お問合せカウンセリングサービスって?サイトマップトップページに戻る
 
Lecture.679-3 お父さんとの関係を考える(3)〜女性編〜
講師:原裕輝

お父さんとの関係で女性に影響してくるジャンルの代表と言えば恋愛だと言えるでしょう。
女性にとって、お父さんは身近な異性であり、良くも悪くもあなたの男性へのイメージに多大な影響を及ぼしている人だと言えます。
お父さんからパートナーシップに関してどんなイメージをもらっているか気づくことができると、その影響から解放されることができるでしょう。

Keywords
父親 恋愛 気づく イメージ ネガティブ

●お父さんとの関係で恋愛に影響がでる!

お父さんとの関係で女性に影響してくるジャンルの代表と言えば恋愛だと言えるでしょう。

女性にとって、お父さんは身近な異性であり、良くも悪くもあなたの男性へのイメージに多大な影響を及ぼしている人だと言えます。

例えば、お父さんのコミュニケーションが上手くあなたの気持ちに寄り添うことができ、気持ちをさっすることができる人だったとします。

すると身近な男性のサンプルであるお父さんから、男性はコミュニケーションで気持ちに寄り添うことができ、気持ちをさっする力があるものということを学びます。

男性のコミュニケーション能力とはこれくらいあるものだというイメージをお父さんとの関係で作るわけです。

そして大きくなりパートナーシップを持つと、今まで身近な異性であったお父さんからもらった“男性のコミュニケーション能力とはこれくらいあるものだというイメージ”を基準に男性と接することになります。

パートナーシップは家族との関係くらい親密な関係であり、他の人間関係とはまた違う特別な関係となります。

すると普段の人間関係では出てこないニーズ(欲求)というものがパートナーシップではでてきやすくなります。

わかって欲しい、よりそって欲しい、共感してほしい、さっして欲しいなどのニーズは他の人間関係よりも強く出てきます。

しかし一般的に男性は気持ちに寄り添うことが下手で、気持ちをさっすることが苦手です。

わかって欲しい、よりそって欲しい、共感してほしい、さっして欲しいというニーズは強く出てくるものの、パートナーである男性はそれに上手く答えられないことがしばしばでてきます。

お父さんからもらった男性のイメージがコミュニケーションで気持ちに寄り添うことができ、気持ちをさっする力があるというイメージのままで、そんなパートナーに接してしまうとパートナーに不満を持ちやすくなります。

なぜなら、もともとと男性は苦手なものであるから私のパートナーも上手くできないのだという認識よりも、男性は気持ちがわかる、よりそう、共感、さっすることができるはずにも関わらず私のパートナーはそれができないという認識のほうが不満になりやすいと思いません?

しかし、そこで『お父さんとの関係で作った“男性とはこういうものというイメージ”でパートナーを見ていたけどそうとは限らないのだ、さっすることが苦手な人にさっすることができて当たり前と厳しい水準で接してしまっていたんだなぁ』と気づけると不満を少しでも感じにくくすることができます。

このようにお父さんからもらった“男性とはこういうものだ”というイメージがパートナーシップの関係で良かれ悪しかれと影響してくることが多々あるのですね。

他にも例えをあげてみましょう。
例えば、お父さんが浮気性でお母さんを泣かせていたとします。

そのことから “男は浮気するものだというイメージ”を持ってしまったりします。

すると“男は浮気するものだというイメージ”を持っていることから、パートナーシップを持つことに慎重になってしまったり、パートナーに疑いの気持ちを持ちやすくなってしまうことがあるのです。

カウンセリングでもクライアントさんから「彼氏の会社であったことの話を聞いていると『最近会社の女の子の名前が良く出てくるけどもしかして気があるんじゃないのかなぁ?』ということが脳裏をかすめたりするんですよね」などというような話を聞かせてもらったります。
このように疑いの気持ちが出やすくなることがあるわけです。

これも『お父さんとの関係で作った“男性とはこういうものというイメージ”でパートナーを見ていたけどそうとは限らないのだ。この人はお父さんとは別人だし誠実な人だ。お父さんとの関係で作ったイメージを見るのではなくこの人自身を見よう』と気づけると疑いを少しでも感じにくくすることができます。

お父さんとの関係で作ったイメージが影響していると気づくことが大切なわけですね。

この気づくということは実に大事なことなのです。

お父さんとの関係で自分はどんなイメージを作っているかを知り、そのイメージからどんな風に捉えがちになるのか自分の傾向を知ることができるとパートナーシップでネガティブな影響を受けにくくなることでしょう。

>>>『お父さんとの関係を考える(4)〜大人になったからこそ深く理解できる愛〜』〜につづく

関連する講座へのリンク集

1.心の仕組み〜意識・潜在意識・無意識〜
92.お父さんとの関係を見つめてみよう(女性編)

この心理学講座をメールマガジン『まぐまぐ』で購読しませんか? (マガジンID:0000100067) サンプルはこちら
◆購読
◆解除
Powered by
まぐまぐトップページへ

●すぐに役立つ心理学が「耳」で聴けます!>>>心理学講座音声配信サービス きくまる
当社のカウンセラーが各種講座で話したレクチャーの内容を録音。
講座の臨場感そのままに、時には笑え、または、胸がじーんと熱くなり、なるほど!と目からうろこが落ちる話が満載!

ダウンロードサービス きくまる

●カウンセリングを使ってみませんか?(初回無料電話カウンセリング/面談カウンセリング/電話カウンセリング有料コース)

カウンセリング予約センター>>>
   06-6190-5131 (受付時間:12:00-20:30/月曜定休。月曜祝日の場合は翌火曜日)

無料カウンセリングのご案内・・・90名以上のプロカウンセラーとの初回無料電話カウンセリング!
面談カウンセリング、電話カウンセリングセットコースのご案内
カウンセリングルーム(東京/大阪/名古屋/福岡/高崎/前橋)のご案内

●心理学講座をライブで体験!!(心理学ワークショップ)
弊社人気カウンセラーが講師として登場!心理学ワークショップは、東京/大阪/名古屋/福岡で毎月開催中!
心理学ワークショップ

●取材・執筆・講演・研修・企画などのご依頼・ご相談は・・・
TEL:06-6190-5611/ FAX:06-6190-5612 / E-Mail(お問合せフォーム) よりお願いします。
※過去の雑誌・テレビ・ラジオ・講演会などの実績につきましては「会社案内ページ」にて紹介しています。
私達がお役に立てることがございましたら、ぜひ、ご相談下さい!

●リンクフリーですが、記事の無断転載を禁止します。

 

>心理学講座の目次へ戻る<

■ カウンセリングサービス ■
カウンセリング予約センターTEL:06-6190-5131 / 06-6190-5613 :: TEL 06-6190-5611 :: FAX 06-6190-5612
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 : : 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-17-602(郵便物はこちらへ)
電話>月曜定休12:00〜20:30 :: FAX / E-Mail>無休24時間受付  collaborated by 神戸メンタルサービス(資) & カウンセラー養成スクール