お問合せカウンセリングサービスって?サイトマップトップページに戻る
 
Lecture.707-2 離婚問題の修復にむけて(2)〜正しさや感情をちょっとだけ横においてみる〜
講師:原裕輝

離婚を切り出して相手の言い分。その言い分に正当性があるのか?筋が通ったことを言っているのか?ということをちょっとだけ横において相手の言い分をうけとめてみると離婚問題を解消するヒントが見えてきます。
それは当たり前のことに思われるかもしれません。しかし私たちは感情があるので当事者になるとその当たり前のことが見えなくなってしまうことがあるようです。

Keywords

離婚 修復 ヒント 相手の言い分 正しさの証明

●相手の言い分としては・・・という見方で問題解消のヒントを見つかることがある

相手の言い分に“正当性があるのか”“筋が通ったことを言っているのか”は一旦横において、自分の感情も一旦横において、相手としてはそこに不足感や不満感を感じていたのかもしれないという視点で相手の言い分を分析をしていると関係を修復をするヒントが見つかることがあります。

なんらかの不足感、不満感が浮気問題・離婚問題を作っているとしたら、その不足感、不満感を無くすことが問題を解消していくことに切り口になると考えられます。

例えば、「子どものことばかりで自分を大切にしてくれていない」というパートナーの言い分があり離婚をしたいと言われたとします。

この相手からの言い分を聞いた時に『自分なりに大切にしていたつもりなのにその言い分は一方的だ。間違っている』と言いたくなるかもしれません。

『子育てのサポートが欲しい時期なのに大切にしてもらえてないのはこっちだ!』と言いたくなるかもしれません。

相手の主張をたたきのめし、いかに間違ったことを言っているかを証明し、二度とふざけたことを言わないように打ち負かしたいような気持ちに駆られるかもしれません。

ただ相手の主張が間違っていて、自分が正しことを証明できたとしても相手の不足感や不満は解消されないままになっていると浮気や離婚話の解消が進みにくいようです。

正しさを証明したとしてもそれが幸せにつながるかどうかは別なのですね・・・。

つらいところですね。

+++

問題解決のヒントを見つける為にこの相手の言い分に“正当性があるのか”“筋が通ったことを言っているのか”は一旦横において、自分の感情も一旦横において、相手としてはそこに不足感を感じていたのかもしれないという視点で見てみるとヒントを見つけられることがあります。

そうすると『大切にしていなかったかどうかの真実はさておいて、相手はそう感じられてなかったし大切にしてほしいという気持ちを持っていたようだ』という風に考えられます。

すると子どもばかりではなく自分にも興味を持ってくれている、大切にされているということをパートナーに感じさせてあげるということが関係修復のテーマなんだなぁという具合にヒントを見つけられますね。

+++

「相手の言い分に問題解消のヒントがあるというのは当たり前じゃん」と思いません?

この当たり前が当事者になった時は難しくなるようです。

私たち人間は感情があるので感情的なものがはたらきどうもこれが難しくなってしまうようです。

正当性があるのか、筋が通ったことを言っているのかということに囚われて正しさの証明をしたくなったり、自分の感情(「その言い方は腹がたつ」など出てきますね )に意識が向きがちになったりするので、相手のどんな気持ちを埋めてあげることがいるのか?ということに意識を向けるのが難しくなるようです。

それだけに意識的に一旦だけ正しさの証明や、自分の感情的なことは横において、ヒントを見つけるために“相手としてはそう感じていたのだなぁ”という視点で相手の言い分を振り返ってみようという時間をとってみるといいかもしれません。

+++

自分の感情的なことは一旦横においてと書きましたが、これはずっと横におきっぱなしにしましょうというわけではありません。

「その言い方は腹がたつ」「そういわれて悲しい」など色んな感情がでてくるかと思います。
その感情をケアーすることは大切です。

あくまでヒントを見つけようと分析・検討する時間をとる時に一旦横におくだけですね。

+++

“相手としてはそう感じていたんだなぁ、そこに不足感を感じていたんだなぁ”という視点で問題を解消していくヒントを見つけていくということは、どう頑張ればいいのか、何をしたらいいのかという方向性を見つけるということです。

問題を解消するためにはどう頑張ればいいのかわからない、何をしたら解消の可能性につながるのかわからないというのは不安になると思うのです。

やたらめった頑張ってもこの頑張り方で良いの?と不安になると思うのではないでしょうか?

