【大阪感謝祭2019】あなたと出会いたくて、出会いたくて、しょうがない私たち

カウンセリングサービス代表の平準司です。
今年も大阪感謝祭を開催できることを、大変喜んでおります。

しかしながら、私以上に鼻息荒く、意気揚々とみなさまにお会いできるのを、待っていおりますのが、わたしどものカウンセラー達でございます。

私どものプロカウンセラーは、プロカウンセラーになるのに、たいそうハードルが高いのです。

よそのスクールに行けば、半年~1年程度心理学のが異論を学び、あとは独立し、カウンセラーとして自立していきなさい、というスタイルなのですが、私どもでは、3年以上もスクールで勉強させられて、さらに3年勉強下からといって、プロカウンセラーになれる補償は全くありません。

完全実力本位のスクールなので、ボランティアカウンセラーをしているときに、クライアントのみなさんの支持なくしては、どれだけ社長に媚を売ろううが付け届けを届けようが、
プロにはなれない訳です。

費用も時間もたいそうかかります。

そしてそのようなハードルをくぐる抜けれるのはただ1つ、
「なんとしてでもプロカウンセラーになりたい!」という意欲、
さらに、「なるからには本物の人を癒せるカウンセラーになりたい」という、
激しくて強い思いなくしては、当社ではプロカウンセラーにはなれないのであります。

みなさまにぜひとも、そのようなうちのカウンセラーと出会っていただきたいと思います。

とにかくカウンセラーをすること、人を癒やすことが大好きで、
そのような場所では、普段どれだけくすぶっていようが、カウンセリング現場では、光輝いております。
それは好きなことができて、嬉しいという心の喜びを体現しているようなものなのです。

あなたと出会えて嬉しくてしょうがない。
あなたと出会いたくて、出会いたくて、しょうがない。

そのエネルギーをどうか、感じに来ていただきたいのです。

感謝祭での1日は、できるだけ私どものカウンセラーのことを知っていただき、触れ合っていただけるように、いろいろな手をうっております。

いろいろなイベントや企画で、みなさまが楽しみながら私どものカウンセラーと触れ合っていただき、そして、あなたと相性があう、そんなカウンセラーを見つけていただけたら、これに勝る幸いはございません。

自宅でパソコンの前ですべてカタがつくこのような時代において、
人とのふれあい、その癒やしの力にどうぞ、出会いにきてやってください。

私も会場でみなさまをお待ちしております。

この記事を書いたカウンセラー

About Author

平 準司

神戸メンタルサービス/カウンセリングサービス代表。 恋愛、ビジネス、家族、人生で起こるありとあらゆる問題に心理学を応用し問題を解決に導く。年間60回以上のグループ・セラピーと、約4万件の個人カウンセリングを行う実践派。 100名規模のグループワークをリードできる数少ない日本人のセラピストの1人。