お問合せカウンセリングサービスって?サイトマップトップページに戻る
 
Lecture.137 諦めの心理学〜怒りと絶望とデッドゾーン〜
講師:根本裕幸
私たちは、欲しいもの、大切なものが手に入らないときに怒りを使って我慢しようとします。それが「諦め」です。その心理的背景をご紹介。
Keywords
諦め
怒り
絶望
デッドゾーン
手放し

●“諦め”とは“怒り”の表現のひとつ

何かを諦めるようとするとき、僕達は怒りを使ってその欲求を押さえ込もうとします。
感情のパターンを知るには、子ども達の行動を見てみると分かりやすい(彼らは、感情の塊)ですから、ここでも例えてみましょう。

おもちゃ売り場にて「ママ〜、このおもちゃ買ってよ。ねえ、買ってよ〜」とねだってる男の子がいます。
ママは「ダメ!この前買ったでしょ?」って優しく諭すものの、男の子は「いやだ、いやだ、欲しいもん。買ってよ」とさらに激しく言い出します。
そこでママも堪忍袋の緒が切れて「ダメったらダメ。ほんとにわがままなんだから。我慢しなさい!」と押さえ込みますね。
そうするとその男の子は「じゃ、いらない!」ってプンと怒って、その場から駆け出します。

そうして僕達は「欲しいものを諦める」時、怒りを使って封じ込めようとするんです。

これは大人になっても同じです。

何度言っても洗濯物を脱ぎ散らかすご主人に対して「もう、あの人には何を言っても無駄なんだから・・・」と諦め顔の奥様。

そこに至るまでにはあの手この手を使って、何とかご主人を変えようとがんばってきたのかもしれません。
でも、もういいわ・・・と怒ることに疲れてしまったときに「諦め」が出てきます。

また、素敵な人と知り合い、恋愛をしても、いつもうまく行かなくなる女性。
「どうせ、私なんて結婚なんてできないわ・・・」と諦めてしまうかもしれません。
でも、そこまでには一生懸命頑張ってきたんじゃないでしょうか?
それでもうまく行かなくて、どうして?って自分や相手に怒りを感じ、やがて自分に愛想を尽かすように(自己嫌悪)、あるいは「男なんて・・・」と絶望し、諦めの境地に至ったのかもしれません。

怒りは「感情のフタ」と言われますが、そのフタが堅固なものになればなるほど“諦めてしまう”ことになるんです。
これは人の成長プロセスで言う「デッドゾーン」に当てはまるところです。
デッドゾーンとは「dead zone」、すなわち、感情が死んでしまったような状態を表すんです。

●“諦め”の作るパターン

そんな風に僕達は何かを諦めようとするときに怒りを使います。
でも、誰も好んで「怒り」を感じたくはないですから、諦めてしまっていることに関しては、できるだけ無関心を装おうとするんです。

「結婚なんて無理」と諦めてしまったとしたら、「結婚」というジャンルからはできるだけ遠ざかろうとしますね。
興味のないふりをしてしまいます。
でも、怒りがなくなったわけではないので、友達から“結婚しました”葉書が届いた瞬間に、びりびりに破ってしまいたい衝動に駆られたりします。

そこで自立的な人の場合は強がって、その怒りを抑圧します。
「結婚することに意味なんてないわ。わざわざ苦しもうとするようなものよ」

依存的なタイプならば、きっと愚痴や恨み辛み、嫉妬が出てくるでしょう。
「きっとあの子は幸せになれないに決まってるわ」

そして、一生懸命、より強く感情を抑圧し、デッドゾーンを深めていくのです。

また、諦めていることが多くなると、無気力にもなっていきます。
感情を感じないようにすると、ネガティブなものだけでなく、嬉しい、楽しい、気持ちいいといったポジティブな感情も感じられなくなるからです。

もちろん、将来に対して希望も持てなくなることが多いです。

「諦める」くらいのものって、本当は「すごく欲しかったもの」に違いないと思いません?
どうでも良いものだったら、わざわざ諦めるんじゃなくて最初から「興味ない」ことですよね。

だから、何かを諦めてしまうということは、同時に自分にとっての希望の光を自分で消してしまうことになるんです。

「何も楽しいことなんてない・・・」
と感じるとき、あなたは何かを諦めてしまっているのかもしれませんね。


●“諦め”と“手放し”

諦めてしまうと希望が見えず、いつもつまらなかったり、絶望を感じていたりします。
心がシーンとなってしまうような感じですね。

先ほど書きましたように、諦めてしまうためには、頑張って、頑張って、何とかしようとした時代があります。
だってすごく欲しかったものですから。

でも、それがうまく行かなかったときに「もう、諦めよう」とネガティブな選択をしてしまうんです。

似た言葉に「手放し」があります。

“手放し”と“諦め”は“卒業”と“中退”くらいの違いがあります。
学ぶべきことをきちんと学び、卒業することを“手放し”といい、
一方、学ぶべきことを(不可抗力があったとしても)投げ出してしまうことを“諦め”といいます。

