お問合せカウンセリングサービスって?サイトマップトップページに戻る
 
Lecture.583-4 自己肯定感を高めていこう!を考える(4)〜自分はこれでいいんだ!〜
講師:原裕輝
自己肯定感は2タイプあります。
一つは自分はこんな良いところもあるし、こんな魅力も持っていて自分はすばらしい!と思うタイプの自己肯定感。もう一つは自分はこれでいいんだと思うタイプの自己肯定感です。
自分はこれでいいんだと自分を肯定できるというのは、自分の至らなさを許して受け入れるということが必要になります。
そうして自分はこれでいいと思えた時は、楽さと折れない自信を手に入れられることでしょう。
Keywords
自己肯定感 許し 受け入れる 自分はこれでいい 批判

●自分はこれでいいんだ!

実は自己肯定感は2タイプあります。

一つは自分はこんな良いところもあるし、こんな魅力も持っていて自分はすばらしい!と思うタイプの自己肯定感。
もう一つは自分はこれでいいんだと思うタイプの自己肯定感です。

私のカウンセリング経験上では、どちらかというと自分はこれでいいんだと思う自己肯定感を身につけることのほうに難しさを感じる人が多いように思います。

自分はこれでいいんだと自分を肯定できるというのは、自分の至らなさを許して受け入れるということが必要になります。

自分の至らなさを責めていながら至らない部分がある自分のことを“自分はこれでいいんだ”とは思えませんよね?

+++

自分の至らなさを見つけていき、そこを補ったり、修正しようとすることで成長できることがあります。

例えば、『私の言葉使いには思いやりにかけるところがあるな』と思うと、『これから気をつけて思いやりをもった言葉をかけていくよう心がけよう』と至らなさを見つけていき、そこを補ったり、修正して成長していけたりします。

よくよく考えると私たちは幼いころから、自分の至らなさを見つけていき、そこを補ったり、修正して成長をしてきているようです。

例えば、幼い頃ボタンを一人でつけられないころがありました。お箸を上手く扱えないころもありました。そのできないことをできるようにしようとして成長しました。
このように自分の至らない部分を見つけて、そこを補ったり、修正して成長していくというのは幼いころからずっとやってきているやり方なんですよね。

まずは至らない点を見つけて・・・ということを繰り返しやってきているせいなのか大人になると自分の至らなさに意識をフォーカスさせるのがとても上手になっています。
そして自立している度合いだけ、自分に厳しくなり至らなさを律しようとする気持ちが強くなっています。
すると自分の至らなさを許せなくなってしまうんです。

しかし自分の至らないところを律して、そこを補ったり、修正していくことは成長することに役立ってきたのですが、自分の至らなさを許せないレベルまで自分を律しようとすると自分を否定しがちになり自己肯定感を下げかねません。成長するどころか成長のさまたげになってしまいます。

そんな時は自分の至らなさを許し、受け入れることが成長のテーマになっていきます。
成長するためのやり方が変わっていくんですね。

+++

・誰かへの批判をやめる、許していく

自分の至らなさを許そうとする時は、他人(親兄弟なども含めた他人)にしている批判をやめていくことも一緒にしていくのがお薦めです。

なぜかといますと、他人の批判をやめていくということをしていくと、自分の至らなさを許しやすくなっていくことがあるからなんです。

誰かを批判していると、その批判している分野は自分の至らなさを許せなくなる分野になってしまうんです。

例えば、「あの人は気持ちを察してくれない」とあなたが批判をしている相手がいたとします。
すると、自分にも人の気持ちを察することができないところがあると、相手を批判している分野と同じものを持っている自分を嫌ったり、批判したり、許せなくなってしまうからです。

逆に他人への批判していたのを辞めて、他人の批判していた至らない分野を許していくことができると、自分が持っている同じ至らない分野を許しやすくなります。

許しは人の為ならずといいますが、自分の至らなさを許していく為になるんですね。

+++

至らない部分があってもいい!と至らないところもあるご自身のを許し、そしてそんな自分を受け入れていくと、自分はこれでいいんだという自己肯定感を手に入れられるでしょう。

そうすると楽さと折れない自信を手に入れられると思うのです。

至らない部分があってもいい!と至らないところもあるご自身を許し、受け入れていってあげてくださいね。

(完)



関連する講座へのリンク集

285.何もできない自分を許す〜自分を責めるよりも偉大なこと〜
400-4.緊張する心理(4)〜自分を許す〜
465-1.自己肯定感の心理学(1)〜自己肯定感は大切〜
465-2.自己肯定感の心理学(2)〜自己肯定感の低さが引き起こす問題〜
465-3.自己肯定感の心理学(3)〜自己肯定感が傷つくとき〜
465-4.自己肯定感の心理学(4)〜自分を認めてあげましょう〜

この心理学講座をメールマガジン『まぐまぐ』で購読しませんか? (マガジンID:0000100067) サンプルはこちら
◆購読
◆解除
Powered by
まぐまぐトップページへ

●すぐに役立つ心理学が「耳」で聴けます!>>>心理学講座音声配信サービス きくまる
当社のカウンセラーが各種講座で話したレクチャーの内容を録音。
講座の臨場感そのままに、時には笑え、または、胸がじーんと熱くなり、なるほど!と目からうろこが落ちる話が満載!

ダウンロードサービス きくまる

●カウンセリングを使ってみませんか?(初回無料電話カウンセリング/面談カウンセリング/電話カウンセリング有料コース)

カウンセリング予約センター>>>
   06-6190-5131 (受付時間:12:00-20:30/月曜定休。月曜祝日の場合は翌火曜日)

無料カウンセリングのご案内・・・90名以上のプロカウンセラーとの初回無料電話カウンセリング!
面談カウンセリング、電話カウンセリングセットコースのご案内
カウンセリングルーム(東京/大阪/名古屋/福岡/高崎/前橋)のご案内

●心理学講座をライブで体験!!(心理学ワークショップ)
弊社人気カウンセラーが講師として登場!心理学ワークショップは、東京/大阪/名古屋/福岡で毎月開催中!
心理学ワークショップ

●取材・執筆・講演・研修・企画などのご依頼・ご相談は・・・
TEL:06-6190-5611/ FAX:06-6190-5612 / E-Mail(お問合せフォーム) よりお願いします。
※過去の雑誌・テレビ・ラジオ・講演会などの実績につきましては「会社案内ページ」にて紹介しています。
私達がお役に立てることがございましたら、ぜひ、ご相談下さい!

●リンクフリーですが、記事の無断転載を禁止します。

 

>心理学講座の目次へ戻る<

■ カウンセリングサービス ■
カウンセリング予約センターTEL:06-6190-5131 / 06-6190-5613 :: TEL 06-6190-5611 :: FAX 06-6190-5612
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 : : 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-17-602(郵便物はこちらへ)
電話>月曜定休12:00〜20:30 :: FAX / E-Mail>無休24時間受付  collaborated by 神戸メンタルサービス(資) & カウンセラー養成スクール