お問合せカウンセリングサービスって?サイトマップトップページに戻る
 

幼少期のお子さんとの関係について、よく頂くご相談から心理学的なサポートをさせて頂きます。
第一子が生まれたとき、そこで初めて自分も「親」になります。だから、お子さんと一緒に親も成長していきますし、子どもによって親にさせてもらうという見方もあります。
だから、たとえ保育士さんや小児科の先生であっても、自分の子どもが生まれたら「親1年生」なんです。だから、自信がなくて当たり前なんです。
そして、そんな子どもたちに投影されるのは自分自身のインナーチャイルドです。自分の幼少期と無意識に自分の子どもを重ね合わせ、様々な感情を感じます。
自分を愛せない分、子どもを愛する自信が持てないのです。したがって、カウンセリングやセミナーの中では、子どもを愛するために、まずは自分自身を愛することから始めて行きます。
不完全なままでいいんです。今の自分にできることを子どもにしてあげることで十分なのです。そんな点に気付いて頂ければ幸いです。

Keywords;子育て インナーチャイルド 投影の法則 許し 自己愛

Lecture.678-1

幼い我が子との関係に自信が持てない時に(1)〜自分が親でいいのだろうか?〜

講師:根本裕幸
子育てはもちろん、子作りの段階でも「自分が親でいいのか?」という不安を持たれる方は少なくありません。カウンセリングやセミナーでも、よくご相談頂きます。
それは当然ですよね。初めてのことですから分からないことだらけです。子どもが生まれて初めて「親」になります。つまり、始めから完璧な親などいないのです。そして、最近胎内記憶の研究などから「子供は親を選んで生まれてくる」ということも説明されています。だから、あなたは親として選ばれた存在なのです。
Keywords
子育て 親子関係 夫婦関係 自己嫌悪 親を選ぶ

「自分の子どもをうまく愛せない」
「将来が心配で過保護になってしまう」
「ちゃんと育ってくれるかどうかが不安」
「子どもが出来てから夫婦関係が変わってしまった」

そんな問題を抱えられるお母さん(やお父さん)からの相談も数多く頂いています。
私も妻と子どもを育てながら、幾度となく問題にぶつかってきました。
子どもの健康の問題、教育、育て方、性格から、友達関係、ママ友との付き合い、学校の選択、習い事、将来の教育方針等々、悩みは尽きません。

その一方で、私たち夫婦にとって子どもたちはやはり天使です。
ストレスの素になりつつも、同時に、偉大なヒーラーたちで、彼らがいない生活は本当に考えられません。

そんな子どもたちに対して親として何ができるだろう?何をしてやれるだろう?ということをずっと考えてきて、できることはできる範囲で実践しています。

でも、まだまだ足りないな、十分ではないな、と、つい自己嫌悪してしまいますが、逆にそれだけ愛したい存在だからこそ、そう感じるんですよね

大切だからこそ、悩むし、不安にもなるんです。

カウンセリングやセミナーで、子どもに関するご相談を頂く時、そのことを必ず伝えるようにしています。

「お子さんのことでなぜそんあに苦しいのか、辛いのかと言うと、それだけ愛してるからですよね。すごく大切な存在だからこそ、悩むんですよね。」と。

今回はカウンセリングでよく頂く相談を元に、特に幼少期の子育てについて考えてみたいと思います。
ずばり、幼少期の子どもに見る者は“自分自身の姿”です。

●自分が親でいいのだろうか?

大切な我が子と接すると多くの自己嫌悪や自信のなさが出てくるものです。

「自分が母親(父親)として不十分じゃないか?」
「自分が親なことが申し訳ない」

そういうことが理由で子どもを作ることの躊躇する夫婦にもよくお会いします。
「子どもは欲しいのだけど、親になる自信が持てません」と。

でも、ご安心ください。みんながその思いを通りますから。
自信満々で親になる人っていないと思うんですよね。

保育士さんのクライアントさんがおっしゃってました。
「私も仕事で乳幼児を受け持っているんですけど、自分の子どもは全然違いますよね。全然自信が無いですもの。夫に言ったら目を丸くしてましたが」

小児科のお医者さんも言ってました。
「やっぱり悩みますよ。自分の子を冷静に診るって難しいですから、何かあったら仲間に任せてます(笑)妻にも『変なの』っていつも言われますけど」

職業としてお子さんに接する方々も、やはり自分の子となると違うみたいです。
もちろん、全員がそうではないと思いますけど。

“子どもに親にしてもらう”という言葉があります。
子どもが生まれて初めて私たちは“親”になります。
子どもが1歳になったら、私たちは“親”として1歳になったに過ぎないのです。

