好きな人と付き合いたいけど傷つけるのが怖い

相談者名
アオノ
こんにちは。
自分はひどい不安性でいてどうしても協調性がなく生きていても恥をかいたり人を攻撃して傷つけてしまうだけだから、この世から消えてなくなりたい。
死んで自分の存在をなかったことにしたい。
その自分の根幹にある気持ちを先生やカウンセラーの方に否定されたくなくて、最近は心療内科などは受診していません。
「生きていたいのに死にたくて辛い」のではなく、「死にたいのに死ぬ勇気がなくて、生きてるのが辛いのにまだ生きていることがしんどい」のです。
その前提の上で相談させてください。

気になっていた人に告白されました。
人を傷つけないやさしい人で、だからこそ私の死にたい願望や依存性、不安からくる攻撃性などを考えると腰が引けてしまい遠ざけようとしているのですが、全く態度が変わらずに一緒に出かけては「楽しかったね、またどこか行こう」と言ってくれます。
いろいろあって関係性は保留のまま半年近く経っていますが、相変わらず二人で遊びに行っていて、私にとってその人は精神安定剤のような感じになっており、これからも一緒にいられたら嬉しいなぁとぼんやり思っています。
でもそれとは別に、私はやはりクズだし、死にたいのです。

私の消えたい願望は、その人と一緒にいることで変わる可能性があるのでしょうか。
それともどういった形にせよ傷つけてしまう可能性や不安があるなら、やはりその人のためにも今のうちに離れた方がいいのでしょうか。
近くにいると甘えてしまいたくなり、でも今後の態度を決めかねてどうすればいいのかわかりません。

私はその人に幸せになってもらいたいです。
そして私とではきっと幸せになれないと、本人も薄々気付いているはずなのですが…。(幸が薄い自覚はある様子)

何かしらの糸口を見つけ出していただけたら幸いです。

カウンセラー
中村きよの
アオノさん、こんにちは。
今回担当させていただきます中村きよのと申します。
どうぞよろしくお願いします。

アオノさんは今気になっていた方から告白をされ、嬉しい気持ちとその反対に色々なご自身の抱えている想いからその想いに手を取って良いのかをお悩みなんですね。
アオノさんのご相談内容を拝読し、アオノさんがとても今色々な想いの間に立って辛く苦しい想いをされていらっしゃるのがとても強く伝わってきました。
気になる方からの告白、嬉しい気持ちを感じられたんだろうなと、御相談内容からもとても伝わってきます。
そして、気になる方に対して本当に幸せになって欲しいという気持ちもたくさん伝わってきました。
アオノさんが今抱えていらっしゃる色々な想いが少しでも整理整頓し、そしてアオノさんがこれから先少しでも心が軽くなられるようなお手伝いをさせていただきたいと強く想っております。
それでは、私の感じたことをお伝えさせてくださいね。

アオノさんより頂戴いたしましたご相談内容を拝読しまずお伝えしたいなと感じたことがあります。
それは

気になる大切な方もあなたも一緒に幸せになることも選択肢の一つ

ということです。

私たちは自分自身の中にあるとても大切な人や存在に幸せになって欲しいという想いを強く持ちます。
そして、その幸せというものは大切な人や存在のみの幸せを願ってしまうことが私たちはとても多いように感じます。

でも、幸せになるのは私たちが幸せになって欲しい人や存在のみでなく、自分自身も一緒にその大切な人や存在と幸せになる事も選択する事もた移設なんじゃないかなと、私自身は考えております。
もし、アオノさんご自身が一人で今まで頑張ってきて、『しんどいな幸せになれないかな』と感じていらっしゃったとしても、アオノさんを想ってくださっているアオノさんが気になっていらっしゃるその方と一緒に幸せの方向へ進むという事もできる可能性はゼロではないように、ご相談内容を拝読している中でも感じました。

一人で頑張る事はとても限界を感じてしまう事が多いように思います。
でも、一人以上で『幸せになる』という夢や目標を支え合いながらそのゴールに向かう事で、その目標に近づく可能性は大きくなっていきます。

もし、今気になる方の手を取ってしまうとアオノさんの中になる色々な留めていた想いがあふれかえりそうな感覚を持っていらっしゃるようならば、一つ提案があります。
それは、そのあふれかえりそうな想いを私たちカウンセラーにお伝えいただけませんでしょうか。
あふれかえりそうな想いを『話す』事は、その想いを『離す』事に繋がっていきます。
そして、自分自身の想いを話す事で、今アオノさんが感じていらっしゃる事をアオノさんご自身が客観的にアオノさんご自身を見つめる事ができます。
アオノさんはご自身で今まで色々な事に対して自分自身と向き合う姿勢をずっと取ってこられたようにこ相談内容を拝読してても伝わってきます。
だからこそ、自分自身のお気持ちを話す事で今の状況を少しでも良い方向へ向かうのではないかと感じております。
今、色々なお気持ちがあり心療内科などを受診されていないアオノさんにとってとても勇気のいるご提案を差し上げている事は重々承知の上でお伝えしております。
もし、私たちカウンセラーに今の気持ちをお伝えなさる勇気を持ってくださった時に、今のアオノさんがご自身の気持ちの根幹を否定されたくないという気持ちをお持ちである事を伝えた上で、アオノさんが話しても良いかなと感じられる部分から少しずつお話ししてみてくださいね。
アオノさんにとってこれから先、気になる方との関係性がアオノさんにとって願う方向へ進むための一つのヒントとなれば幸いです。

この度はご相談いただきましてありがとうございました。

この記事を書いたカウンセラー

About Author

アバター

恋愛や仕事などの人間関係を始め、キャリアアップなどのやりたいことを実現するサポートまで幅広いジャンルを扱う。 特に失恋に対するカウンセリングを得意としお客様より好評を得ている。 また自身の両親が障害者であり、家族の介護経験から、心身のハンデキャップに関するサポートも行っている。