行き詰ったときはパターンブレイクしてみよう!

求職中だけど、なかなか、これ!といった仕事が見つからない。
試用期間中だけど、すでに「ここは違う!」ということに気づいてしまった。
上司がいまひとつ乗り気ではなく、進めたい企画が進められない。

そんな、ちょっとしたことが積み重なり、気づいたら
「周りの人に優しくする気なんて起きなくなっていて、できることなら誰にも会いたくない」
「だって、優しい人に会ってしまうと、愚痴を吐いてばかりの自分になるから」
「生きて行くのって、お金もストレスもかかって、辛いこと…」
なんて思って、いつの間にか諦めモードになっていませんか。

最近、このような相談が増えています。
不幸とまで言わずとも、満たされずに生きている毎日は、つまらないですよね。

+++

誰かの期待に応えるためとか、「社会人として義務だから」と、義務感から行動を起こすと、最初は気力と体力でどうにかなりますが、やがて息切れしてしまいます。

義務・役割・ルール・価値観など、責任感が強い方こそ、一人で悩みを抱え込み、同じようなところで何度か躓いているうちにスランプに陥りがちです。

義務・役割・ルールに縛られていると、「すべきだから」「しなければならないから」「規則で決まっているから」という思いで、仕事に関わることになり、仕事への活力や情熱、喜びを失わせます。

また、そればかりでなく、今ある人間関係においても、思いやりや愛情、信頼、誠実さが失われていき、やがて孤立してしまいます。

それは、「上手く出来ていない自分」への自意識が強くなってしまうからです。

+++

そんなときは、思い切って、普段やらないことをやってみることをお勧めします。

普段やらないことをやろうとすると、新しい体験に自然と意識が向いていきます。
面白いもので、その時はあなたが気にしていたことは、自然と忘れてしまうのです。

仕事の分野に関わらず、ピン!と来たらやってみる。

もしかしたら、使い古されたやり方や言い方のように聞こえてしまうかもしれませんが、飄々と生きているように見える人たちはひとりで悩んでいるよりも、この切り替えがうまく出来ているからということが言えるかもしれません。

スピーディーに結果につながるポイント

「考えるな!感じろ!」がビジネスでも必要なわけは、理屈で考えていても、心が決まらないと、実際には私たちは行動できないから。
あれこれ考えすぎることで行動が遅れ、チャンスを逃してしまうことも多々あります。

私自身のことを振り返っても、今までうまく行ったことって、会議で長時間議論して決めたり、深刻に考えて決めたことより、直感的にひらめいたものの方が多かったです。

あなたはどうでしょうか?

ひらめきや直感は、決して軽視すべきものではないと思います。
もちろん、会社での事業は直感だけで成功するものではなく、それを補完する論理的思考も大切です。
リスクを計算したり、一定のゴールに向けてリソースを分配し効率的に実現する方法を考えたり検討することも必要です。
そして、これらのことは、事業運営に関わらず、自分の人生を運営していく個人レベルでも一緒です。

でも、直感は、その人がこれまで見たり聞いたりして学んできたことや、経験してきたことすべてが一瞬にして反映されるもので、いろいろ検討してみたら、その直感で受け取ったアイデアを実行するのが一番良い選択につながっていたということは良くあるのではないかと思います。

どうせ行き詰っているなら、前からやりたいと思っていたことを、まずはやってみる。
面白かった!楽しかった!嬉しかった!その体験が、今の行き詰まりにヒントやアイデアをもたらしてくれることもあるはずです。

私たちが、なかなか心の声を聴けないのは、それを知ってしまっても叶わなかった時の落胆を怖れているから。
でも、知ろうとしない限り、いつまでも、今の自分からは変わることはないし、変われない現実に悩まされることになります。

ならば、ぶっちゃけ「私は○○したい!」とした上で、そこにエネルギーを注ぎ始めた方が、確実にそこに近づけるのではないでしょうか。

すでにもう、あまり情熱も感じられない、自分を守ってくれそうなものに守られていた世界や考え方を飛び出してみたなら、実は、想像していたことが全くの誤解であったことがわかるようになってきます。

これまで大切にしてきた義務・役割・ルール・価値観などは一旦、脇に置いて、新しいこと、初めてなこと、あるいは、今すでに取り組んでいることを思い切ったレベルに引き上げる意識で、「怖くてもやってみよう!」と感情的なリスクをとるその覚悟が、あなたという人間の、成長の螺旋を駆け上がる力になります。

自分の力ではどうにもならないことは、誰かに相談してみる。
協力や応援をお願いするといったことなども、ひとりで抱えがちな人にとっては、いつもとは違うことの一つになるかもしれませんね。

そうすることで、いつもなら絶対しないようなやり方でパターンブレイクして行けます。

しんどいままで耐えるのは、間違いなくあなたの幸福にとっては間違いだから。
きっかけがどんなことでも、あなた自身の情熱を取り戻すこと。
そんな何かに触れてみることが人生や仕事をより良いものに変えていく近道になりますよ。

ご参考にしていただけたら幸いです。

この記事を書いたカウンセラー

About Author

熊谷 佐知恵

恋愛、夫婦関係、職場の人間関係、転職・キャリアほか、自己実現など幅広いジャンルに対応する。 わかりやすいレクチャーをモットーに、感覚やインスピレーションを活用するハートフルなセラピーとの両面で癒しのプロセスを後押しするのが強み。自分のペースで気づき、変化、成長できると好評である。