だから、未熟で当然ですよね。

そして、心理学の世界では「子どもは親を選んで生まれてくる」と考えられています。最近では“胎内記憶”の研究などを通じて、その実例もたくさん出てきています。

だから、あなたが親として不安であることも、自信がないことも、不十分であることも分かって子どもは生まれてくると思っていいんです。

さらに言えば、障害を持つことも、病気になることも、将来パパとママが離婚することも、そういうことも分かって生まれて来るのです。

だから、ちゃんと彼らは分かっています。
それを言葉で表現しないだけで、ちゃんと受け入れて生まれてくるのです。

完璧な親になろうとせず、未熟な自分を受け入れ、子どもに育ててもらって親になっていくくらいの気持ちでいいと思うんですね。

ちゃんとした大人として、親として振舞おうとすると、それが余計なプレッシャーになってしまいます。
そういう方こそ「放っておいても子は育つ」という格言を忘れないで下さいね。
そして、その真剣な思いから、自分自身の中の愛に気付いてください。

>>>『幼い我が子との関係に自信が持てない時に(2)〜子どもを愛せない〜』につづく

関連する講座へのリンク集

29.子育てサポート1〜第一反抗期の過ごし方(3・4歳)〜
159.育ての心理学〜叱る育て方と褒める育て方〜
339-1.パパとママへの心理学(1)〜子供を怒鳴ってしまうとき〜
339-2.パパとママへの心理学(2)〜親と子供はそっくりさん〜
339-3.パパとママへの心理学(3)〜パパとママの心を解放することの大切さ〜
339-4.パパとママへの心理学(4)〜子供の欲しい物は3つある〜
450-1.親子関係でうまれる癒着の心理(1)〜癒着とは〜
450-2.親子関係でうまれる癒着の心理(2)〜親子関係の癒着が起こす問題 親側編〜
450-3.親子関係でうまれる癒着の心理(3)〜親子関係の癒着が起こす問題 子ども側編〜
450-4.親子関係でうまれる癒着の心理(4)〜親子関係の癒着が起こす問題 子ども側編2〜

この心理学講座をメールマガジン『まぐまぐ』で購読しませんか? (マガジンID:0000100067) サンプルはこちら
◆購読
◆解除
Powered by
まぐまぐトップページへ

●すぐに役立つ心理学が「耳」で聴けます!>>>心理学講座音声配信サービス きくまる
当社のカウンセラーが各種講座で話したレクチャーの内容を録音。
講座の臨場感そのままに、時には笑え、または、胸がじーんと熱くなり、なるほど!と目からうろこが落ちる話が満載!

ダウンロードサービス きくまる

●カウンセリングを使ってみませんか?(初回無料電話カウンセリング/面談カウンセリング/電話カウンセリング有料コース)

カウンセリング予約センター>>>
   06-6190-5131 (受付時間:12:00-20:30/月曜定休。月曜祝日の場合は翌火曜日)

無料カウンセリングのご案内・・・90名以上のプロカウンセラーとの初回無料電話カウンセリング!
面談カウンセリング、電話カウンセリングセットコースのご案内
カウンセリングルーム(東京/大阪/名古屋/福岡/高崎/前橋)のご案内

●心理学講座をライブで体験!!(心理学ワークショップ)
弊社人気カウンセラーが講師として登場!心理学ワークショップは、東京/大阪/名古屋/福岡で毎月開催中!
心理学ワークショップ

●取材・執筆・講演・研修・企画などのご依頼・ご相談は・・・
TEL:06-6190-5611/ FAX:06-6190-5612 / E-Mail(お問合せフォーム) よりお願いします。
※過去の雑誌・テレビ・ラジオ・講演会などの実績につきましては「会社案内ページ」にて紹介しています。
私達がお役に立てることがございましたら、ぜひ、ご相談下さい!

●リンクフリーですが、記事の無断転載を禁止します。

 

>心理学講座の目次へ戻る<

■ カウンセリングサービス ■
カウンセリング予約センターTEL:06-6190-5131 / 06-6190-5613 :: TEL 06-6190-5611 :: FAX 06-6190-5612
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 : : 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-17-602(郵便物はこちらへ)
電話>月曜定休12:00〜20:30 :: FAX / E-Mail>無休24時間受付  collaborated by 神戸メンタルサービス(資) & カウンセラー養成スクール