36歳別れる決断

相談者名
yamy
付き合いだした頃は、ほぼ毎日泊まりにきていた彼 が、4月ぐらいから、彼氏の仕事が忙しくなり、 だんだん会う機会も減り、正直、セックスもなくなりました。そんな彼でも、1週間に1回は、食事に 行っていました。今まで特にケンカもなく、た だ、彼氏の仕事が忙しいんだと思い、責めることはしなかったと思います。

ところが先日、旅行に行 った帰りに、初めてケンカになり、
正直、今は仕事の事しか考えれない。今まで、私をど こにも連れて行ったり、何か買ってあげたりできてい ないし、今のままじゃ、結婚は、いつになるかわから ないし、俺自身、結婚はよくわからない。私の年齢的 に、今の時間は私にとってすごく貴重だろうから、こ のままずるずるとこの状況つづくなら、別れたいと。 再来月から、転勤になるし。
と、言われてしまいました。

あまりにも急すぎて、私には理解できませんでした。
もしかし て、誰か好きなひとができたのか何度か聞いても、そ れは違う。と。
そんな状況だけど、今でも電話かけたら、出てくれる し、ラインも、今までよりも、早く返事をくれるよう になりました。

実は、彼が私と付き合う前、彼の前の彼女は、病気で 亡くなられていたんです。それも、付き合った日に、 教えてくれましたが、もうそれ以 上は言わなくてい
いよ。と、私は今までその話題に触 れずにいました。

彼と付き合っていくなかで、彼がよくわからない部分 がありました。自分の事を話してくれないんです。他 愛ない話題で、これについてどう思う?と聞くと、 私はどう思う?って、質問に質問されて、自分の本心 を見せてくれない。
早かったんだと思います。私 と付き合うのが。彼の中では、まだ準備ができていな かったのではないかと。

今回の恋愛は、普通じゃないんです。だから、慎重に 今まできたつもり。

仕事が落ち着いたら、もしかしたら、また付き合いた いと思うかもしれない。でも未定だけどね。と。

私にはわかっているんです。今はどうにもできない 。ただこれ以上傷つくのが怖く て。
どうか、そんな私にアドバイスを頂けますでしょう か?

カウンセラー
吉村ひろえ
yamyさん、こんにちは。
はじめまして。
担当させて頂く、吉村ひろえと申します。
どうぞ、よろしくお願いします。

最初の頃は毎日泊まりに来てくれていたけれど、仕事が忙しくなってきた彼。
それでもyamyさんは責める事をせず、彼との関係を大事にして来られたのですね。
なのに突然、彼から別れを告げられたら驚きもするし、訳が分からなくなりますよね。
好きな人が出来たわけでもなく、寧ろ今までよりもラインなどの返信が早く返ってくるなら、尚のこと理解に苦しむかもしれません。

> 正直、今は仕事の事しか考えれない。今まで、私をど こにも連れて行ったり、何か買ってあげたりできてい ないし、今のままじゃ、結婚は、いつになるかわから ないし、俺自身、結婚はよくわからない。私の年齢的 に、今の時間は私にとってすごく貴重だろうから、こ のままずるずるとこの状況つづくなら、別れたいと。

彼は、優しい人ですね。
yamyさんの事をとても気遣ってくれていますよね。
そして、とても自分を責めておられるようです。

男性は、結婚というものに喜びや、繋がり、のような感情を飛ばして “責任” という重い感情を感じる事がよくあります。
「もっと自分に自信を持てるようになってから」
と考える男性は少なくありません。
周りから見ていると 「そろそろ身を固めても良いのでは?」 と思っていても本人は 「自分などまだまだ」 と感じているのですね。

男性は自分のパートナーの笑顔や幸せそうな顔を見て、自分の存在意義を感じます。
どうやら彼は仕事が忙しく、yamyさんを幸せにしていない、そしてこれからも幸せに出来るかどうか分からない、と自分を責めていらっしゃるようです。

彼は、yamyさんとお付き合いされる前の彼女を病気で亡くされたとのこと。
彼女を救えなかったという無力感をどれほど感じられたことでしょう。
無力感と、そして罪悪感も感じておられるようです。
「彼女を救えなかった自分が、自分だけ幸せになっても良いのか?」という自問自答を繰り返しますが、そこに答えはありません。

yamyさんが彼になにか質問をしても、彼は質問で返されてくるとのことですが、自分の考えや感覚に自信がなく、答えても受け入れられない・分かってもらえないのではないか?という不安や怖れがあるようです。

> 今回の恋愛は、普通じゃないんです。だから、慎重に 今まできたつもり。

私は、この部分がとても気になります。
yamyさんのこれまでの恋愛はどのようなものだったのでしょう?
なぜ “慎重” になっていたのでしょう?
慎重になると、想いや行動に制限がかかります。
嬉しいものを嬉しい、悲しいものを悲しい、と表現できなくなってしまいます。
彼とのお付き合いの中で彼の気持ちを慮るあまり、気兼ねや遠慮されていませんでしたか?
彼との間に、近づこうとしてもなにかブロックになっているもの。
これを、取り払うチャレンジをしてみませんか?

>私にはわかっているんです。今はどうにもできない。ただこれ以上傷つくのが怖く て。

yamyさんは本当に優しい人だと思います。
彼を困らせたくはない。
でも、傷つくのも怖い。
そりゃそうですよね。
誰だって傷付くのは嫌ですし、怖いですもの。

けれど、そんな時でも出来る事はあります。
yamyさんの心と向き合ってみて下さい。
少し勇気は要りますが、yamyさんが感じているその怖れを乗り越えてみませんか?その先には、安心と信頼を感じる事が出来ます。
そうすると、yamyさんが 『どうしたいか?』 が自ずと見えて来ます。

よかったら私たちを頼りにしてくださいね。

yamyさんの幸せを願っています。

ご相談ありがとうございました。

この記事を書いたカウンセラー

About Author

吉村 ひろえ

恋愛や夫婦、浮気、離婚などのパートナーシップから対人関係、子育て、また、死や自己受容のテーマなど幅広いジャンルを得意とする。 女性的で包容力があり、安心して頼れる姉貴的な存在。クライアントからは「話しをすると元気になる」「いつも安心させてくれる」などの絶大なる支持を得ている。