好きな人が出来てしまい離婚したいが・・・

相談者名
Pooh
私は結婚3年目です。今、離婚するべきかどうか迷っています。

もともとの原因は、私に他に好きな人が出来てしまったことでした。
その人は同級生で、ずっと好きだった人です。と言っても、たまにどうしてるかなと、思い出すことはありましたが、もう会えないと思っていたし、自分の中では良い思い出となっていると思っていました。でも、同窓会で再会し、時々会うようになりました。はじめは良い友達になれたらという気持ちでしたが、会ううちに自分でもびっくりするくらいまた好きになっていました。

その頃から、夫を拒絶するようになってしまいました。当たり前ですが、夫はとても怒りました。喧嘩も増えました。夜中の2時3時まで文句を言われつづけたり、罰金としてお金を払ったこともあります。自分でも、私が悪いのだということはわかっていました。でも、何で罰金なの?何でそこまで責められなくちゃいけないの?という思いのほうが強く、反抗的でした。一人になると優しい気持ちで夫のことを考えることができるのですが、目の前にすると優しくできません。1ヶ月くらい別居もしましたが、こんな状態が1年くらい続いています。

最近では、夫は怒ることは少なくなり、逆に毎日寂しいと言います。夫は今仕事がとても忙しく、家ではくつろぎたいし、安らぎたいと言います。当然のことだと思います。なのに、そういう雰囲気を作ってあげられない自分にイライラします。夫にはかなり我慢をさせてしまっているし、夫も気持ちを考えると申し訳ない気持ちでいっぱいになります。自分の気持ちさえ変われば、もとに戻れるのに、なかなか気持ちを変えることができません。彼のことをなかなか忘れることができないし、たとえ、彼への気持ちを、良い友達としての気持ちに変えることができたとしても、夫に気持ちが戻る自信もありません。

たまに早く帰ってくると、寂しいとか、早く戻ってとか、なんでそんななのとか、いつ戻るのとかいろいろ言われます。言われて当然ですが、長い時間ずっと言われると私もヒステリックを起こしてしまいます。正直今、逃げ出したい気持ちでいっぱいです。自己嫌悪の毎日です。どうしたらいいのでしょうか。

カウンセラー
根本裕幸(退会)
Poohさん、こんばんわ。根本です。
ご相談ありがとうございます。Poohさん自身、とても苦しい気持ちがたくさんあるでしょう。
ご主人の気持ちも分かれば、自分自身の罪悪感もまた強くて、できることなら遠くへ逃げてしまいたい気持ちになることだってあるのではないかな。

僕からの提案があるとすれば、その同級生とお付き合いするのであれば、きちんと離婚の手続きを経てからにされた方が良いだろう、ということです。
というのも、結婚中に不倫・浮気という形で付き合い始めた場合、実際に離婚が成立してしばらくすると、また相手、ないし自分が浮気をするようになって、再び破綻するケースがもっとも多いからです。

心理的にみると、今Poohさんが感じている罪悪感を持ったまま、新しい彼と付き合い始めることになりますので、潜在的に「いつかは罰せられる」という感情が引き継がれます。
それを潜在意識で感じれば感じるほど、その罪悪感を隠すために新しい恋は燃え上がるものです。
だからこそ、こういう状況では「運命的な出会い」とか「真実のパートナー」とか「私が本当に幸せになれる人」という感覚に陥りやすいんですね。

ですから、まずはきちんとご主人と向き合い、処理すべきものをきちんと処理して、罪悪感をできるだけ燃やしてから離婚することが望ましいんです。
(といってもこれは理想論で、提案ですから、そのとおりになさらなくても構いません)

処理すべきものとは何か?というと、自分はなぜ結婚している身なのに同級生に走ってしまったんだろう?というポイントです。
理屈で始まらないことも確かなんですけどね。
裏を返せば、ご主人に対してロマンスを感じられなくなっていたり、また、ご主人に対して、いえないこと、積み重なった不満があるんじゃないかな、というところ。
いつからか、どんな不満を感じていたのでしょう?
(罪悪感が強いと「悪いのはすべて自分、主人はいい人だから何も悪くない」と思い勝ちですが、そこを何とか探って見て下さい。)

向き合って頂きたいのは、そのご主人に対する気持ちです。
どうしても逃げたいという気持ちが出てしまうかと思いますが、自分自身の悪いしがらみを断つ意味でも、また、Poohさん自身の本当の幸せをゲットするためにも、頑張って頂きたいところなのです。

> その人は同級生で、ずっと好きだった人です。と言っても、たまにどうしてるかなと、思い出すことはありましたが、もう会えないと思っていたし、自分の中では良い思い出となっていると思っていました。でも、同窓会で再会し、時々会うようになりました。はじめは良い友達になれたらという気持ちでしたが、会ううちに自分でもびっくりするくらいまた好きになっていました。

今は彼に対してとってもロマンスを感じてしまうのではないでしょうか。
ずーっと好きだった人との再会はホントに幸せをもたらしますね。
しかも、お互いの心が触れ合ってしまったとしたら・・・。

