主人から愛想を尽かされました。

相談者名
みるく
自分ではどう気持ちを持って行ったらいいのかわからないので、教えてください。
主人48歳、私46歳、大学生と高校生の子供がいる結婚20年目の主婦です。
あまり、べたべたさせてくれない主人なので、私は、以前から、主人の浮気を気にしており(確信があるわけではなく、浮気をしたらどうしよう という程度なのですが)何年かに一度「浮気してないよね」と聞くようなところがありました。
今年の1月に 携帯をのぞいてしまい、主人が女性と旅行に行っていたことを知り、主人に携帯を見たことを言い、浮気をしているのかと聞いたところ、否定されましたが、私の中では、どうしても納得いかないでいました。
3月の震災後、主人がボランティアで被災地に行き、その頃から、夜、私に背を向けて寝るようになったので、又、不安になり、携帯をのぞいたところ、その土地に以前からメールをしている女性がいることがわかりました。
「好き」のような表現があったので、以前の浮気相手かもしれません。
今回は、携帯を見たことを隠して、「本当にボランティアなのか。むこうに女でもいるんじゃないか」と言ったところ、完全に怒らせてしまい、その日から、口をきかなく為ってしまいました。
(主人は、怒ると何も言わなくなってしまいます。)
次の日謝ったのですが、許してもらえず、2~3日後に「疑って申し訳なかった。許して欲しい」と謝ったのですが、「俺の気持ちを傷つけて、今度は許して欲しいとは、勝手だ。心の問題だから、許すも何もない」と歩み寄りも許してもらえません。
浮気のことは確かな証拠があるわけではありませんが、旅行に行ったことや、メールの雰囲気では、やはり浮気していたのかなとも思います。
主人は、これを機にこのまま相手の方に言ってしまうような気がします。
私は、どのようにして、主人の信頼を取り戻していけばいいのでしょうか。
家を居心地よくして、おいしい料理をつくって・・・と、努力しようとは思っているのですが、
この時間にももう、気持ちが彼女の方にいってしまうかも・・・と思うと、気が晴れず、これからどのくらい続くかもわからない、信頼の回復までの時間、自分をどう頑張らせればいいのか、教えていただきたく、メールさせていただきました。
読みにくい文章で申し訳ございません。よろしくお願いいたします。
カウンセラー
赤松わこ
みるくさん初めまして、ご相談ありがとうございます。
担当させて頂きます、赤松わこと申します。
どうぞよろしくお願いします。

ご主人との関係がぎくしゃくしてしまい、みるくさんは、
かなり心を痛めておられるようですね。

カウンセリングで、ご夫婦の問題のご相談の中では、浮気の問題が
最もご相談が多いのですが、一方だけの問題ではないんですね。
ご夫婦の問題として考えて頂かないと、解決できないものなんです。

みるくさんとご主人との関係の、どこに問題があったのか?
それを考えて頂くことが、必要になります。
自分自身と向き合って頂く、覚悟が必要になるんです。
そのことを頭において、読んで頂ければと思います。

>浮気のことは確かな証拠があるわけではありませんが、旅行に
行ったことや、メールの雰囲気では、やはり浮気していたのかな
とも思います。
主人は、これを機にこのまま相手の方に言ってしまうような気がします。
私は、どのようにして、主人の信頼を取り戻していけばいいのでしょうか。

みるくさんは、ご主人の信頼を取り戻したい、と書かれていますが、
【信頼】を失っているのは、むしろご主人の方ではありませんか?
みるくさんは、ご主人が浮気をしていると思っておられるのでしょう?

浮気を追及されて、ご主人が逆ギレしてしまったからと言って、
「この人は浮気をしているんだ」と、思っているみるくさんが、
ご主人の怒りを何とかなだめたくて、謝ったとしても、心の中は
ご主人への【不信感】で、いっぱいなのではないでしょうか?

>「疑って申し訳なかった。許して欲しい」と謝った、とありますが、

もう疑いは晴れたのですか?ご主人を信じられていますか?

今みるくさんに必要なのは、ご主人に信頼してもらうことよりも、
みるくさんご自身が、「ご主人を信頼できるか?」なんですよ。
(もちろんご主人に、信頼してもらう必要はありますが、信頼関係と
ただ相手のご機嫌をとることとは、全く違うものです)

疑いながら、【不信感】を持ったまま、ただご主人の機嫌を取るため
だけに謝っても、状況はいい方へは向かない。と私はお伝えしたいのです。
極端な言い方をすれば、ご主人が浮気をしていたとして、そのご主人を、
丸ごと愛していけますか?と言うことなんですね。

心理学では、『自分がして欲しいと思うことは、まず!自分が相手に
与えてあげることで手に入る』と言う法則があります。
信頼して欲しいなら、まず!みるくさんがご主人を信頼することです。
愛して欲しいなら、まず!みるくさんが心から愛してあげることです。
みるくさんを選んで欲しいなら、まず!あなたがご主人を選んで下さい。

ご主人を変えたいのなら、まず!みるくさんが変わって下さい。

みるくさんにとって、「私にはこの人しかない!」と思えるなら、
他の人に気持ちを向けているのを承知で、愛していくしかないんです。
「そんな辛いこと出来ない」と思われるかも知れませんが、ずっと続く
訳ではないんですよ。気持ちは必ず通じます。

確かに心の葛藤を抱えながら、自分の気持ち自分の心と、向き合って
いかなければならないので、はっきり言って楽な方法ではありません。
私たちカウンセラーは、そのしんどい作業を1人でやらなくていいように、
お手伝いさせて頂く訳ですが、カウンセラーが状況を変えるのではなく、
みるくさんご自身が、「心からご主人を信頼できる自分になりたい!」と、
決心して取り組んでいただく必要があります。

これまでの関係を変えるには、みるくさんご自身の強い気持ちが必要です。

「どうしていいか分からない」と思われるかも知れませんが、そんな時は、
1人で頑張る必要はありません、私たちカウンセラーが、いつでも
サポートさせて頂きます。カウンセリングサービスでは、電話相談
(初回は無料です)も承っております、ご遠慮なくご相談下さい。

この回答が、少しでもお役に立てば嬉しいです。
ご相談ありがとうございました。

この記事を書いたカウンセラー

About Author

アバター

家族関係・対人関係・パートナーシップ・自己肯定自己実現を得意分野とし、がん看護・認知症介護の経験から医療・福祉関係にも精通している。 深層心理への唯一のアプローチである【感覚・感情】を解放する、癒しのスペシャリスト。 「体感で楽になった」「腑に落ちる」「納得がいった」と好評をえている。