だから、手放した時にはすっきりし、諦めた時にはあんまり気分が良くならないんです。

●絶望に向き合う

諦めてしまっている領域と向き合おうとするのは、そこへ至る頑張ってきた経緯や今の無気力さが邪魔してなかなか勇気が要ることです。
諦めてしまった領域にもう一度光を差し込もうとするのは、まるで苦労して閉ざしてしまった扉をもう一度開け放とうとするに等しく感じます。

だから、何よりも絶望が出てきます。

めんどくさい・・・
そんなことしても意味がない・・・
無駄だよ・・・

そんな無気力な言葉が自然と口を付いてくるかもしれません。

要するにとても嫌なんです・・・。

でも、自分を変えていくとき、あるいは、今のパートナーとの関係性を変えていくには、この領域を付きぬけていく必要がある場合も多いのです。

「またうまく行かなかったら?」という恐れも出てきます。

「じゃあ、私が間違っていたというわけ?」と自分を否定されたように感じることもあるかもしれません。

そういう気持ちを否定する必要はありません。
今、それを感じるのならば、そこからがスタートになります。
でも、その時点で、すでに向き合い始めているんですよ。

今感じる一つ一つの気持ちを受け止めていくことが、感情と向き合うことです。
感情を感じていれば、そのうち違う感情に変わっていきます。

●“諦め”の持つ可能性

諦めに至る、絶望を感じる仕組み(考え方、価値観など)が自分の中にあることを知り、それを理解し、変えていくことで、“気がつけば”絶望の中に一筋の光明を見出している自分に気付けます。

諦めてしまっている領域に光を当てるということは、未開の大地を切り開く様子に似ています。
あらゆる可能性がそこに眠っていることも少なくありません。

特に遠い昔に諦めてしまったものを取り戻していくプロセスでは、その人の持つ才能や魅力が次々と開花されていきます。

「もう恋なんてしない」と諦めてしまった方が、もう一度「素敵な恋をしたい」とチャレンジするのは勇気が要ることです。
その時、過去の失恋の痛みが出て来たり、その頃の自分を振り返ったりすることで、新しく学べることがたくさん出てきます。
誤解に気付けることも多いし、眠っていた魅力に気付き始めることもあります。

そんなときは、まるで自分が新しく生まれ変わったような実感を持つんですね。

それが希望になり、また、何とかなりそうな予感を抱かせてくれます。

物事がうまく行かないな・・・と感じたときは、あなたが諦めてしまっていることに目を向けると良いのかもしれません。

関連する講座へのリンク集
lec.8. 怒りの心理学
lec.7. 私達の成長のプロセス〜Part 2 『自立』〜
lec.85. デッドゾーンを越える為に〜あの山を越えた向こうに見えるもの〜
この心理学講座をメールマガジン『まぐまぐ』で購読しませんか? (マガジンID:0000100067) サンプルはこちら
◆購読
◆解除
Powered by
まぐまぐトップページへ

●すぐに役立つ心理学が「耳」で聴けます!>>>心理学講座音声配信サービス きくまる
当社のカウンセラーが各種講座で話したレクチャーの内容を録音。
講座の臨場感そのままに、時には笑え、または、胸がじーんと熱くなり、なるほど!と目からうろこが落ちる話が満載!

ダウンロードサービス きくまる

●カウンセリングを使ってみませんか?(初回無料電話カウンセリング/面談カウンセリング/電話カウンセリング有料コース)

カウンセリング予約センター>>>
   06-6190-5131 (受付時間:12:00-20:30/月曜定休。月曜祝日の場合は翌火曜日)

無料カウンセリングのご案内・・・90名以上のプロカウンセラーとの初回無料電話カウンセリング!
面談カウンセリング、電話カウンセリングセットコースのご案内
カウンセリングルーム(東京/大阪/名古屋/福岡/高崎/前橋)のご案内

●心理学講座をライブで体験!!(心理学ワークショップ)
弊社人気カウンセラーが講師として登場!心理学ワークショップは、東京/大阪/名古屋/福岡で毎月開催中!
心理学ワークショップ

●取材・執筆・講演・研修・企画などのご依頼・ご相談は・・・
TEL:06-6190-5611/ FAX:06-6190-5612 / E-Mail(お問合せフォーム) よりお願いします。
※過去の雑誌・テレビ・ラジオ・講演会などの実績につきましては「会社案内ページ」にて紹介しています。
私達がお役に立てることがございましたら、ぜひ、ご相談下さい!

●リンクフリーですが、記事の無断転載を禁止します。

 

>心理学講座の目次へ戻る<

■ カウンセリングサービス ■
カウンセリング予約センターTEL:06-6190-5131 / 06-6190-5613 :: TEL 06-6190-5611 :: FAX 06-6190-5612
〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-8 : : 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-17-602(郵便物はこちらへ)
電話>月曜定休12:00〜20:30 :: FAX / E-Mail>無休24時間受付  collaborated by 神戸メンタルサービス(資) & カウンセラー養成スクール