お問合せカウンセリングサービスって?サイトマップトップページに戻る
 
Lecture.759

うるさい上司との関係を見直す

講師:安東秀海

「ブラック企業」や「パワハラ」なんて言葉が一般的になって、上司と部下との関係にもフラットで良好な関係を求める風潮が生まれて久しい昨今。それでも実際の職場では、上司の言葉や態度にストレスを感じているという人は少なくありません。よりよい職場環境を手に入れるためにも、上司との関係を良好に保つことは私たちにとって大きな関心事のひとつといえます。「あれこれうるさい上司」との関わり方について企業での人材育成にも従事しているカウンセラーがお答えします。

Keywords
職場 上司 パワハラ 対人関係 ストレス 

◎リクエストを頂きました◎
=======================================
上司から名指しで色々と言われることがあります。
威圧的な言葉も含めて言われることもあり正直ストレスです。「投影」を考えるとそれも私にあるのかなと思いますが、周りが言うには私はその上司から「なんでも言いやすい」タイプらしいのです。この「なんでも言いやすい」の心理状態ってなんでしょうか。教えて下さい。
=======================================

◎そもそも上司とはうるさいものである

「何度言ったらわかる?何でお前はいつもそうなんだ!」

こんな風に職場で名指しに注意される。

想像しただけで嫌な気分になってしまいますが、どんな職場にも威圧的な立場をとる上司はいるものです。

「パワハラ」という言葉が一般的になって露骨にキツイ言葉が飛び出すことは少なくなったのかもしれませんが、根本的な問題が解決しない限り、うるさい上司とそれに辟易とする部下、という構図はなかなか消えません。

では、上司との間に生まれる問題の根底にあるものは何なのでしょう?

それは「自由でいたい」私たちと、「コントロールをしたい」上司の、潜在的な戦いといえるかもしれません。

上司の言動にイライラしたり気力が萎えたり。

なぜ上司があれこれ色々うるさいのか?といえば、極論、そうすることで「部下を思うように動かそう」と考えているからであり、多くの場合彼らは、それが自身に課せられた職務だと考えていたりもします。

いっぽう私たちは、一定の経験を積んだ後はできるだけひとりで仕事をやり切りたいと考えるものです。故に、たとえそれが重要なアドバイスであったとしても上司からあれこれ言われるのは面白くない。ましてそれが威圧的な言動であったなら?もう放っといてくれよ、と言いたくもなりますよね。

人は自分の意思で動くことを望み、誰かにコントロールされることを嫌うものなのです。

「宿題やったの?」って言われると何だかやる気が無くなってしまう。

「今やろうって思ってたのに!」ってプリプリ腹を立てる。マンガのひとコマに出てきそうな場面ですが、実際私たちは誰かに指示されて動くことに少なからず抵抗を感じるものです。

上司から色々言われて感じるストレスというのはどこか、こんな親とのやりとりの中で感じる苛立たしさに似ています。

カウンセリングでは上司との関係を両親との関係になぞらえて考えることも多いのですが、いくつになっても私たちにとって親はうるさい存在であるように、上司もまた「そもそもうるさい」存在なのであって、それを理解した上で良好な関係を作っていくことが何より職場の対人関係では大切になってくるのです。


◎心の距離と「言いやすさ」

良好な対人関係を築いていくにはどうすれば良いのか?

それは私たちにとってとても大きな関心事です。

でも、そもそもどうして私たちは上司からうるさく言われるのでしょう?

