いま、パートナーのいない人のために

出会いにこだわりすぎるとなかなか相手に巡り会えない?!

こんばんは。

神戸メンタルサービスの平です。

恋愛のご相談をうかがっている中で、いつもみなさんから言われることに、「早く私も恋愛の相談をしてみたいです」というものがあります。

つまり、「パートナーができない」というご相談です。

とても長い間、このご相談にはのってきましたし、パートナーがいないという方の深層心理に関しては、このメルマガでも何度も書かせていただきました。

そこでいつも感じているのは、パートナーを作るということを、「傷つくのが恐い」という自己概念が邪魔していることが多い、ということです。

このタイプの人は、恋愛のプラス面よりも、恋愛のマイナス面に目がいってしまうことが多いようです。

同じようなタイプとしては、失恋したとき、その失恋を長く引きずってしまう人もいます。

失恋後、すぐに新しいボーイフレンドを探せる人もいるわけですが、引きずってしまう人の場合、やはり深層心理で、恋愛のネガティブな面ばかり見てしまうという傾向があるのです。

たとえば、『仲が悪い両親』というのはわかりやすい例でしょう。

いつもケンカしているのを見ていたとしたら、当然、「ああはなりたくないものだ」と思います。ましてや、両親が離婚してしまったようなケースでは、「離婚なんて、ぜったいしたくない」と思うでしょう。

その気持ちがすごく強くなると、ぜったい離婚しない方法の一つとして、「結婚しなければ、離婚することもない」と深層心理はしばしば考えるのです。

結婚というものにネガティブなイメージをもつことによって、あえて結婚に興味を示さないようにしているケースは、実際、とても多く見られます。

同じように、失恋を引きずる人のなかには、あえて前の恋愛を引きずっているという場合もしばしばあります。

この前の失恋が、あまりにもつらかったので、また人をすごく好きになって、ふられてしまうようなことがあったら、「前の失恋の傷の上にさらなる深手を負ってしまう」、「自分のハートはもうつぶれてしまう」と感じているのです。

それで、心がつぶれてしまわないように、前の失恋を引きずって、新しく人を好きにならないように、新しい恋をしないようにと心が防衛しているのです。

こういうタイプの人の恋愛に関する深層心理には、「すごく人を好きになって、失恋すると、ものすごく傷つく」という定義ができています。

そのために、恋愛とはよいものではなく、「傷ついて苦しむものだ」という思い込みがあることが多いようです。

反対に、失恋しても、引きずらず、立ち直りの早い人は、「恋愛とは、彼とラブラブしたり、イチャイチャしたりするもの。男性というものは、いつだって私をいい気分にしてくれる存在」といった定義をもっていて、恋愛に対しても、プラスのイメージをたくさんもっています。

もちろん、あなたの未来がどうなるかは、だれにもわかりません。

でも、もし、あなたが、「愛する人と巡り会い、未来はとても素晴らしいものになる」とイメージできたとしたら、いま、「なんとしてもそのパートナーを見つけよう」とがんばれるわけです。

ところが、あなたがイメージをする未来が、「どうせ、結婚なんかしたところで・・・」というようなネガティブなものだと、いま、あなたの心がパートナーを探したりすることから遠ざかってしまうのです。

私の知り合いに、「恋愛とは自分で彼氏を見つけてするもので、お見合いや結婚紹介所に頼るなんて邪道だ!」という思い込みをもっている人がおりました。

いま、彼女は3人の子どもをもって、とても幸せな結婚生活を送っています。

しかしながら、当時はなかなか恋愛がうまくいかないタイプだったのです。

恋愛映画や恋愛ドラマがそうであるように、恋愛について、彼女がいちばんこだわっていたのは『出会いだったのです。彼女曰く、「運命的な出会いがないと、恋愛にいきつかない」。つまり、運命的な出会いこそが、彼女にとって、いちばん大事なことだったのです。

ティーンエイジャーの女性たちの中にも、こういう考えをもっている人は意外と多いようです。

でも、実際にカップルになっている人たちに、「あなたたちの出会いは、運命的だったり、劇的だったりしましたか?」と聞くと、「ふつう」とか「べつに・・・」という回答が返ってくることが圧倒的に多いのです。

客観的に考えると、恋愛においていちばん大事なのは、出会いではなくて、その人である、ということがいえるわけです。

それなのに、あまりにも出会いにこだわってしまうと、その出会いの機会が制限されてしまい、なかなか相手に巡り会えないわけです。

この彼女が幸せな結婚に至るにあたって、いちばんのポイントになったのは、お見合いセンターに登録するということでした。

彼女はずっと、「こういうところに登録するのは、モテないやつばかりに違いない」と思い込んでいて、だからこそ、「こういうところに登録することは、私はモテない女だと認めるようなもの」とも考えていたわけです。

ところが、実際に登録してみて彼女が驚いたのは、「なんで、こんな人たちがここに登録しているの?」という男性たちとの出会いでした。世の中には、彼女と同じように、カッコいいのに出会いの少ない男性もとてもたくさんいたのです。

もし、いま、あなたにパートナーがいらっしゃらないとしたら、出会いにはあまりこだわらないでくださいね。どんな出会いであったとしても、「その人そのもの」にこだわっていただきたいと思います。

では、来週の恋愛心理学もお楽しみに!!

この記事を書いたカウンセラー

About Author

平 準司

神戸メンタルサービス/カウンセリングサービス代表。 恋愛、ビジネス、家族、人生で起こるありとあらゆる問題に心理学を応用し問題を解決に導く。年間60回以上のグループ・セラピーと、約4万件の個人カウンセリングを行う実践派。 100名規模のグループワークをリードできる数少ない日本人のセラピストの1人。