与えるって何?どうしたら与えたことになるの?

リクエストにお応えして、「与える」とはどう言う事なのかを、ご説明いたします。

幸せを感じられないとき、誰かに何かを与える事で、幸せになれます。与えると言う事は、誰かとの関係性に流れを作り出すのです。
「受け取れるものは、与えたものだけ」と言われます。自分が与えたものだけが、受け取れるのだと言う事です。自分が幸せでないと感じているのなら、それは誰かに与える時かもしれません。与えていないので、何も受け取れないのです。

与えることで、幸せな気分を手に入れる事ができます。与えることで、喜びを手に入れる事もできます。大切な人との関係性を良くする為に、与える事とは、どう言う事なのか理解してみましょう。

◎リクエストを頂きました◎
===================================
よくカウンセリングを受けて、『与えて続けてみてください』と言われます。与えることで自分にも与えられるといわれますが、何をどう与えたらいいのかが分かりません。
相手に対して与えることが、相手から離れていくことも相手に与えることになるのか?考えてしまいます。教えてください。
===================================

●与えると受け取れる~「与える」を理解してみましょう~

私たちが幸せでない時、「私は愛されていない」「私は満たされていない」と自分の事を考えています。もちろん自分の事を感じるのは必要なことなのですが、自分の事ばかりを考えていると、意識が自分にだけ向きます。

「あぁ~今日も辛いな~!幸せじゃないぞ!」と言って、顔を上げて胸を張っている人はいませんよね。

幸せでない時、人は頭をたれて下を向いています。目線は下です。

この状態ですと、見えるのは自分の足元だけですよね。そうると、自分の周りにあるものが見えないのです。

この状態は何も目線だけの話しではなくて、心の状態もそうなるのです。

「私は愛されていない」「私は満たされていない」と自分の事にだけ意識が向きますから、自分に与えられているものに気付けないのです。

与えるとは、誰かに何かをしてあげることなのですが、何かをしてあげようと思うと意識が相手へ向きます。
「この人は何を喜ぶのだろう?」と考えますからね。そうすると、心の目線も相手へ向けられる事になります。相手に意識を向ける事で、心の視野が広がるのです。

心の視野が広がった分、「自分にも沢山与えられているものがあったんだ」と気付くことができるようになります。

ですから、「与えれば、与えられる」と表現するのです。

与える時に注意しなければならないのは、「相手に意識を向ける」と言う事です。
「自分が何かを欲しいから相手に何かをしてあげる」これは、見返りを期待していますから、自分が欲しいものが相手からもらえなかった時に、拒絶されたと感じたり、傷ついたりします。
そして何かをしてあげる事で、負けたような気持ちになったり、自分が何かを我慢しているのであれば、それは犠牲をしている事になります。

与えるとは、見返りを求めず、自分が我慢することなく誰かに何かをしてあげることです。

ですから、与えることをやり始めると、とても難しい事であると気付きます。

では、何をどう与えるか?ですが、愛・物・言葉・時間・お金・・・私たちは、与える事ができるものを、たくさん持っています。

その中から相手が喜ぶもの、相手が嬉しいと感じるもの、相手の為になるものを、見返りを期待せず、自分が犠牲になる事なく与えるのです。

あなたが一緒に居る事が、相手にとって喜びを感じたり、嬉しいと思ってくれるなら与える事になりますが、見返りを期待していたり、あなたが犠牲しているのであれば、与えている事になりませんし、あなたが居てあげる事が、相手の為にならない場合は、相手から離れていくことも相手に与えることになりますね。

子供が宿題をやるのを、嫌だと言ったからと言って、親が代わりにやってあげるのは、与える事になりません。
確かに子供は。親が宿題を代わりにやってくれることを、嬉しいと感じるかもしれませんが、親が宿題を代わりにやってあげると、子供は宿題を自分でやらなくなりますよね。

これが子供の為になっていない事は、ご理解いただけると思います。
代わりに宿題をやってあげるのではなく、「一緒に考えてみようか」と言葉をかけてあげる事で、子供が学習する意欲を与えてあげる事もできますし、頑張ってやった宿題を褒めてあげる事で、子供にやる気を与えてあげる事もできます。

与えることは難しいですが、与える事にチャレンジし始めると、心がオープンになってその分、色々なものを受け取れるようになります。あなたが与えた事で、相手が幸せになってくれると、与えたあなたも喜びが受け取れますからね。

この記事を書いたカウンセラー

About Author

大門 昌代

恋愛や結婚、浮気や離婚など男女関係、対人関係やビジネス関係、家族関係や子育て、子供の反抗期、子離れ、親離れ問題など幅広いジャンルを得意とし、お客様からの支持が厚い。 女性ならではの視点と優しさ、母としての厳しさと懐の深さのあるカウンセリングが好評である。PHP研究所より2冊出版。