カウンセリングや精神科に行くことで克服できるのか

相談者名
のら
はじめまして。現在30代前半のものですが、10代からの積もり積もったものは、カウンセリングや精神科に行くことで克服できるのでしょうか。10代の途中から自分の心の内や相談事が人にできず。20代前半から働きに出ると、毎回同じような状況で辞めることを繰り返しています。ひきこもりも経験し、今回も辞めてからは家庭内状況が悪かった、私が10代の頃の両親を責めたり、何もしてこなかった自分を責める日々です。また父親や親戚など威圧的な人社会的に強い人に対して、衝動的に反発する自分に困っています。きっと酷い精神状態にあった時もあがいていたのでとても複雑だと思います。こんな私でもどうにかなるでしょうか。
カウンセラー
嶽きよみ
のらさん、はじめまして。
今回担当させていただきます、嶽きよみ と申します。

のらさんのメッセージをお読みして、長い間、ずっと苦しい気持ちをひとりで抱えてこられた様子が想像できました。ほんとにしんどかったでしょうね。

まず最初に、のらさんがくださったご質問。

>10代からの積もり積もったものは、カウンセリングや精神科に行くことで克服できるのでしょうか。

のらさんの積もり積もったものや、パターンを変えることが出来るか?というご質問に変えるなら、答えは間違いなく「YES」です。

ただ、実際には、カウンセリングや精神科に行けばそれで解決、というものではないということも付け加えさせてください。

精神科に関しての詳細なお答えは、わたしが解答できる分野ではありませんのでお返事を控えさせていただきますね。

カウンセリングに関して言うと、カウンセリングは1瞬で効く特効薬のようなものではないかわりに、実際に、人生に大きな変化をもたらしてくれるものであることも事実です。

カウンセリングを受ければOK、というわけではないのは、
例えば セラピーで感情を解放して古いパターンがだんだんと癒やされてきても、それを定着させていくのは、のらさんの「変わりたい・変えたい」という意欲にも大きく関係しているからです。

そして、その意欲を持続させたり応援する伴走者として、わたしたちカウンセラーは存在しています。

そんなカウンセラーを相手に、人間関係での解決出来なかった問題や、ネガティブな感情を言葉にすることで、自分自身と正当に向き合えるようにもなります。

言葉にせずに、気持ちを抑圧したままでいるとき、わたしたちは、相手を責めるか、もしくは必要以上に自分を責めたり、自己嫌悪に陥ったりして、自分を不当に扱ってしまいがちです。

たとえば、

>何もしてこなかった自分を責める日々です。

とのらさんは書いてくださいましたね。

「何もしてこなかった」のは、単に「できなかった」からではないでしょうか。
もし何かできたのなら、その時に 出来たはずだと思いませんか?

どうしていいかわからなかったのか、怖かったのか、ともかくそれがその時の 自分のせいいっぱいだったのではないでしょうか。

そして、その時は、まだ未熟だった自分を自分を許してあげてほしいのです。
悪くないのです。

今は、それがすでに終わっている出来事だから「何かできたはず」と、思えるだけなんです。

そんな過去の自分を許すことが出来たら、いつか、まだ「完璧じゃなかったその頃の親」を許すことにもつながっていくでしょう。

カウンセリングのプロセスは、ほんとうに人それぞれです。

でもきっと、こうして勇気を出してご相談をくださったのらさんですから、次のステップに進むことで、本来ののらさんらしさを取り戻し、のらさんらしい幸せを手に入れることが出来ると、わたしは思います。

ご相談ありがとうございました。

嶽きよみ

この記事を書いたカウンセラー

About Author

嶽 きよみ

柔軟な視点で問題を捉え「人間関係」「自己表現」「セクシャリティ」に関する悩みを多く扱う。 特に、現役で自身のビジネスも続けていることから、やりたいことを見つける、夢を叶える、など自己実現のサポートを得意としている。 「見た目の印象とは違い、声に癒される」との声が多く寄せられている。