どう頑張ればいいのか、何をしたらいいのかが見つけるためこの視点を持ってみるのは不安を和らげるのに役立つことになるかと思います。

>>>『離婚問題の修復にむけて(3)〜真に受けないことも大切〜』〜につづく



関連する講座へのリンク集

103.離婚の心理学1〜破局の危機は乗り越えられる〜
105.離婚の心理学2〜相手を責める効果はあるの?〜
107.離婚の心理学3〜傷ついたハートを嫌そう〜
109.離婚の心理学4〜離婚は失敗〜
181.浮気の心理学〜夫婦の浮気問題の解決に向けて 女性編〜
258.浮気と離婚の問題を乗り越える〜それでも幸せになれるのです(1)〜
259.浮気と離婚の問題を乗り越える〜それでも幸せになれるのです(2)〜
357-1.浮気の心理を知って幸せな関係を取り戻す(1)〜不足原則ってなに?〜
357-2.浮気の心理を知って幸せな関係を取り戻す(2)〜えっ!浮気相手が持つ要素を身につけるの?〜
357-3.浮気の心理を知って幸せな関係を取り戻す(3)〜正しさより幸せになることを選ぶとは〜
357-4.浮気の心理を知って幸せな関係を取り戻す(4)〜カウンセリングの実例 浮気問題の解決〜
427-1.離婚の危機を乗り越えて(1)〜ホッとしてあふれ出す感情〜
427-2.離婚の危機を乗り越えて(2)〜元鞘は“ゴール”ではなく折り返し地点〜
427-3.離婚の危機を乗り越えて(3)〜受容と解放と見えない罪悪感〜
427-4.離婚の危機を乗り越えて(4)〜許しの向こうにある10倍のロマンス〜
499.離婚〜不安な心の乗り越え方〜

この心理学講座をメールマガジン『まぐまぐ』で購読しませんか? (マガジンID:0000100067) サンプルはこちら
◆購読
◆解除
Powered by
まぐまぐトップページへ

●すぐに役立つ心理学が「耳」で聴けます!>>>心理学講座音声配信サービス きくまる
当社のカウンセラーが各種講座で話したレクチャーの内容を録音。
講座の臨場感そのままに、時には笑え、または、胸がじーんと熱くなり、なるほど!と目からうろこが落ちる話が満載!

ダウンロードサービス きくまる

●カウンセリングを使ってみませんか?(初回無料電話カウンセリング/面談カウンセリング/電話カウンセリング有料コース)

カウンセリング予約センター>>>
   06-6190-5131 (受付時間:12:00-20:30/月曜定休。月曜祝日の場合は翌火曜日)

無料カウンセリングのご案内・・・90名以上のプロカウンセラーとの初回無料電話カウンセリング!
面談カウンセリング、電話カウンセリングセットコースのご案内
カウンセリングルーム(東京/大阪/名古屋/福岡/高崎/前橋)のご案内

●心理学講座をライブで体験!!(心理学ワークショップ)
弊社人気カウンセラーが講師として登場!心理学ワークショップは、東京/大阪/名古屋/福岡で毎月開催中!
心理学ワークショップ

●取材・執筆・講演・研修・企画などのご依頼・ご相談は・・・
TEL:06-6190-5611/ FAX:06-6190-5612 / E-Mail(お問合せフォーム) よりお願いします。
※過去の雑誌・テレビ・ラジオ・講演会などの実績につきましては「会社案内ページ」にて紹介しています。
私達がお役に立てることがございましたら、ぜひ、ご相談下さい!

●リンクフリーですが、記事の無断転載を禁止します。

 

>心理学講座の目次へ戻る<

■ カウンセリングサービス ■
カウンセリング予約センターTEL:06-6190-5131 / 06-6190-5613 :: TEL 06-6190-5611 :: FAX 06-6190-5612
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 : : 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-17-602(郵便物はこちらへ)
電話>月曜定休12:00〜20:30 :: FAX / E-Mail>無休24時間受付  collaborated by 神戸メンタルサービス(資) & カウンセラー養成スクール