勉強ができないことについて

相談者名
sutarou
私は、勉強ができないことで悩んでいます。
今は仕事を辞めてしまって、短期のアルバイトをしたりして過ごしています。
とても変な悩みなのですが、家族とか、他の人は気づいていないけれど、私の中ではコンプレックスです。
基礎学力がないのが不安です。
小中学校で習うようなことが抜けていたりするので、恥ずかしいのですが、向き合うと不安で、怖いような気もします。
就職試験の対策などで少しはやってみようとしたことはあるのですが、結局身についていません。
なぜか、特に算数とか数学をやり直そうとすると不安になります。
嫌で嫌でうまく切り抜けてきて、ちゃんと勉強していません。
ちゃんとやればできたのかもしれないけれど、でも今更やるのも・・・という感じもあります。
でも、やるならちゃんとやりたいし、小中学校で習うことくらいはわかっていたいという思いもあります。
問題集などでやり直そうかな、とも思っています。
家族には内緒なので、どうやって勉強すればいいのか、とか、やる気が続かないなとか、色々悩んでいます。
ちゃんと身に付くには時間がかかると思うし、どうすればいいんだろう、とか思っています。
小さい頃から、学校が嫌だとか、部活が嫌だとか、言い訳ばかりして勉強をちゃんとやってきませんでした。
学生の時もうつ状態で、いろんなことをやり残してきた感じがどうしても抜けません・・・。
また、いろいろなことに興味、関心がなくて社会のことを何も知らない自分に愕然とします。
でも、今更ながら何かを知りたいとか、これはどうなんだろう、など疑問が自然とわいてくるようになったと思います。
本当は、基礎的な知識や教養を身につけて、生活をもっと楽しくしたいです。
色んなことに興味を持てるようになってきたので、勉強したり、色々なことを知ったり、なんとかして克服したいと思っています。
でも、ちゃんと就職して、働くと疲れ果てて何もできなくなってしまうので、就職活動をするのをためらっています。
今、短期のバイトで週3回くらいしかやっていないのですが、それでも勉強ができているとも思えないし・・・。
暇な時間が多いのもダメかなと考えています。
ちゃんと定職に就かなきゃとも思いますが、人間関係も仕事もうまくいかずに仕事を2回も辞めってしまったので、なかなかやる気になれません。
長くて分かりにくいとは思いますが、何かアドバイスを頂けると嬉しいです。
カウンセラー
ながのひろみ
Sutarouさん、はじめまして。
担当させていただくながのひろみです。どうぞよろしくお願いします。

>本当は、基礎的な知識や教養を身につけて、生活をもっと楽しくしたいです。
色んなことに興味を持てるようになってきたので、勉強したり、
色々なことを知ったり、なんとかして克服したいと思っています。

こんな気持ちになられてよかったですね。物事を始めるのに、自分がどこの目的地に
向かいたいのかはっきりさせることはとても大事なことです。
目指す場所=目標が決まったら、そこをめがけて進んでいくだけでいいのですから。

しかし、今のSutarouさんは前へ進むことにとても躊躇していらっしゃるようですね。
メールによると、昔の自分の態度を責めて苦しくなったり、今後のやり方を考えると
気が重くなってしまっているようです。
そうなると、せっかく行きたい場所が決まっても、やる気が出てこなくなりますよね。
そして、やる気が起きずに不安になる自分をさらに責めていらっしゃるようなので、
ますます苦しいと思います。

人が変わりたい(Sutarouさんの場合は、生活をもっと楽しめる自分になりたいに
なりますね)と思うとき、さきほどお話した目標を立てることと同じぐらい
大切なことがあります。それは今の自分を受け入れるということです。
言い換えると、今の自分でもいいんだなぁと認めてあげることなんです。
心理学の言葉で「受容」といいます。

でも、ちょっとヘンだと思いませんか。“変わりたいと思うのに今の自分でいいんだと
思ってしまうと、自分が変わらないのでは??”と思ってしまいますよね。

私たちが提案させていただくのは、今の自分もOKにしてあげて、そこから自分の幅を
広げていきませんかということなんです。
今の自分でも“まあまあOK”、でも生活を楽しめる自分になれたら“ますますOK”。
こちらのほうが、なんだかやる気がおきませんか?
それに、Sutarouさんが目指している場所が仮に100点満点の自分だとすると、
今の自分に少しでも高い点数をつけてあげていたほうが、早く100点に届きますよね。

もし、逆に今の自分に0点をつけていたとしたら、100点に到達するにはかなりの
パワーが必要なので、たどり着くまでが大変です。
また、自分に0点をつけているときは、つい自分のことをダメだなぁとか、
うまくやれていないなぁとか自分を責めることに力をつい使ってしまうんですね。
そうなると、本当にやりたいことをやろうと思うときには、エネルギーが
残っていないので、とても効率の悪いエネルギーの使い方をしていることになります。
なんだかもったいない話ですよね。

では、いかに今の自分に高得点をつけてあげるかという話になってくるのですが、
それは今の自分ができていることや持っている才能をどれだけ探すことができて、
褒めてあげるかということが大きなポイントになります。
あれもできている、これもできている、そしてこんなにいいところがある・・
私ってなんて素敵なんでしょ!と思う時は、高得点をつけているときだと思います。

人はできていないことだけを見て暮らしていると、だんだんやる気がなくなってくる
ものなんですね。人間ですから、誰でもできること、できないことがあります。
どちらのほうに意識を向けて生きていくのは自由なのですが、できていることを見て、
自分を褒めながら過ごしたほうが気分よく楽しく過ごせると思いませんか?

まずは、自分のできていることや持っているものに目を向けて、自分の価値を
受け取ってみませんか?そして、これを1人でやろうと思わないでくださいね。
新しいやり方を始める時は戸惑いもあるし、一人ではなかなか難しいものです。
つい今まで慣れていた古いやり方に戻ってしまうんですよね。
そのときは、どうぞ私たちカウンセラーを頼ってください。
そしてSutarouさんの価値をカウンセラーからたくさん教えてもらってくださいね。
価値を受け取って、自分を受け入れることができたとき、
Sutarouさんが本当にやりたいことをやれるようになると思います。

Sutarouさんが楽しい毎日を送ることができますように応援しています。
今回のご相談ありがとうございました。

この記事を書いたカウンセラー

About Author

ながの ひろみ

恋愛、人間関係、自己啓発、ビジネスなどのジャンルで、わかりやすい理論と感覚的なセンスを用いてアプローチしながら、優しく柔らかな雰囲気で包み込むカウンセラー。 ブレない安定感となごませる会話で「あるべき姿に気付かせてくれる」「いつもセンターに戻してくれる」と高い評価を得ている。