そこには、目には見えない心と心の距離感が関わっているのかもしれません。

シンプルに言うと、対人関係においては「色々言いやすい距離感」というのがあって、一般的には心の距離が近い程「ものが言いやすく」、離れるほどに「言いにくくなる」ものです。上司から忌憚のない言葉を投げかけられるというのは、お互いの間に配慮すべき遠慮がないくらい近しい関係性がそこにあるということかもしれません。

「色々言われて大変」な上司との関係を見直すには、まずはそんな心と心の距離感を見直すことが大切。

ここではまず、一歩下がるやり方をおすすめしたいと思います。

◎関係を俯瞰する

心の距離が近い、というのは悪いことではありません。

それは親密感や信頼感・安心感を私たちに感じさせてくれます。

けれど、心の距離が近づくことでやたらと攻撃されやすくなったり、配慮のない言動にさらされやすくなるということもあります。私たちの心は、お互いの距離が近づけば近づくほど期待やコントロールも強くなるという側面を持っているからです。

それ故、心の距離が近いからといっても必ずしも関係が良いとはいえません。何だかわからないけれど腹が立つ、イライラする、というのも関係が近すぎる時に芽生えやすい感情なのです。

上司との間に適切な距離を取るにはまず、相手の期待に応えようとしすぎないこと、また相手に期待をしすぎないことが大切。

「こんなに一生懸命やっているのだから、評価されていいはず」という期待は会社員なら誰でも抱いたことがある気持ちではありますが、期待というのは、際限なく膨らむもので、膨らみすぎた期待は「期待はずれ」と常に背中合わせです。

今あなたが、上司に対して何らかの「期待」を抱いているとしたら、それはどんな期待でしょう?今あなたが、応えようと頑張りすぎていることがあるとしたら、それはどんな期待でしょう。

たとえそれがどんな期待であれ、強すぎるこだわりは執着になって相手との距離を近づけます。ここではまず、上司とは部下とは「こうあるべき」というこだわりを手放します。

実際に、一歩下がって俯瞰してみるイメージを描いてみるといいかもしれません。

心の距離感を上手にあけることができれば、あれこれうるさかった上司の言葉や態度も、必要以上に気にならなくなるのではないでしょうか?

(完)


関連する講座へのリンク集
662.対人関係の「ちょうどいい」〜職場の心理学〜
692.理不尽な怒りからハートを守る
この心理学講座をメールマガジン『まぐまぐ』で購読しませんか? (マガジンID:0000100067) サンプルはこちら
◆購読
◆解除
Powered by
まぐまぐトップページへ

●すぐに役立つ心理学が「耳」で聴けます!>>>心理学講座音声配信サービス きくまる
当社のカウンセラーが各種講座で話したレクチャーの内容を録音。
講座の臨場感そのままに、時には笑え、または、胸がじーんと熱くなり、なるほど!と目からうろこが落ちる話が満載!

ダウンロードサービス きくまる

●カウンセリングを使ってみませんか?(初回無料電話カウンセリング/面談カウンセリング/電話カウンセリング有料コース)

カウンセリング予約センター>>>
   06-6190-5131 (受付時間:12:00-20:30/月曜定休。月曜祝日の場合は翌火曜日)

無料カウンセリングのご案内・・・90名以上のプロカウンセラーとの初回無料電話カウンセリング!
面談カウンセリング、電話カウンセリングセットコースのご案内
カウンセリングルーム(東京/大阪/名古屋/福岡/高崎/前橋)のご案内

●心理学講座をライブで体験!!(心理学ワークショップ)
弊社人気カウンセラーが講師として登場!心理学ワークショップは、東京/大阪/名古屋/福岡で毎月開催中!
心理学ワークショップ

●取材・執筆・講演・研修・企画などのご依頼・ご相談は・・・
TEL:06-6190-5611/ FAX:06-6190-5612 / E-Mail(お問合せフォーム) よりお願いします。
※過去の雑誌・テレビ・ラジオ・講演会などの実績につきましては「会社案内ページ」にて紹介しています。
私達がお役に立てることがございましたら、ぜひ、ご相談下さい!

●リンクフリーですが、記事の無断転載を禁止します。

 

>心理学講座の目次へ戻る<

■ カウンセリングサービス ■
カウンセリング予約センターTEL:06-6190-5131 / 06-6190-5613 :: TEL 06-6190-5611 :: FAX 06-6190-5612
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 : : 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-17-602(郵便物はこちらへ)
電話>月曜定休12:00〜20:30 :: FAX / E-Mail>無休24時間受付  collaborated by 神戸メンタルサービス(資) & カウンセラー養成スクール