見捨てられ不安症候群

彼に見捨てられちゃう?その不安の正体は・・・

こんにちは 平です。

恋愛に関するご相談の中で、「これではきっと、彼に見捨てられてしまいます」という“見捨てられ不安”を訴える女性は多いものです。

この不安をもっている人の多くは、コンプレックスが強く、「自分のすべてを知られてしまうと、
きっと自分は嫌われる」と思い込んでいらっしゃいます。

そして、このタイプの人は「なにかしないと、自分は愛されない」と思っているので、つねに「なにかしよう、なにかしよう」としてしまいます。

すると、彼から「ちょっとはゆっくりしていなさいよ」などと言われるのですが、それでまた不安になったりもするわけです。

なぜなら、「なにもしてあげられない私には、なんの価値もない」と思ってしまうからです。

この“見捨てられ不安”をもっている人の多くは完ぺき主義者であることが多いのですが、完ぺき主義者というのは、たえず自分の失敗に支配されながら生きているといってもいいでしょう。

完ぺきを求める心の裏側にある行動心理は、「失敗したくない」、「失敗しない」、「失敗はイヤだ」というもので、つまり、「失敗してしまうのではないか」という不安からきているからです。

すると、本当に楽しく完ぺきなデートができたとしても、「次回、もし、失敗してしまったら、
今回のデートの成功の意味がなくなる」などと考えてしまいます。

せっかくの成功が、プレッシャーやストレスになってしまうのです。

すると、成功すればするほど、そのプレッシャーは目の前で風船がどんどんふくらんでいくように大きくなっていきます。

ふくらみ続ける風船はいつか割れるわけですから、それを見ている間、心は「まだ割れないか」、「もう割れるか」、「早く割れろよ!」と怖れを感じつづけています。

パートナーシップにおいても、二人の関係がどれだけうまくいっていたとしても、「きっとなにかが起こる」、「好きになってしまえばしまうほど、うまくいけばいくほど、自分は最後にひどい目に遭うに違いない」などと考えているわけです。

すると、それを怖れるあまり、「もうパートナーシップなんかもちたくない」とパートナーシップ自体を放棄してしまう人もいるぐらいです。

たとえば、ご両親の離婚によって傷ついた経験のある人は、「私はぜったい離婚しない結婚をしたい」という思うことが少なくありません。

その結果、「ぜったい離婚しない方法は、結婚しないことだ」という、わけのわからない理屈になってしまうことがあるのですが、それともよく似ています。

本来、「離婚しない結婚」というのは、永遠の愛が誓えるカップルになるということですよね。

しかし、「離婚したくない」という思いが強いと、離婚ということばかりに焦点が当たってしまうのです。

つまり、離婚に洗脳されちゃうようなものですね。

その逆にあなたが「永遠の愛のカップルになりたい」と強く思えるようになれば、あなたの心は永遠の愛を育めるような人を探しはじめます。

そして、“見捨てられ不安”をもつ人の深層心理を見ていくと、この「一人の人をずっと愛しつづけることに自信がない」という場合がじつは多いようです。

つまり、「自分は一人の人を永遠に愛することはできない。だとすれば、そんな自分は嫌われてしまうだろう」と思い、その結果、見捨てられると感じているのです。

では、なぜ、一人の人を愛する自身が自分にはないのかというと、「自分はそんなにいいものをたくさんもっていないから」とか「自分という存在はあまりいいものではない」と思っている人がたいへん多いことがわかります。

そして、なぜ、一人の人を愛するという自信が自分にはないのかというと、自分はそんなにいいものをたくさん持っていないとか、自分という存在があまりいいものではないと思っていらっしゃる人が圧倒的に多いようです。

つまり、あなたが自分自身のことを、ずっと前に見捨ててしまったようなのです。

人は、自分の悪いところばかりをいつも感じ、いいところはあまり感じることができないようです。

そこで、自分に“見捨てられ不安”があると思う人は、あえて自分のいいところを探す努力をしたり、お友だちにあなたのいいところを教えてもらったりしてみてください。

それがきっと、あなたの自己イメージの改善のお役に立つと思いますよ。

では、来週の『恋愛心理学』もお楽しみに!!


心理学講座音声配信サービス・きくまるのご案内

心理学講座を聞いて学ぶ!持ち歩く!
あなたのPC・スマホで、人気カウンセラーの講演・心理学講座がすぐ聴けます!

\ここでしか聞けない無料音源!毎月「7のつく日」にアップ中!/
>>>こちらからどうぞ!

\今すぐ「最新の心理学講座」が聴ける!毎月「15日」に新作リリース中!/
>>>最新講座ラインナップはこちらから!

この記事を書いたカウンセラー

About Author

平 準司

神戸メンタルサービス/カウンセリングサービス代表。 恋愛、ビジネス、家族、人生で起こるありとあらゆる問題に心理学を応用し問題を解決に導く。年間60回以上のグループ・セラピーと、約4万件の個人カウンセリングを行う実践派。 100名規模のグループワークをリードできる数少ない日本人のセラピストの1人。