様々な過ぎてしまう心理(1)~食べ過ぎてしまう心理~

私たちは「過ぎてしまう」ことがあります。

「食べ過ぎる」「お金を使い過ぎる」「働き過ぎる」「飲み過ぎる」という4つのテーマで、過ぎる心理についてお話しさせていただきます。
ですが、私たちが過ぎてしまうのは、この4つだけではありません。
他にも「やさし過ぎる」「怒り過ぎる」「はしゃぎ過ぎる」「頑張り過ぎる」など、たくさん過ぎてしまうことってあります。

過ぎてしまうと、もれなく「やってしまった・・・」と罪悪感を感じるものです。
適度であればいいのですが、過ぎてしまうとき、それがどんなことであっても、私たちの感情と関連があるのです。
何らかの感情を感じないためや、感じるために、私たちは過ぎることをしてしまっているのかもしれません。

私たちは「過ぎてしまう」ことがあります。
過ぎてしまうと、もれなく「やってしまった・・・」と罪悪感を感じるものですね。

今回の心理学講座は、そんな「過ぎる」心理について、いくつかお話しさせていただこうと思います。

第1回目は、食べ過ぎる心理についてです。

食べるということは、私たち人間にとって、とても大切な行動です。

肉体的に大切な行為ですが、今回は肉体的な側面ではなく、心に焦点を当ててお話しさせていただきます。

食べるのは、「口」からですよね。
私たちは、赤ちゃんの頃、口から愛情を感じていました。

オッパイを飲むのは口であり、多くの場合、お母さんからの愛情を感じていました。

ですので、この食べ過ぎるという問題も、愛や母親との関係性が影響していると考えることができます。

食べ過ぎるというのは、食欲は満たしているにも関わらず、それを過ぎてまで食べてしまうということですから、肉体ではなく心のどこかで、「足りない」と感じていたり、「欲しい」という欲求を持っていたりするということになります。

何が足りなくて、何が欲しいかというと、それは愛です。
「私は愛されていない」と感じていると、食べ過ぎてしまうことが少なくありません。

一概には言えませんが、お母さんから愛されていないと感じていると、過食症などの問題を抱えてしまうことも少なくないようです。

ですから、いくら食欲を抑える行動をとろうとしても、愛されているという実感を持てないでいると、食べ過ぎるという行動が収まらないのです。

「さみしい」「助けがない」「愛されていない」などの感情があると、それを食べ物で満たすがごとく食べ過ぎてしまうのです。

たくさん食べると、食欲は満たされますが、肝心の「さみしい」「助けがない」「愛されていない」などの感情は全く満たされません。

なんたって、食欲とは全く関係のない感情ですからね。

ですから、食べ過ぎるという行動をやめていきたいのであれば、「愛されている」という実感が必要になってくるのです。

さみしい気持ちを解消するには、そばいいてくれる人が必要ですし、話を聞いてくれる人が必要です。
助けがないという気持ちを解消するには、助けを求めて、それにこたえようとしてくれる人が必要です。

誰か自分以外の人が必要になってきますね。

ですから、食べ過ぎてしまうことを解決するには、自分以外の誰かが必要なのです。

誰かから大切にされていること、誰かから必要とされていること、誰かから愛されていること。

食べ物で満たすのではなく、足りないと思っている感情を、満たしていく必要があるのです。

心が「愛されてる」という感情を感じることができるようになると、必要以上の食べ物を食べて、愛の代わりに満たそうとする行動は収まってきます。

食べることが悪いわけではなく、過ぎることが問題なのですが、過ぎるということは、理屈や理性での制御が効かない状態です。

理屈や理性で、コントロールできないのは、そこに感情があるからなのです。

食べ過ぎてしまう自分を責めるのではなく、「何を満たそうとしているのだろう?」と考えてみてください。

「愛されていない」「愛が足りない」と思っていませんか?

理屈や理性でどうにも抑えられない問題の下には、感情があります。
感情を物質で満たすことはできません。

本当に欲しかった愛で、満たす必要があるのです。

>>>『様々な過ぎてしまう心理(2)~お金を使い過ぎてしまう心理~』へ続く

この記事を書いたカウンセラー

About Author

大門 昌代

恋愛や結婚、浮気や離婚など男女関係、対人関係やビジネス関係、家族関係や子育て、子供の反抗期、子離れ、親離れ問題など幅広いジャンルを得意とし、お客様からの支持が厚い。 女性ならではの視点と優しさ、母としての厳しさと懐の深さのあるカウンセリングが好評である。PHP研究所より2冊出版。