お問合せカウンセリングサービスって?サイトマップトップページに戻る
 
Lecture.536

アドバイスをされて嫌な気分に陥る時の心理とその解消法

講師:三島桃子

人からアドバイスをもらった時に「自分が悪いと指摘された」と感じると、ちょっと嫌な気持ちを味わいます。それでもそのアドバイスが自分の役に立ちそうだと納得できたり、一瞬の腹立ちだけで流すことができれば、尾を引かず問題にもなりません。ところが嫌な気持ちが消えずにずっと残ってしまうこともあります。そんな時の私たちの心理状態とはどんなものなのでしょうか。表面的には漠然とした不安や怖れ、焦りなどを感じていることが多いのですが、心をよく観察してみると、そこには自分を責める気持ちが隠れている場合がほとんどです。そういう自分の気持ちをどう扱えば心が落ち着き、嫌な気持ちが消えていくのでしょうか。心の様子を把握した上で、自分のコンディションをよりよい方向へ向けてあげるために自分ができることを考えてみましょう。

Keywords
アドバイス 指摘 自分を責める 仕事 許し

◎リクエストを頂きました◎
===================================
いつも読ませていただいてます。会社の同僚が、自分の仕事ぶりを見て、いろいろアドバイスしてくれたのですが、
その時の自分は心の余裕がなく、そのアドバイスを素直に受け取れませんでした。その結果、同僚からアドバイスされたことが
頭から離れられなくなり、不安を抱えながら仕事をしているような状態です。こういう風になってしまうのは、
どういう心理が働いているんでしょうか?アドバイスと書きましたが、自分の中では「指摘された」感覚でいて、
「指摘された」=悪いイメージになっているようです。

(一部編集させていただいております。)
===================================

リクエストをいただきありがとうございます。

仕事に限らず、人からアドバイスをもらった時にそれをどう受け取るか、というのは案外難しいものです。

自分からアドバイスを求めた場合でも、そのアドバイスをそのまま実行できるかと言えばそうではないことも多いでしょう。また、自分から求めたわけではない場合には、リクエストの方が書いておられるように、アドバイスというより「自分が悪いと指摘された」と感じてしまうこともあります。

それでもその場限りで流せてしまえば問題にならないのかもしれませんが、嫌な感覚が頭から離れなくなり、気持ちが不安定になってしまうと自分がつらいですよね。そこに隠れている心理や、解消のためのヒントを探ってみたいと思います。

何かが頭にこびりついて嫌な気持ちが続いてしまう時というのは、実は心の中ではいくつもの感情がぐるぐるまわっています。

リクエストの方の場合はどんな感情があるのでしょうか。

可能性があるのは以下のようなものだと思います。

A.アドバイスしてくれたのに受け取らなかったのは悪いことをしたかもと不安

B.受け取らなかったことで相手が気分を害して人間関係を悪くしてしまうかもと不安

C.指摘された自分は無能なのかもと不安

D.余裕がないところにあれこれ言われて腹が立った

E.上から目線で「おまえはなっていない」と言われたような感じがして気分が悪い

人はこういったいろいろな感情を同時に感じるものです。一つ一つの感情も嫌な気持ちにつながりますし、これらを同時に感じるごちゃごちゃした感覚そのものもストレスになるので、全体としてはかなり重いものとして感じられます。

けれども少し整理してみると、A、B、Cは自分を責める気持ちが強いのですが、D、Eは相手を責めるような気持ちです。実は大きく分けると、自分を責める気持ちと、相手を責める気持ち、というように見ることもできます。

そして、自己攻撃と他者攻撃は表裏一体で、人は、自己攻撃をする度合いだけ他者攻撃をする、と心理的には見ることができます。また、どちらが先にくるかと言えば、自己攻撃です。自己攻撃がなければ、人は他者を攻撃するような気持ちにはならないものなのです。

自己をとことん攻撃してぎりぎりまで追い詰めた時、自分を防衛するために自己攻撃のエネルギーを他者攻撃に転嫁すると言われています。

リクエストの方の場合は、「悪いところを指摘された」と感じることで、無意識にたくさんの自己攻撃をしてしまって、結果的に他者攻撃も無意識の中で起こり、その混沌とした気持ちの状態から、心のコンディションが崩れている(不安が強くなっている)のかもしれないですね。

こういった状態を改善するためには、「自己攻撃を小さくする」ことが役に立ちます。

「心のコンディションが崩れる」というのはかなりつらいことで、自分もしんどいとは感じるのですが、一方で心は目に見えないために、自分がどれだけ追い詰められているかということはなかなかわからないものです。

でも、「心のコンディションが崩れる」というのは、「心が崖っぷちに立たされている状態」と言っても過言ではありません。崖っぷちに立たされている心をさらに責めたらどうなるでしょうか?心はラクになるでしょうか?それともいよいよ崖から転がり落ちていきそうになるでしょうか?

