職場での対人関係をラクにする3つの円

私たちにとって仕事をしている時間・職場にいる時間というのは、睡眠と1,2位を争う長さになります。

ここ最近はリモートワークの流れが加速して、職場にいる時間は減ったという方もいらっしゃるかと思います。

そういった方からは、もう以前の勤務形態には戻りたくないという声が圧倒的に多いようで、その理由の1つが職場での気疲れのようです。
 

職場で気を遣うのはある程度仕方がないとしても、これだけ長時間関わる仕事上での対人関係がうまくいっていないとしたら、わたしたちにとってはものすごいストレスです。

実際、仕事を辞めたい理由の大半はつき詰めていくと、職場の対人関係がうまくいかない、というものです。
 

もちろん、職場を変えることで問題が解消することもあります。

でも、もし、仕事内容は気に入っているんだけど、対人関係を理由に職場を変えることを考えていたり、いつも職場の対人関係に悩まされていらっしゃるということであれば、あなたの対人関係のパターンを見直すことで、ストレスを減らしていくことができます。
 

その方法の1つに「対人関係の3重円」というものがあります。

まず、あなたを中心にした3重の円を思い浮かべてみてください。

あなたから見て一番内側、あなたに近い円には、家族やパートナー、親友など、あなたが言いたいことを言えて、分かり合える人が入ります。

その外側の円が、あなたに好意的だったり、ある程度お互いに理解しあえたり、尊重しあえる人、例えば友人関係が入る円です。

そして、そのさらに外側にくるのが、仕事上の人間関係で、ここでは仕事上さしつかえない程度のコミュニケーションがとれたら良い、という考え方です。

この3つの円のバランスが取れていると、ストレスを軽くしたり、対処できるようになるということです。

例えば、仕事で嫌なことがあっても、一番あなたに近い円の人に本音を言ったり、分かってもらえることでストレスは減らすことはできますし、それぞれの円の人との関係で自分の価値を確認したり、居場所を感じることができます。
 

もちろん、これはあくまで理想です。

ただ、職場の対人関係にストレスを抱えていらっしゃる場合に、職場の対人関係の比重が高くなりすぎていることが多いのです。

そうすると、職場での対人関係や人からの評価が、自分の価値や評価の全てになってしまって、自分が職場で思うように働いたり、評価を得られないと、自分に価値がないように感じて、自信を失ってしまう方がとても多いのです。

また、わたしたちは、子供の頃から「みんな仲良く」と教えられてきましたが、実際に人が集まると、やっぱり合う・合わない、好き・嫌いはでてきます。

特に、仕事上でのつながりは、仕事をするという目的で集まったものなので、好き・嫌い、合う・合わないはありますし、この部分で本音をいったり、分かってもらうというのは難しい場合も多いのです。

もちろん、和気あいあいとした職場は理想ですが、ある程度の距離感があった方がうまくいくこともあるのです。

あなたの3つの円は、どんな感じになっているでしょうか?

もしバランスが悪いと感じたら、内側の円にいる人との関係をより良いものにしたり、充実させる1年にしてみませんか?

この記事を書いたカウンセラー

About Author

真鍋 純子

恋愛・結婚・パートナーシップ全般(パートナーができない、失恋、離婚、不倫、浮気、セックスレス等)や対人関係の問題、魅力UPを得意とする。特に、愛し愛されるパートナーシップを育むカウンセリングに力を入れている。明快な心理分析とその人の本質を取り戻す心理セラピーに定評がある。