、そうなるとどうしてもパートナーシップはちょっと斜め坂、人によっては直登レベルの困難さ、限界を感じてしまう方が現れるのです。

どこか悪意なく「依存を嫌う」があまり、「依存心を持っている自分」まで嫌ってしまえば、お互いに依存心を持ち寄る要素のあるパートナーシップでは、自己嫌悪や自己否定感を強く感じざるを得なくなることがあるからですね。

それゆえに、頑張っても何故かパートナーシップがうまく前に進まない、何故か別れてしまう関係ばかりになってしまう、といったことも起こりえるのです。


>>>『頑張り屋さんのためのパートナーシップ講座(2) 〜望まれていない気持ち〜』へ続く


関連する講座へのリンク集
4.罪悪感の心理学1〜罪悪感とは?〜
104.罪悪感の心理学2〜その影響力と許しへの第一歩〜
142.罪悪感の心理学3〜“自分は毒である”という観念〜
432.友達から恋人への一歩 〜愛することを止めないこと〜
543-1.キラキラ女子の男らしい生き方(1)〜男の子と女の子の心を持った“サファイア姫”〜
543-2.キラキラ女子の男らしい生き方(2)〜サファイア姫の仕事・恋・体〜
543-3.キラキラ女子の男らしい生き方(3)〜サファイア姫の自立と男子禁制問題〜
543-4.キラキラ女子の男らしい生き方(4)〜男の子のハートを持つ理由と意味〜
この心理学講座をメールマガジン『まぐまぐ』で購読しませんか? (マガジンID:0000100067) サンプルはこちら
◆購読
◆解除
Powered by
まぐまぐトップページへ

●すぐに役立つ心理学が「耳」で聴けます!>>>心理学講座音声配信サービス きくまる
当社のカウンセラーが各種講座で話したレクチャーの内容を録音。
講座の臨場感そのままに、時には笑え、または、胸がじーんと熱くなり、なるほど!と目からうろこが落ちる話が満載!

ダウンロードサービス きくまる

●カウンセリングを使ってみませんか?(初回無料電話カウンセリング/面談カウンセリング/電話カウンセリング有料コース)

カウンセリング予約センター>>>
   06-6190-5131 (受付時間:12:00-20:30/月曜定休。月曜祝日の場合は翌火曜日)

無料カウンセリングのご案内・・・90名以上のプロカウンセラーとの初回無料電話カウンセリング!
面談カウンセリング、電話カウンセリングセットコースのご案内
カウンセリングルーム(東京/大阪/名古屋/福岡/高崎/前橋)のご案内

●心理学講座をライブで体験!!(心理学ワークショップ)
弊社人気カウンセラーが講師として登場!心理学ワークショップは、東京/大阪/名古屋/福岡で毎月開催中!
心理学ワークショップ

●取材・執筆・講演・研修・企画などのご依頼・ご相談は・・・
TEL:06-6190-5611/ FAX:06-6190-5612 / E-Mail(お問合せフォーム) よりお願いします。
※過去の雑誌・テレビ・ラジオ・講演会などの実績につきましては「会社案内ページ」にて紹介しています。
私達がお役に立てることがございましたら、ぜひ、ご相談下さい!

●リンクフリーですが、記事の無断転載を禁止します。

 

>心理学講座の目次へ戻る<

■ カウンセリングサービス ■
カウンセリング予約センターTEL:06-6190-5131 / 06-6190-5613 :: TEL 06-6190-5611 :: FAX 06-6190-5612
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 : : 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-17-602(郵便物はこちらへ)
電話>月曜定休12:00〜20:30 :: FAX / E-Mail>無休24時間受付  collaborated by 神戸メンタルサービス(資) & カウンセラー養成スクール