もちろんよけいに追い詰められ、転落しそうになりますよね。だとしたら自分を責めることは、自分をさらに苦しめるだけだということがおわかりいただけるかと思います。心のコンディションはもっと悪くなり、自分も苦しいし、仕事の上でも調子が上がりにくくなるでしょう。

ということは、自分のためにも、周りで一緒に仕事する人のためにも、自己攻撃、自分を責めること、をやめていく方がベターだと言えそうです。

例えば…

○アドバイスを受け取れなかった自分を「余裕がない時は誰でも受け取れない(実際そうなんです)のだからいいじゃないか」と許してあげる

○自分に指摘されるようなところがあるとしても、「まあいいじゃないか、一生懸命やっているのだし、そのうち余裕ができたら改善しよう(余裕ができれば実際改善できるものです)」と許してあげる

という感じですね。

こうやって自分を許してあげた方が、自然に余裕ができ、結果的には今後誰かからアドバイスがあったときに受け取りやすくなったり、そのアドバイスが本当に自分にとって役に立つものなのかどうか冷静に考えられるようになります。

また、「そうは言われても自分を許すなんてできない」と感じるようでしたら、そういうご自分を許してあげてください。「自分の心はそういうコンディションなのだな、それならそれで仕方がないな」と。

ひとつ自分を許すことができると、だんだんと自分に対する許しが広がり、心にいい作用を及ぼしていきますので、よかったら試してみてください。

 

関連する講座へのリンク集

31.自分に自信を持つ秘訣〜自信を取り戻すエクササイズ集〜
469.人の意見を聞かねばならぬと思うのは何故?〜Noが言えない理由を探る〜

この心理学講座をメールマガジン『まぐまぐ』で購読しませんか? (マガジンID:0000100067) サンプルはこちら
◆購読
◆解除
Powered by
まぐまぐトップページへ

●すぐに役立つ心理学が「耳」で聴けます!>>>心理学講座音声配信サービス きくまる
当社のカウンセラーが各種講座で話したレクチャーの内容を録音。
講座の臨場感そのままに、時には笑え、または、胸がじーんと熱くなり、なるほど!と目からうろこが落ちる話が満載!

ダウンロードサービス きくまる

●カウンセリングを使ってみませんか?(初回無料電話カウンセリング/面談カウンセリング/電話カウンセリング有料コース)

カウンセリング予約センター>>>
   06-6190-5131 (受付時間:12:00-20:30/月曜定休。月曜祝日の場合は翌火曜日)

無料カウンセリングのご案内・・・90名以上のプロカウンセラーとの初回無料電話カウンセリング!
面談カウンセリング、電話カウンセリングセットコースのご案内
カウンセリングルーム(東京/大阪/名古屋/福岡/高崎/前橋)のご案内

●心理学講座をライブで体験!!(心理学ワークショップ)
弊社人気カウンセラーが講師として登場!心理学ワークショップは、東京/大阪/名古屋/福岡で毎月開催中!
心理学ワークショップ

●取材・執筆・講演・研修・企画などのご依頼・ご相談は・・・
TEL:06-6190-5611/ FAX:06-6190-5612 / E-Mail(お問合せフォーム) よりお願いします。
※過去の雑誌・テレビ・ラジオ・講演会などの実績につきましては「会社案内ページ」にて紹介しています。
私達がお役に立てることがございましたら、ぜひ、ご相談下さい!

●リンクフリーですが、記事の無断転載を禁止します。

 

>心理学講座の目次へ戻る<

■ カウンセリングサービス ■
カウンセリング予約センターTEL:06-6190-5131 / 06-6190-5613 :: TEL 06-6190-5611 :: FAX 06-6190-5612
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 : : 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-17-602(郵便物はこちらへ)
電話>月曜定休12:00〜20:30 :: FAX / E-Mail>無休24時間受付  collaborated by 神戸メンタルサービス(資) & カウンセラー養成スクール