彼に対しては、ずっと心のどこかで思いつづけていたところがあったみたいですね。
そして、その思いがぱっと花開いたような感覚でしょうか。

> その頃から、夫を拒絶するようになってしまいました。当たり前ですが、夫はとても怒りました。喧嘩も増えました。夜中の2時3時まで文句を言われつづけたり、罰金としてお金を払ったこともあります。自分でも、私が悪いのだということはわかっていました。でも、何で罰金なの?何でそこまで責められなくちゃいけないの?という思いのほうが強く、反抗的でした。一人になると優しい気持ちで夫のことを考えることができるのですが、目の前にすると優しくできません。1ヶ月くらい別居もしましたが、こんな状態が1年くらい続いています。

もしPoohさんがご主人に対して怒ってる、としたらいかがでしょうか?
自分が怒りを感じている人が目の前にいたとしたら、当然優しくしたいなんて思いませんよね。
それでなくてもPoohさんにとってご主人は「罪悪感のシンボル」になってしまっていますもの。

でも、1年もよく我慢しましたね。
Poohさん自身、苦悩の毎日だったでしょうし、また、そろそろ疲れても来た頃ではないでしょうか?
よく我慢されましたね。

しかし、罰金、というのも少し・・・なんだかなあ、という感じですね。
ご主人にしてみれば、必死の思いだったのだろうと思いますが、そういうことをされるたびにどんどんご主人への気持ちは無くなって行きますよね。

> 。自分の気持ちさえ変われば、もとに戻れるのに、なかなか気持ちを変えることができません。彼のことをなかなか忘れることができないし、たとえ、彼への気持ちを、良い友達としての気持ちに変えることができたとしても、夫に気持ちが戻る自信もありません。

Poohさん自身、今はご主人に何の魅力も感じないところだと思います。
そんなご主人に対して、気持ちを戻そうとしてもなかなか難しいところです。

もしチャレンジして頂けるのであれば、Poohさん自身が感じている気持ちをストレートにぶつけてみるのがいいでしょう。
ご主人にとっては、妻であるPoohさんが、なぜ心が揺れてしまったのかがまだ理解できていないのかもしれません。
だとしたら、それを分かってもらえるかどうかは別にして、きちんと伝える必要があるでしょう。
もし既に何度もお伝えしているのであれば、どうして彼が理解できないのかを考えて見ましょう。
そこにも新たな不満が次から次へと湧いて出てくると思います。

> たまに早く帰ってくると、寂しいとか、早く戻ってとか、なんでそんななのとか、いつ戻るのとかいろいろ言われます。言われて当然ですが、長い時間ずっと言われると私もヒステリックを起こしてしまいます。正直今、逃げ出したい気持ちでいっぱいです。自己嫌悪の毎日です。どうしたらいいのでしょうか。

よく我慢されていると思いますよ。
顔をみるのも嫌になるときはありませんか?

僕からの提案その2、としては、自分の気持ちをコントロールしようとしないで欲しいな、というところです。
先週の心理学講座でも紹介させていただいたのですが、人や気持ちをコントロールしようとすると必ず反発されます。
同級生への気持ちを無理に抑えたり、コントロールしようとするとその分だけ、彼への気持ちがまた強くなってしまうでしょうし、何よりもPoohさん自身がとても辛い気持ちになろうかと思うんです。

ですから、できるだけ心は自由に保っておくのがこれからの将来への架け橋になるでしょう。

ただ、どんな事情があれ、Poohさん自身があまりおおっぴらに出来ない状況にあることは確かなことです。
恐らく表面意識では計り知れない心理が動いてこの状況を作ってしまっているのかもしれません。
(Poohさんのような状態にいらっしゃる方をセラピーする場合には、意識的なものよりもより無意識的な部分に注目して、自分をより自然に戻していく提案をしているんです)

もし、今の状況において学ばなければいけないことがあるとしたら、それは何でしょうか?
これがこの状況を抜ける一番のカギになってくると思います。
ある人は、アルコール中毒だった父親への無意識的な復讐心から、この「旦那を苦しめる計画」を作り出していました。
彼女はそこでお父さんと向き合うことで、この問題を乗り越え、ご主人との関係を今まででは信じられないくらいロマンス一杯のものへと成長させました。

また、ある人は結婚前から既に、ある強い罪悪感を抱いていました。
そのため、結婚生活が落ち着くと、まるで自分が社会から攻撃されるかのように色々な人と浮気を重ねるようになりました。それもご主人の友人だったり、同窓の友人だったり、短いけれどもそのたびに強いロマンスを感じていらっしゃいました。

また、別の人は自分自身がずっと「いい子」で生きてきて、その生活にもう我慢が出来なくなってしまったことが潜在的な浮気の目的でした。
自分らしさを表現するための手段として利用してきたようで、ご主人に対して自分自身をオープンにしていくことで、浮気が浮気に終わりました。

またある方は結婚以来、ずっとご主人に依存して生きてきました。何も言えず、我慢ばかりで辛い気持ちが大きく、あるときであった旧友に一気に傾き、であったその日に体の関係をもってしまいました。
ご主人への無言の抵抗メッセージだったんですね。
そして、すべてを話し、ご主人の理解を得て、二人で一緒にこの問題を乗り越えて行かれました。

そんな風に隠れた目的というものをPoohさんももってらっしゃるのかもしれません。
それを見つけ出していくことで、より自然な選択ができるのでは?と思います。

自分を見つめていきましょうね。
必要なときはまた声をお掛けください。

ありがとうございました。

この記事を書いたカウンセラー

About Author

アバター

退会しました。