お問合せカウンセリングサービスって?サイトマップトップページに戻る
 

リーダーシップにどんなイメージがありますか?
リーダーシップというと職場でのリーダーシップを思いつきやすいんじゃないかと思います。
それだけではなく、友人関係でもリーダーシップをとることはありますし、パートナーシップでもリーダーシップを取ることがあります。
例えば、パートナーシップでコミュニケーション不足だと、コミュニケーションをもっと取るために『もっと積極的に話しかけてみよう』とどちらかがリーダーシップを取ることがあります。
意外とリーダーシップが求められるシーンって多いんですよね。
意外と求められるシーンが多いリーダーシップについて学んでみませんか?
今回はリーダーシップで意識してみたいことや、エゴの罠について触れてみました。

Keywords リーダシップ 反応する お願い 助け 自意識過剰

Lecture.518-1 リーダーシップの心理学(1)〜映画から学ぶ“お願い”〜
講師:原裕輝
昔、昔、映画のストーリーを人から聞いたときに、「リーダーシップの法則ってこういうことなんだろうなぁ」と思った覚えがあります。
それはリーダーシップのポジションにつくとチームのメンバーに、やる気をだしてもらい、チームでの勝利をつかめるよう考えていくことが必要になってきます。そのための大切な要素があります。
Keywords
リーダーシップ お願い 信頼 やる気 一人でやろう

●映画から学ぶリーダーシップ

昔、昔、ある人から仁義なき戦いという映画のストーリーを話してくれました。

ご存知ですか、仁義なき戦いという映画を?

古い映画で東映さんが作った任侠映画です。
若かりし菅原文太さんとか、松方弘樹さんとか、梅宮辰夫さんなどの現在の大御所さんたちがたくさんでているらしいです。

語ってくれたストーリーを聞いて「リーダーシップの法則ってこういうことなんだろうなぁ」と思った覚えがあります。

とは言え、実際には未だに見ていない映画なので、そのある人が語ってくれたストーリーが正確かどうかも怪しいのですが(だいぶん端折ってましたし)・・・(汗)

ですので、皆さんがその映画を見てリーダシップの法則を理解するために役立つかどうかは保証しかねるかぎりなのであります(笑)

ある人が語ってくれたストーリは、以下の感じでした。

***
金子信夫さん扮する山守の親分さんという人物がいるそうです。

その親分は自分の力では何もできない親分さんらしいんですね。

もめごとがあるたびに子分に泣きつくらしいんです。

「すまんのぉ〜。わしの代わり大阪に行ってなしをつけてきてくれんかのぉ?」
「すまんのぉ〜。九州に飛んでたまとってきてれくれんかのぉ?」という具合に。

すると子分役の菅原文太さんとか、松方弘樹さんとかが「へい、よろこんで」とか、「親分のためなら」という具合に各地方に行って、親分の代わりに活躍してくるらしいんです。

こうして山守の親分さんは自分では何もしないうちに子分の活躍によって天下を統一する映画らしいです。
※注:このストーリーが正確かどうかは、さだかではありません(笑)
***

語ってくれたこのストーリーを聞いて私が「リーダーシップの法則ってこういうことなんだろうなぁ」と思ったところは、どこだと思いますぅ?

それは親分が“お願いをしたこと”’なんです。

リーダーのお仕事は自分一人でやろうとすることでなく、周りにお願いをすることなんですよね。

リーダーシップのポジションにつくとチームのメンバーに、やる気をだしてもらい、チームでの勝利をつかめるよう考えていくことが必要になってきます。

その為の“お願い”なんですよね。

ちなみに、上から押さえつけるつけるようなえらそうな命令口調になると部下はやる気にはならないですよね?
偉そうにしてしまうリーダーの心理には自信の無さや、孤立感が隠れていることが少なくありません。

リーダーからお願いをされた部下は嬉しいと思うんじゃないかと思うんです。
信頼をされているというのを感じがするんじゃないかと思います。

嬉しいと、やる気が出てきます。
そうすると、チームの雰囲気がよくなったり、生産性があがったりと良い循環になっていくんですよね。

お願いをするというのは、逆に言えば信頼をするということではないでしょうか?

自立的なリーダーはついつい自分一人でやろうとしてしまいます。
しかし、自分一人の力でなんでもやろうというのは、いつか限界がきてしまいます。

自分一人で頑張りすぎず、周りを信頼していくとリーダーシップを上手くとれるかもしれませんね。

>>>『リーダーシップの心理学(2)〜リーダーシップのイメージは?〜』へ続く

 

関連する講座へのリンク集

18.私たちの成長プロセス『相互依存』〜成功の秘訣は失敗の秘訣 リーダーシップ編〜
139.コミュニケーション上手になる方法2〜お願いごとには理由をつけて〜
363.初めて部下を持った時の心理学〜心の葛藤を超えて〜

この心理学講座をメールマガジン『まぐまぐ』で購読しませんか? (マガジンID:0000100067) サンプルはこちら
◆購読
◆解除
Powered by
まぐまぐトップページへ

●すぐに役立つ心理学が「耳」で聴けます!>>>心理学講座音声配信サービス きくまる
当社のカウンセラーが各種講座で話したレクチャーの内容を録音。
講座の臨場感そのままに、時には笑え、または、胸がじーんと熱くなり、なるほど!と目からうろこが落ちる話が満載!

ダウンロードサービス きくまる

●カウンセリングを使ってみませんか?(初回無料電話カウンセリング/面談カウンセリング/電話カウンセリング有料コース)

カウンセリング予約センター>>>
   06-6190-5131 (受付時間:12:00-20:30/月曜定休。月曜祝日の場合は翌火曜日)

無料カウンセリングのご案内・・・90名以上のプロカウンセラーとの初回無料電話カウンセリング!
面談カウンセリング、電話カウンセリングセットコースのご案内
カウンセリングルーム(東京/大阪/名古屋/福岡/高崎/前橋)のご案内

●心理学講座をライブで体験!!(心理学ワークショップ)
弊社人気カウンセラーが講師として登場!心理学ワークショップは、東京/大阪/名古屋/福岡で毎月開催中!
心理学ワークショップ

●取材・執筆・講演・研修・企画などのご依頼・ご相談は・・・
TEL:06-6190-5611/ FAX:06-6190-5612 / E-Mail(お問合せフォーム) よりお願いします。
※過去の雑誌・テレビ・ラジオ・講演会などの実績につきましては「会社案内ページ」にて紹介しています。
私達がお役に立てることがございましたら、ぜひ、ご相談下さい!

●リンクフリーですが、記事の無断転載を禁止します。

 

>心理学講座の目次へ戻る<

■ カウンセリングサービス ■
カウンセリング予約センターTEL:06-6190-5131 / 06-6190-5613 :: TEL 06-6190-5611 :: FAX 06-6190-5612
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 : : 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-17-602(郵便物はこちらへ)
電話>月曜定休12:00〜20:30 :: FAX / E-Mail>無休24時間受付  collaborated by 神戸メンタルサービス(資) & カウンセラー養成スクール